タバコに含まれるタールとニコチンってどんな物質?!タールとニコチンが体に与える影響!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タバコは健康に悪いといわれ、禁煙した方が良いと言われていますが、タバコは止めようと思っても止めるのが難しいですよね。

そんな、タバコに含まれていることが知られるタールとニコチンが、私たちの体にどのように作用にするのでしょうか?

タバコが体に悪いと言われる理由が気になったので、タバコの依存性と危険性について調べてみました。

〇タバコを吸いたくなる原因はニコチン

タバコは健康に悪く、値段も高いので止めようとするけど、ついつい吸ってしまいたくなりますよね。

タバコを止めようと思っても、タバコを止められない原因は、タバコに含まれるニコチンに依存性があるためです。

ニコチンは、神経系に作用する毒物で、交感神経を興奮させる作用や、血管収縮、心拍数増加などの作用があります。

ニコチンを摂取することによって、神経が刺激されて快楽を感じることができます。

しかし、何度もニコチンを摂取すると、気分を良くするためにニコチンを摂取するようになり、ニコチンを摂取しないとイライラするようになります。

タバコを止めたくても止めらないのは、ニコチンに依存性があるためなのです。

また、タバコを止めると、頭痛、めまい、イライラ、ボーっとするなどの離脱症状があらわれることもタバコを止めにくくする原因の1つです。

さらに、ニコチンは依存性があるだけでなく、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の原因になると言われています。

タバコの依存性はニコチンが原因なので、薬を使用して、ニコチンの摂取を減らすことで、依存症を改善できる場合があります。

禁煙を始めたいという人は、いきなりタバコを止めるのではなく、禁煙薬を使用してみてはどうでしょうか?

それでも、止めらないという人は、禁煙外来に受診することで止められる場合があります。

ずっとタバコを吸い続けるよりも、禁煙外来で禁煙を始めた方が、安いですよ。

〇タバコが体に悪いと言われるのはタールが原因!?

タバコを吸うと体に悪い、ガンになると言われますが、タバコが体に悪いと言われる大きな原因は、タールにあります。

タールとは、黒色の粘性の液体のことで、タバコに含まれているタールには、数百種類もの発がん性が疑われる物質が含まれています。

つまり、タバコを吸うことによって、体内にタールが侵入して、ガンになりやすくなってしまうわけです。

また、タールは発がん性があるだけでなく、歯の色が変色させたり、COPDといった病気を誘発したりします。

ニコチンも健康に悪影響を与える物質ではありますが、タールの方が人体に大きな影響を与えているといわれているのです。

今はまだ、健康に悪影響はでていなくても、吸い続けることによってタバコの影響が出始めることが多いです。

タバコは早期にやめるほど、人体への悪影響が少なくなります、禁煙を始めるのが遅すぎのでは思うこともあるかもしれませんが、日常生活に支障がなければ遅すぎることはありません。

タバコによって肺機能が低下して日常生活が送りにくくなってから、禁煙を始めても肺機能を改善することは難しくなります。

まだ、タバコを続けている人は、早いうちに禁煙をはじめませんか?

タバコは健康に悪いので、止めた方が良いのですが、電子タバコはタールが少ないため、通常のタバコよりも電子タバコに変えた方が健康への影響は少ないと言われています。

〇タバコには一酸化炭素も含まれている

タバコに含まれる有害物質は、タールだけではなく、一酸化炭素も問題になっています。

私たちは活動する時に酸素を必要とし、呼吸が取り入れた酸素はミトコンドリアによって運ばれます。

しかし、一酸化炭素は、私たちが活動する時に必要な酸素よりも、ミトコンドリアとの結合しやすく、タバコに含まれる一酸化炭素を吸い続けることで、酸素が運ばれにくくなってしまいます。

タバコを吸い続けると息切れしやすくなりますが、これは、肺機能の低下ともに、一酸化炭素により酸素を運ぶ能力が落ちてしまうためです。

タバコの中には、非常に多くの有害物質が含まれていますがので、喫煙している人は禁煙を始めることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク