私たちの体は細菌に守られている!?必要な菌まで殺すと免疫力低下や肌荒れが起きてしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

殺菌
日本人はキレイ好きといわれており、抗菌・除菌グッズが良く売れており、抗菌・除菌グッズを良く使用する人もいるでしょう。

しかし、人の周りに住んでいる細菌のすべてが体に悪いわけではありません。

私たちの体には、常在菌といわれる細菌が住み着いており、肌の環境を守ってくれているのです。

あなたは、消毒や抗菌・除菌を行い過ぎていませんか、除菌しすぎると逆に肌の環境が悪くなることもありますよ。

○皮膚には多種多様の細菌が住み着いている!

細菌は体に悪いというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、皮膚には多種多様の常在菌といわれる細菌が住み着いています。

もちろん、私の肌にも大量に常在菌が住んでいますし、あなたの肌にも常在菌が住んでいます。

常在菌は、健康な人や、手洗いをした後の手にも付着しており、病原性を示さない細菌のことを言います。

病原性を示さない細菌なので、付着していても、肌が荒れたり、風邪を引いたりすることはなく健康状態に影響を与えることはありません。

このように、人の体には常に細菌が付着しており、すべての菌が健康に悪影響を与えるわけではないのです。

また、常在菌はただ人の肌で繁殖しているだけでなく、人の皮膚を病気から守る役割をしていると言われています。

一体、常在菌はどのようにして人の肌を守っているのでしょうか?

○常在菌が多いと病原菌が繁殖できない

常在菌は人の皮膚で大量に繁殖しており、人にとっては常在菌が増えても健康に影響がでることはありません。

常在菌が皮膚の上で大量に繁殖すると、病原菌が皮膚で繁殖するスペースが無くなるので、病原菌の繁殖が抑えられて皮膚を守ることができます。

つまり、皮膚の常在菌は、病原菌の繁殖を防ぐバリアとなってくれているのです。

常在菌のバランスが崩れると病原菌が皮膚で繁殖しやすくなり、肌荒れや皮膚炎をおこしやすくなってしまいます。

皮膚の殺菌や除菌を行い過ぎると、病原菌を守るために必要な常在菌を殺してしまうこともあります。

常在菌が死ぬことで、皮膚の病原菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルの原因になってしまいます。

肌を清潔に保つことも大切なのですが、あまり殺菌しすぎると肌の健康を保つどころか、肌の環境を悪化させてしまうこともあります。

皮膚の常在菌を大切にして、病原菌から肌を守りましょう。

○抗菌や除菌はしすぎない方が良い

清潔さを保つために行われる抗菌や除菌ですが、過度に行うと必要な常在菌まで死滅させてしまう可能性があります。
そのため、抗菌や除菌を過度に行う必要性はなく、手が汚れた時や、食事までなどに行うだけで良いとされています。
肌の細菌バランスが崩れることで、肌荒れや炎症を起こしてしまうこともありますので、注意してください。

また、アレルギー体質がある人が抗菌・除菌グッズを使用すると、肌の細菌のバランスが崩れて肌荒れや炎症が悪化することもあります。

皮膚疾患がある人は、特に抗菌・除菌グッズの使用を注意した方が良いでしょう。

さらに、細菌は免疫力を上げるのに役立っているといわれています。

○細菌は免疫力をあげてくれる

細菌は皮膚を守ってくれるだけでなく、免疫力を上げる効果があり、子どもは外で多くの細菌に触れることで免疫力が上昇するとされています。

外は汚いから、子どもをあまり出させたくないと思う人もいるかもしれませんが、外で遊ばないと細菌に触れず、免疫力が低くなるため、子どもは逆に感染症を起こしやすくなります。

子どもの健康を願うのなら、外でたくさん遊ばせて免疫力をつけることも大切だとされています。

また、人の腸内にいる腸内細菌は免疫力に関係があるとされており、体に良い善玉菌が増えると免疫力が高くなると言われます。

善玉菌は、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌を摂取することで、増えるといわますので、ヨーグルトを摂取しましょう。

ちなみに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌も細菌の一種であり、細菌は人間の健康を保つためにも必要なものなります。

抗菌・除菌をしすぎて肌の細菌バランスを崩さないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク