エアコンを掃除していますか?エアコンの掃除をしないと内部にカビが発生してしまうこともある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコン掃除
今では、ほとんど家庭に存在するエアコンは、夏には部屋を涼しく、冬は室内を暖めてくれる便利な家電製品です。

しかし、エアコン内部にカビが発生し、部屋中にカビをばらまいているかもしれません。

皆さんは、エアコンの掃除することがあるでしょうか?今まで一度もエアコンを掃除したことがない人は、エアコンの中にカビが繁殖しているかもしれません。

エアコンからでてくるカビを吸いこむと病気になることもありますよ!

○エアコンの中はカビが増殖している?!

エアコンの中は意外に湿度が高くなりやすく、冷房を使用していると中で結露が発生し、カビが好む環境になっています。

また、暗所で人の手が届きにくいため、掃除をされることが少ないのも、カビが大量に発生してしまう原因の一つになります。

さらに、エアコンが空気と一緒にホコリを吸い込むのも、ホコリもカビを増殖させてしまう原因です。

エアコンは夏と冬は使用しますが、春や秋は使用されないことが多いですよね。

使用されない期間に、エアコンの内部ではカビが大量に繁殖しています。

季節はじめに使用するエアコンが臭うという人がいますが、それは内部に大量に発生したカビが悪臭を放っているからです。

エアコンを使い始める際には、エアコンの内部を掃除して、カビを除去することが大切になります。

カビは悪臭がするだけでなく、大量に吸い込んでしまった場合には、病気になる可能性もあります。

○エアコンのカビで肺真菌症になる可能性も

エアコンの内部に発生したカビは、エアコンが使用された時に部屋中に飛び散っていきます。

呼吸の時に、肺の中に入ってしまうカビも存在し、肺真菌症の原因になってしまうことがあります。

夏に初めに、咳がでて夏風邪だと思っていたら、肺真菌症に感染していたという人もおり、エアコンから発生するカビには注意した方が良いです。

夏が、特にカビが発生しやすいですが、冬もエアコン内部にカビが発生していることがあるので注意しましょう。

また、肺真菌症にならなくても、エアコンを使用する時だけ、咳が出てしまう人や、咳が続いてしまう人もいます。

肺に侵入するカビの種類によっては、呼吸困難を起こしてしまうこともあり、死亡する可能性もあります。

エアコンとつけると、体調を崩し咳が出るようになるという人は、肺真菌症になっている可能性があります。

咳や、痰、胸の痛みなど、気になる症状がある場合は、内科に受診して診てもらうことをおすすめします。

また、エアコンの掃除を行い、カビを繁殖させないことが、肺真菌症の予防につながります。

咳の原因が、カビである可能性はありませんか?

○エアコンを掃除してカビを予防しよう

エアコンにカビを発生させないためには、エアコンの内部を掃除してキレイにすることが大切になります。

夏や冬の使い初めにエアコンをキレイにして、カビを除去し感染症を予防しましょう。

フィルターだけをキレイにする人もいますが、内部も手を届くところは、掃除するとカビが発生しにくいといわれています。

業者に頼んで清掃してもらうのが良いとされていますが、業者に頼むのは大変なので、自分でできるだけエアコンをキレイにすることが大切でしょう。

また、最近では掃除機能が付いているエアコンがありますが、掃除機能のあるエアコンは、フィルターをキレイするだけで、内部をキレイにする必要性はありません。

掃除機能のあるエアコンの掃除は難しく、場合によっては壊してしまうことがありますので、基本的に掃除を行う必要性はないとされています。

○送風を機能を使ってカビの被害を減らそう

エアコンを使用する際には、日常的にカビを発生させないようにすることも大切です。

エアコンを使用した後は、5分ほど送風をするように習慣づけておくことで、エアコン内部の湿気を飛ばして、カビの発生しにくい環境を作ることができます。

送風機能がないエアコンの場合は、仕方のないので季節はじめには一生懸命掃除を行いましょう。

また、久しぶりにエアコンを使う際には、換気をしながら10分程度の送風を行うことで、エアコンの中のカビを室外に出すことが可能です。

カビの被害を減らすためには、送風機能をうまく利用すると良いでしょう。

エアコンの内部は、カビが発生しやすくなっています、カビが発生しないように、工夫しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク