予防接種(ワクチン)にはどのぐらいの危険性があるの?ワクチンは基本的に安全!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予防接種 危険
危険なウイルスを予防するために行われる予防接種ですが、接種後の副反応が怖いと言う人も多くいるでしょう。

また、副反応が怖くて予防接種を行わないという人もいるようですが、予防接種をしないことによるリスクは考えたことがありますか?

予防接種の危険性と病気のリスクについて考えてみましょう。

○副反応と病気のリスク

予防接種を受けて副反応が出てしまうことはありますが、接種した場所が腫れる、少し熱が出るなど程度で、命にかかわる副作用が出ることは基本的にありません。

予防接種では、ウイルスを死滅させたものか、毒性を弱めた物を使用しているので、大きな危険性はないとされています。

また、毒性の弱いウイルスを投与されるよりも、本来の毒性を持ったウイルスの方が危険と言えます。

予防接種では、軽い副反応が出ることもあるのですが、直接ウイルスに感染した場合はさらに強い反応出ます。

最初に強い毒性を持ったウイルスに感染されるのではなく、弱いウイルスで下地を作りウイルスに感染しても大丈夫な体を作るのが予防接種です。

副反応が怖いからといって、予防接種を受けないと、ウイルスに感染した時が大変になります。

また、予防接種でウイルス性脳炎になると指摘されることがありますが、子どもは風邪を引きやすく、予防接種を受ける時に風邪を引いていることが良くあります。

そのため、予防接種で脳炎を起こしたのではなく、風邪のウイルスが脳炎を起こした可能性が高いのではないかとされています。

病気のリスクを考えると、予防接種をしておいた方が安全だといえるでしょう。

○接種する人が少なくなるほど危険性が高まる

予防接種を受けなくて良いと考える人は、「日本人の感染者がいないから感染しない」と考えている人も多いのではないでしょうか?

新規の感染者が少なければ、自分や子どもがウイルスに感染する可能性は少なくなりますが、予防接種をする人が少なくなると、感染する危険性は高くなってしまいます。

新規感染者がいても周りの人が、予防接種を受けていれば感染の拡大を予防することができます。

しかし、新規感染者の近くに予防接種を受けていない人がいれば、感染してウイルスをばらまくことになるのです。

予防接種を受けない人が増えるほど、ウイルスは流行しやすくなり、感染症が拡大することもあります。

新規感染者が少なくても、予防接種している人が少なくなれば、感染が拡大して、あなたにも感染する可能性があります。

予防接種をしておけば、感染者が急に増えても、免疫を持っているので感染する心配がありません。

予防接種は受けておいた方が安心できるのではないでしょうか?

○予防接種は大人になってから受けても良い

予防接種は子どもが受けるものと思っている人もいるかもしれませんが、大人受けても良いものです。

子どもの場合は、定期接種で無料になることも多いですが、大人場合はお金がかかります。

免疫力は10年~20年ほどで落ちると言われていますので、子どもの時に受けた予防接種でも大人の時に受けることで、予防になります。

危険なウイルスに感染しないように考えている人は、大人になってから予防接種を受けてみてはどうでしょうか?

大人が感染すると重症化しやすいウイルスも多くあり、妊婦が感染すると退治に影響が出るウイルスもありますよ。

○インフルエンザの予防接種は?!

インフルエンザウイルスは非常に変異が早いウイルスで去年流行ったウイルスと、今年流行るウイルスは変化があります。

そのため、毎年のようにインフルエンザに感染することもあり、免疫力は長く続きません。

インフルエンザの予防接種は、その時に流行ると思われる型を投与することによって、発症を予防しているのです。

しかし、インフルエンザは変異しやすいので、予防接種をしていても感染することが多くあり、インフルエンザの予防接種の効果は薄いといわれています。

インフルエンザに関しては、他の予防接種よりも重要性は低いと考えても良いかもしれません。

インフルエンザの予防接種は、必要と思うなら受けると良いでしょう。

予防接種は危険な病気に感染しないために重要です、予防接種を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク