カビは有害?大切?意外にもカビは私たちの生活には欠かせない存在なのかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

08901
食品を放っておくとカビ菌が生えてしまいますよね。

せっかく買った、菓子パンが忘れている間にカビまみれを見た時のショックは大きいものです。

カビはいたる所にいます。

食品にもついていまし、お風呂場、床、キッチン、エアコン、冷蔵庫などにもいます。

人間はカビと一緒に暮らしているのです。

知らないかもしれませんが、私たちのからだにカビはついています。

スポンサーリンク

カビは意外にも生活に役立っている?

カビと聞くと体にわるいイメージがあるかもしれませんが、カビは悪いだけじゃないんです。

たとえばゴルゴンゾーラチーズです。

ゴルゴンゾーラチーズを見たことがあるだろうか?

ゴルゴンゾーラチーズはところどころ青または黒っぽい色をしているところがありますがあれが何かご存じだろうか?

ゴルゴンゾーラチーズの色が青や黒に変色しているところはアオカビが繁殖したところです。

つまり、ゴルゴンゾーラチーズはカビまみれだということなのですが、チーズに生えているアオカビは健康に悪いどころか、チーズの風味や香りのために大切役割を担っているのです。

カビは健康を害するだけの存在ではないのです。

私たちが食べる食材にもカビが生えていることがありますが、食品を放置しときに最初に生えるカビはアオカビと言われていて、ほとんどのアオカビは人間に対する毒性をもっていないため、アオカビを食べても基本的は大丈夫らしいです。

しかし、食品にアオカビが生えている時、たいていアオカビ以外の人間に害のあるカビが増殖しはじめているので食べるとお腹を下すのでアオカビが生えた時点で食べるのはやめましょう。

アオカビは人間に害はないと言ってきましたが、アオカビの中にも一部に人間に有害のものもいるみたいです。

食品にも大切なアオカビは医療にも関わりがあります。

ペニシリンという言葉を聞いたことはないだろうか?

ペニシリンは代表的な抗生物質で、他の菌類や微生物の発育を阻止するものです。

ペニシリンはブドウ球菌の培養中に混入してしまったアオカビの周りにブドウ球菌が繁殖しないところから発見されました。

ペニシリンはアオカビが繁殖しやすいように周り出していた物質だったわけです。

現在では医療にとても役立っています。

アオカビから発見されたペニシリンはアオカビの学名から名前がきています。

ちなみにアオカビの学名にはPenicillium(ペニシリウム)でペニシリンは英語でPenicillinと書きます。

アオカビは害があるどころか医療に役立っているんですね。

アオカビ以外にも役立つカビはあります。

それはコウジカビです。

名前で予想がついてしまった方もいるかもしれませんが、味噌や酒などの発酵食品のもととなる麹菌のことです。

麹菌はタンパク質やでんぷんを分解する酵素だし、タンパク質をアミノ酸に、でんぷんを糖分に変える働きがあります。

コウジカビが食品にはいることで、甘さが増したりして、とてもおいしくなるのです。

カビは食品にも欠かせないんですね。

コウジカビはアスペルギルス属に属する菌類でアスペルギルス属はすべて人間にとって良いものではない。

人間の体に害をなすカビたち

アスペルギルス属に属するアスペルギルスフミガータスはコウジカビのなかまであるが、人間とって厄介な存在です。

アスペルギルスフミガータスは免疫力が低下している人に感染しやすく、全身に諸症状が出て、治療が遅れた場合は死ぬこともあります。

呼吸に感染した場合は血の色をした痰や、喘息症状、肺炎などをおこし、血液に侵入した場合は口の中で潰瘍がおきたり、血栓や出血性の壊死が起きたりします。

また、皮膚に感染する場合は手術で縫った人に感染しやすく、感染場所が急速に壊死する症状がでます。

このような症状がでる人は手術を受けたあとだったり、風邪で免疫力が低下していたり、高齢だったりするため、早い段階で気づかないと死ぬ確率も高く大変危険です。

カビ菌はホコリの中などに存在します。

きちんと掃除をすることが大切です。

エアコンにカビがある場合、エアコンによってカビが運ばれる場合がありますので、エアコンの掃除をしっかりしましょう。

他にもカビを人体に摂取すると肺炎をおこしたり、食中毒を起こしたりすることもあります。

世界には害をなすカビと効果をもたらすカビなど様々な種類があることをわかっていただけただろうか。

カビは生活に欠かせないものなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク