大人のアトピー性皮膚炎が増加している!大人のアトピー性皮膚炎はストレスや生活習慣が原因?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎は、子どもの時に発症しやすい病気として知られ、大人になると自然に治ることが多い病気です。

私も子どもの時に、アトピー性皮膚炎に悩まされていましたが、大人になった今では治っています。

しかし、近年では大人になってもアトピー性皮膚炎が治らない、一度治ったけど、アトピー性皮膚炎が再発してしまった人が多くなってきます。

大人がアトピー性皮膚炎を発症してしまう原因にはどんな物があるのでしょうか?

〇アトピー性皮膚炎とはどんな病気なの?

アトピー性皮膚炎は、皮膚にアレルギー物質が付着することによって、皮膚が炎症を起こして、痒みなどがでる病気です。

アトピー性皮膚炎は、ホコリ、ダニ、細菌などが原因とされていますが、原因の特定はできておらず、根治することは難しいとされています。

アトピー性皮膚炎は、良くなったり、悪くなったり繰り返すことも多く、長く治療が必要になることも多いです。

しかし、症状をコントロールすることはできるため、日常生活に問題が出ないように症状を抑えることができます。

また、子どもが発症しやすい病気で、大人になることで自然にアトピー性皮膚炎が治まることもあります。

大人になるとアトピー性皮膚炎が治まるのは、大人の皮膚は子どもの皮膚に比べて厚く、皮膚のバリア機能がしっかりしていますので、アレルギー物質に触れても炎症を起こしにくくなるためです。

しかし、大人になってもアトピー性皮膚炎が治らない、再発することも多くなってきます。

大人が、アトピー性皮膚炎を発症してしまう原因は一体なんなのでしょうか?

〇大人のアトピーはストレスと生活習慣が原因?!

大人になると皮膚のバリア機能が発達してアトピーの症状が出にくくなりますが、ストレスや

生活習慣によって、アレルギー反応を起こしやすくなり、アトピーが出やすくなると言われています。

大人になってからアトピー性皮膚炎が再発してしまったという人は、ストレスや生活習慣が原因でアトピー性皮膚炎が再発した可能性があります。

また、睡眠不足が続くとアトピー性皮膚炎の症状が出やすくなると言われており、睡眠が不足している場合は睡眠不足を改善することによって、症状が治まることもあります。

アトピー体質を改善することは難しいですが、乱れた生活習慣を改善することはできますので、大人のアトピーに悩まされている人は、生活習慣を改善するようにしましょう。

さらに、アトピー性皮膚炎は個人で治すのは難しい場合も多いので、病院に受診して薬を服用することも大切です。

〇ステロイド剤は悪い薬ではなかった?!

アトピー性皮膚炎に有効な薬として知られている「ステロイド剤」ですが、怖い薬というイメージを持っている人も多いようです。

しかし、アトピー性皮膚炎を早く治したいと考える場合は、ストロイド剤を使用して治すのが良いとされており、正しく使用すれば副作用の心配は基本的に無いとされています。

ステロイド剤を使用せずに、アトピーを治そうすると、一向に治らずにアトピーが悪化してしまうこともあります。

アトピーの症状が軽い時にステロイド剤を使用すれば、軽いステロイド剤で済むことも多いです。

アトピー性皮膚炎の症状が悪化してから、ステロイド剤を使用すると、強いステロイド剤が必要となり、治療が長期化してしまうことになります。

できるだけステロイド剤を使用せずにアトピーを治したいと考えるなら、早いうちにステロイド剤を使って治すことが有効な場合も多いのです。

ステロイド剤は正しく使用すれば怖くない薬です、ステロイド剤を使用しない治療にこだわって、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させないように注意しましょう。

生活習慣の改善と同時に、ステロイド剤を使用することで、アトピー性皮膚炎の症状をコントロールすることができる場合もあります。

また、アトピー性皮膚炎は汗をかくと痒くなることがありますが、運動をして体力をつけることは、アトピーを改善させるためには大切です。

症状がある程度落ちているのではあれば、運動をすることによって、アトピーをより改善させることができます。

アトピー性皮膚炎に悩まされている人は、生活習慣を見直してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク