コゲた物を食べるとガンになると言われているけど本当なの?コゲが人体に与えてしまう悪影響とは?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コゲた物を食べるとガンになりやすくなるので、コゲってしまった物は食べてはいけないと聞くことってありますよね。

私も、子どもの頃、自分で焼いた黒焦げのパンを気にせずに食べていたときに「コゲた物を食べるとガンになってしまう」と言われたことがあり、コゲが恐ろしくなってしまったことがあります。

そんな、超怖い病気であるガンに関係があると言われることのあるコゲですが、本当に食べるとガンになってしまうのでしょうか?

では、コゲとガンの関係性について紹介します。

〇コゲには発がん性物質が含まれている!?

コゲを食べるとガンになりやすくなると言われていますが、実際にコゲの中には10種類以上の発がん性が疑われる物質が含まれていると言われています。

発がん性物質は、魚や肉と言った動物性のタンパク質が焼かれて変異することによって、作りだされ、コゲが多くなるほど、食品に発がん性物質が多く含まれることになります。

そう考えると、コゲを多く食べるほど、ガンになりやすくなるということは正しいと考えることもできるでしょう。

しかし、これはコゲに発がん性物質が含まれていると言っているだけで、コゲをどの程度食べるとガンになるのかが考慮されていないのです。

人がガンになるほどコゲを食べるためには、毎日のように数百~数千kgものコゲを食べる必要性があると言われているのです。

私たちが食べる食事の量は、平均で1日に2㎏程度であるとことを考えると、食事をすべてコゲに変えたとしても、コゲだけでガンを発症させることは難しいと考えられます。

そして、食事をすべて、コゲにするとガンではなく、栄養失調によって死亡してしまいますよね( ´∀` )

コゲを食べるとガンになる可能性はあるのですが、ガンになれるほど、コゲを食べることは不可能なことだったのです。

もちろん、ガンの影響は少ないといっても、コゲは体に良い物ではありませんので、コゲすぎてしまった食べ物は避けた方が良いのでしょう。

ただ、少しコゲてしまったからといって、それほど気にする必要はないということですね。

〇揚げ物や炒め物にも発がん性物質がある?!

魚や肉などを焼いて焦がすと発がん性物質が発生しますが、私たちが食べる揚げ物や炒め物にも発がん物質が含まれています。

タンパク質は焦げてなくても、熱を加えることによって変質を起こし、多少は発がん性物質を発生させてしまいます。

そのため、食品には、すべて発がん性物質が含まれているということなのです。

しかし、揚げ物や炒め物に含まれている発がん性物質も、コゲに含まれている発がん性物質と同じように、ガンになるほど摂取することはできません。

私たちは毎日のように、発がん性が疑わる物質を摂取していますが、危険性がそれほどまでに高くない物が多いようです。

コゲや揚げ物、炒め物の発がん性を気にするよりも、食事の栄養バランスを気にすることの方がガンを予防するためには大切なのです。

〇コゲよりも人体に悪影響があるタバコ・飲酒・肥満

私たちの身の周りには、コゲよりも人体に悪影響がある物がある存在しており、タバコ、飲酒、肥満、塩分などは生活習慣病の原因となり、さらにガンを誘発すると言われています。

日本人の2人に1人はガンになり、3人に1人がガンによって死亡するといわれている時代です。

コゲによって、ガンを発症するリスクを心配するよりも、生活習慣によってガンが発症するリスクを心配する方が大切なのです。

だから、ガンを発症しないようにするためには、肉や塩分の過剰摂取を控え、野菜を食べることが大切です。

また、肥満を予防するために、日常的に運動が大切となり、ジョギングなどを習慣づけることがガンの予防となるでしょう。

タバコは、非常に多くの発がん物質が含まれており、喫煙は肺がんや咽頭がんのリスクが高まるので、健康のことを考えるなら辞めるべきですね。

さらに、火傷もガンのリスクを高めるといわれており、熱い物を食べて舌を火傷しないこともガンの予防になるかもしれません。

ガンを発症させる原因となる物は、コゲ以外にも身の周りに多く存在していますので、コゲを気にするよりも他の物を気にした方がいいと思われます。

〇コゲを気にするよりガンは早期に発見することが大切

コゲには発がん性物質が含まれていますが、毎日食べ続けてもガンを発症することはないと言われています。

また、ガンはコゲに関係なく発症するものであり、日本人の死因第一位がガンになります。

コゲを気にするよりも大切なのが、ガンを早期に発見する事であり、ガンは検診を受けることで早期に発見することができる場合があります。

ガン検診を受けることで、死亡するリスクを下げることができる物には、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がんなどがあります。

年齢が高くなるとガンのリスクが高まりますので、年齢に合わせてがん検診を受けることをおすすめします。

ガンにならないためには、コゲを気にするよりも生活習慣を見直しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク