「病は気から」は本当かも?心理的な影響が体調を変えることもある!?気合いで病気を早く治せるかもよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病は気から
「病は気から」という言葉がありますが、気持ちで病気はならないと思っている人も多いのではないでしょうか?
確かにに、気持ちだけで、すべての病気が治ることはありませんが、気持ちと病は密接な関係性があると言われています。

気持ちを変えることで早く病気が治るかもしれませんよ、気持ちによって早く病気を治しませんか?

〇病気はストレスが原因で発症することもある

病気の原因はいろいろありますが、ストレスが原因で発症する病気は多くあります。

また、ストレスの受け方は人によって大きな違いがあり、楽観的に物事を考える人と、心配性の人では、心配性の人の方が大きなストレスを受けてしまいます。

つまり、気持ちの問題によって大きなストレスを受けてしまい、病気になるやすくなるのです。

特に精神疾患は、気持ちと大きな関係があるとことがわかっており、性格によって病気になりやすさが違います。

さらに、ストレスは自律神経を乱れされる原因であり、ストレスとかかりすぎると自律神経失調症になるかもしれません。

自律神経が乱れことで、うつ状態、無気力、だるい、などの症状がでてしまうこともあります。

私は気分が下がりやすい性格ですが、気分が下がることによって大きなストレスになっています、気分をうまくコントロールすることで、ストレスは軽減できます。

気持ちによって、病気にかかりやすさは変わってくるのです。

〇自律神経が乱れて免疫力が下がる

気持ちが落ち込んでいると自律神経が乱れてしまいますが、自律神経は免疫機能と関係性があるといわれています。

そのため、自律神経が乱れて閉まると、免疫機能が低下してウイルス感染症や細菌感染症にかかりやすくなる可能性があります。

気持ちと感染症は全く関係ないように見えるかもしれませんが、気持ちが元気な人ほど感染症にかかりにくいのです。

また、感染症にかかった場合もマイナスイメージが症状を強めるため、気持ちによってだるさや痛みが変わってきます。

例えば、覚えていない傷があった時に、気付くまでは痛くなかったのに、気付いてから痛くなることありますよね。

気持ちが下がっている時は、傷を気にして痛みが強くなっている状態であり、気持ちが病気に向いていない時は、病気に気付いていない状態といえます。

同じ病気で同じ症状であっても、気持ちの持ちようで症状には変化が出てくるのです。

あなたは、病気になった時に落ち込んでいませんか、「よし、治すぞ!」という気持ちの方が病気の治りの早いと思います。

〇気持ちでストレスが軽減し免疫力が上がる

気持ちによって過剰にストレスを感じたり、自律神経が乱れて免疫機能が下がってしまったりすることがあります。

逆に気持ちよってストレスを軽減し、免疫機能を高めることで、病気を予防することができるとされています。

また、気持ちを前向きにすることで、病気の原因となるストレスが減少するので、病気になりにくくなります。

病気になった時は、どうしても気分が落ちてしまうもので、私も良く気分が下がります。

しかし、病気になった時こそ、より前向きに治療をはじめて、病気の治りを1日でも早くすることが大切なのです。

〇気持ちで治療を効率化できる

気持ちによって病気が早く治るようになる理由は、ストレスが軽減したり、免疫機能が上がったりするだけではありません。

前向きの気持ちになることで、患者が積極的に治療をするようになり、治療効果が増幅するために、病気が早く治ると言われています。

やる気がなくて治療をしている時よりも、医師とコミュニケーションをとりながら、一生懸命に治療した方が効果がでるのは当たり前です。

あたなは治療を前向きに行えていますか、下向きに考えることで治療効果を最大限に発揮することができず、治療が遅れているのかもしれません。

「病は気から」です、病気になった時には気持ちを使って病気を治すようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク