お腹が膨れているように感じる原因は何なの?不快な膨満感が出てしまう病気と予防法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹が膨れて圧迫感がある、お腹が張って苦しいなどのの症状を膨満感といい、膨満感に悩まされている人も多くいます。

膨満感が出てしまうのにはいろいろな原因があり、原因を知る事によって膨満感を改善することができます。

膨満感に悩んでいる人は、膨満感の原因を探ってみることが大切です!

〇食事が原因になっているかも

膨満感や食後に発生しやすい症状であり、膨満感の多くは食事が関係しているといわれています。

食事の時に胃がパンパンになるまで食べてしまったり、食事と一緒に胃の中に空気が入り込んでしまったりすることで、膨満感につながります。

膨満感を発生しやすい食べ方は早食い、噛む回数が少ないなどが、膨満感の原因になるとされています。

早食いをすると、満腹中枢が刺激される前に大量に食材が胃に入るので、胃がパンパンとなり膨満感を与えやすくなると同時に、空気を一緒に送りこんでしまいます。

また、噛む回数が少ないのも、食事に混ざった空気を胃の中に入れてしまう原因となり、膨満感を感じやすくなります。

食後に膨満感を感じることが多いという人は、食事のペースを遅くして、しっかり噛んで食べることが大切になります。

食事の仕方を変えるだけでも、食事のご飯の量を減らし、胃に空気が入ってしまうのを抑える効果があるのです。

膨満感を感じやすいという人は、まずは、食事の方法を改善してみるのはどうでしょうか?

もし、食事の方法を改善しなかったり、食事以外の時も常に膨満感を感じたりする場合は、病気が原因になっていることもあります。

〇胃腸の病気によって発生する!

膨満感が発生する原因が病気であることもあり、胃炎や便秘、腸閉塞などが膨満感の原因になります。

原因がはっきりしない膨満感がある、膨満感が何日も続いてしまっている場合は、胃腸が病気になっている可能性を疑った方が良いかもしれません。

膨満感が、胃腸の重大な病気の発見になることもあり、腹部に痛みなどがある場合は、病気の可能性を疑ってみましょう。

早期に病気が発見できることによって、病気の治療期間が少なくなり、重症化するのを防ぐことができるのです。

原因が不明の膨満感に悩まされていませんか、膨満感の原因がわからないという場合には、内科や消化器内科に受診して診ましょう。

もちろん、膨満感になったからと言って、すぐに死に関わるような病気になるというわけではありません。

膨満感の中には、危険の病気が隠れていることもありますので、早期に膨満感の原因を探るようにしましょう!

〇ストレスが原因で胃が膨れることもある!?

食事や胃腸の病気が原因となって膨満感が起きることもありますが、ストレスが原因となり、膨満感が出てしまうこともあります。

人はストレスなどを感じると無意識に、唾液を飲み込む回数が増えてしまうのですが、この時に空気を一緒に飲みこんでしまうことがあります。

空気を飲むことによって、胃が膨れてしまい、膨満感を覚えてしまうことがあり、この症状を空気嚥下症と言います。

また、ストレスが原因で唾液を飲み込む癖がついてしまい、空気を常に飲み込んでしまい、常に腹部が膨れている感覚になることもあるようです。

ストレスを解消することによって、改善する場合もありますが、癖になると胃の病気よりも改善するのが難しいとされています。

さらに、歯をかみしめることによって、頭痛や肩こりなどの原因になることもあるのです。

ストレスが原因で発生している膨満感であるため、心療内科や精神科に通院し、抗不安薬を服用や、カウンセリングを受けて治療することになります。

原因がわからないけど、お腹が膨れて困っている人は、自分で空気を飲み込んでしまっているのかもしれませんよ。

あなたの膨満感は、食事、病気、ストレスが原因になっている可能性が高いでしょう。

膨満感の原因を探ることによって、膨満感が改善できる場合が多いので、膨満感の原因を探してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク