甘いソフトドリンクを飲み続けると寿命が短くなってしまう!?ソフトドリンクが原因で死んでしまうかも!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは喉が渇いた時には、水を飲ましますか、お茶を飲みますか、それとも甘いソフトドリンクを飲みますか?

私は喉が渇いた時には、水を飲むことが多いのですが、甘いソフトドリンクを飲むことが多いという人もいるのではないでしょうか。

甘いソフトドリンクはおいしくて飲みやすいのですが、飲みすぎると寿命を縮めて死亡するリスクを高めてしまいます。

甘いソフトドリンクの危険性を知っておきませんか?

〇甘い物を飲む人の死亡率は高い!

甘いソフトドリンクの中には大量の砂糖が含まれており、砂糖が死亡率を高め、寿命を短くする原因となります。

特に発症しやすい病気が糖尿病で、ソフトドリンクによる死亡者のほとんどが、糖尿病による合併症で死んでいると言われています。

糖尿病はすぐに発症する病気ではありませんので、今は健康状態に問題が無くても、飲み続けることで、糖尿病を発症することになります。

また、糖尿病の恐ろしさは少しずつ進行する事だけでなく、糖尿病を発症してしまうと、症状はコントロールさせることはできますが、完治させることができません。

糖尿病を発症すると、食事療法、運動療法、薬物療法を用いて、一生病気と付き合っていくことが必要になります。

糖尿病は、発症してから治療を始めるのではなく、発症する前に予防する必要性があり、その一つに、甘いソフトドリンクを飲みすぎない事があげられます。

さらに、甘いソフトドリンクを飲み続けると、脳血管障害、心臓病などによって、死亡するリスクが高まるとされています。

糖分は、脂質異常症、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の原因になります、早いうちに糖分の過剰摂取をひかることが大切になります。

すでに、血液検査で異常が出始めている人は、危険な状態と考えた方が良いかもしれません。

〇甘いソフトドリンクには大量の砂糖が含まれている

甘いソフトドリンクには、大量の飲み物が含まれていますが、どのぐらいの砂糖が含まれているかわかっていない人もいるでしょう。

一般的に500mlのソフトドリンクには、30~60gほどの砂糖が含まれています。

また、砂糖の量が少ないとされる果実の風味がするフレバーウォーターも20gの砂糖が含まれています。

人が1日に摂取する砂糖の目安量が、25gといわれていますので、甘いソフトドリンクを一本飲むだけで、砂糖を過剰摂取していることになります。

毎日のように、ソフトドリンクを飲んでいる人は、毎日のように砂糖を過剰摂取していることなのです。

また、砂糖は消化しやすいので、吸収速度が速く急激に血糖値を上げる原因となり、糖尿病などの病気のリスクを高めてしまうことになります。

甘いソフトドリンクを飲む時には、一気飲みをせずに、少しずつ水分を補給することが、血糖値の上昇を抑えて、糖尿病のリスクを減らすことにつながります。

ソフトドリンクを一気飲みすると、すぐに喉が渇く事がありますが、これは血糖値が急激に上昇することによって薄めようとして喉が渇いていますので、ソフトドリンクではなく、水やお茶を飲むことが大切になります。

あなたは、ソフトドリンクを飲みすぎていませんか、砂糖の過剰摂取によって病気のリスクを高まっているかもしれませんよ。

〇水やお茶を飲みましょう

人が生きていくためには、糖質が必要ですが、糖質は飲み物から摂取する必要性はありません。

逆に、水分によって甘み薄まるので、水分と一緒に糖質を摂取してしまうと、糖分の過剰摂取になりやすくなってしまうのです。

また、水分から糖質を摂取しなくても、食事から十分な糖質を摂取でいますので、甘いソフトドリンクを摂取する必要性はありません。

私たちが1日に必要な糖質は、100g~300gと言われており、ご飯1杯で60gの糖質を摂取する事が可能です。

つまり、ご飯2杯食べれば1日に必要な糖質を摂取することが可能で、他の食材からも糖質が摂取できるので、甘いソフトドリンクを摂る必要性はないのです。

甘いソフトドリンクは嗜好品と考えて、基本的には水やお茶などの糖分が含まれている飲料を飲む方が健康的でしょう。

全く甘い飲み物を飲んではいけないというわけではありませんので、たまに飲むのであれば体の影響は少なくなります。

しかし、水分補給のほとんどを、甘いソフトドリンクにしてしまうと、死亡リスクを高めてしまうことになります。

さらに、しっかり運動して、エネルギーを消費している場合などは、甘いスポーツドリンクを飲むと良い場合があります。

甘いソフトドリンクはおいしいかもしれませんが、飲みすぎは糖尿病のリスクを高めますので、飲みすぎには十分に注意してください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク