髪を染める前にアレルギー検査はしていますか?ヘアカラー剤でかぶれて大変なことになるかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

染髪 アレルギー

オシャレのために髪を染めたり、白髪が増えたので髪を染めたりすることがあるでしょう。

私も、髪の色を変えるためには、髪を染めたがことあります。

髪を染めることは、問題ありませんが、市販のヘアカラー剤が原因でアレルギー症状が出て、かぶれてしまうことがあります。

ヘアカラー剤には、アレルギーが出やすい成分が入っていることを理解しましょう!

〇ヘアカラーに含まれる危険な成分

ヘアカラー剤を気にせずそのまま使用している人も多くいるかもしれませんが、ヘアカラー剤には、安全のために、アレルギー検査をするように書いてあります。

ただし、アレルギー検査を行わず、髪を染めてしまう人が非常に多いです。

ヘアカラー剤を使用することで、皮膚が炎症を起こして、かぶれなどを起こしてしまう可能性は十分にありますので、髪を染める時には、アレルギー検査をしておくことが重要になります。

ヘアカラー剤の中で、特に危険と言われる物質がパラフェニレンジアミンであり、劇物に指定されています。

劇物とは、低い量を摂取しただけで、死亡する可能性がある危険な物質で、パラフェニレンジアミンを摂取すれば死にます。

もちろん、髪に塗っても摂取していませんし、染髪量を食べたり飲んだり、することはないので、死ぬ危険性は基本的にありません。

しかし、パラフェニレンジアミンはアレルギーの原因となり、頭部の痒みやかぶれの原因になることが予想されます。

また、パラフェニレンジアミンだけでなく、界面活性剤や着色料なども、アレルギーの原因になると考えられており、髪を染める際にアレルギーでる可能性は高いのです。

〇染める前にはパッチテストを行いましょう。

皆さんは髪を染めるために、アレルギーが出る可能性がないか、パッチテストを起こっているでしょうか?

髪を染める人の7割はパッチテストを行っていないといわれており、パッチテストを行っているのは、わずか3割の人になります。

しかし、パッチテストは、重篤なアレルギーを発生させないためには、重要な事なのです。

少し手に塗るパッチテストでアレルギー反応が出た場合であれば、量も少ないので強いアレルギー反応が出ることは少ないです。

もし、パッチテスト行わず染め始めてアレルギー反応が出てしまった場合、大量のアレルギー物質が付着しているので、アナフィラキシーショックを起こしてもおかしくなく、緊急搬送される可能性もあります。

重篤なアレルギーを起こさないためには、事前にパッチテストを行うことが重要なのです。

また、パッチテストは、同じヘアカラー剤を使用する場合でも毎回、行う必要性があることを覚えておきましょう。

アレルギーは急に発生することもあるので、前回かぶれてなくても今回かぶれ可能性は十分にあります。

〇ヘアカラー剤のパッチテストの仕方

ヘアカラー剤のパッチテストは、染める48時間前から行うことが多いので、染める日の2日前にパッチテストの準備をしましょう。

まず、綿棒にヘアカラー剤をつけます、ヘアカラー剤が混ぜて使用する物であれば、混ぜた物を綿棒に付着させてください。

付着させた綿棒を、腕の内側に薄く塗りつけ、炎症などを起こさないか様子をみます。

ヘアカラーを塗りつけて、30分後に一度炎症があるか確認し、痒みや炎症があれば使用を中止して洗い流してください。

また、渇いていない場合は、ヘアカラーを付けすぎているので、ふき取って染髪を始めるまでの48時間に何もなければ、パッチテストは問題ありません。

48時間以内に、赤くなる、痒くなる、痛いなどの症状がある場合は、洗い流して使用をやめてください。

アレルギー反応が出た、ヘアカラー剤を使用すると、重篤なアレルギー反応が出ることもありますので、捨てるようにしましょう。

ただ、アレルギー反応だからと言って、すべてのヘアカラーでアレルギーが出るというわけではありません。

〇染料は商品によって違いがあります

市販されているヘアカラー剤の染料は、メーカーによっても違いがあり、全く同じというわけではありません。

そのため、一つの製品でアレルギー反応が出てしまったからと言って、全てもヘアカラー剤でアレルギー反応が出るわけではないのです。

アレルギーが出てしまった人は、ヘアカラーを変えることで、染めることができるかもしれません。

注意点は、メーカーが違っても、染料が同じ場合がありますので、メーカーではなく裏面を見て、染料が違っているか確認してください。

また、染料を変えても、アレルギー反応が出てしまうことがありますので、パッチテストは必ず行ってください。

安心して、髪を染められるようにするために、パッチテストは必ず行うようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク