カラーコンタクトは目の病気になる危険性がある?!安いカラーコンタクトには注意しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラーコンタクト
目の色の変えることができてオシャレなカラーコンタクト、若い世代では利用者が増えていますが、誤った使用方法で目の病気になることも多いです。

突然、目の病気になって、目が開かなくなったり、失明してしまったりしたらら嫌ですよね。

カラーコンタクトで失明しないために、正しくカラーコンタクトを使えるようにしましょう。

○カラーコンタクトで実際に発生する病気!

カラーコンタクトの使用で最も心配される病気は、細菌性角膜炎でコンタクトレンズに付着した細菌が目に侵入することで、角膜に炎症が起きる病気です。

細菌の種類によって、炎症が進行する速度に違いがあり、急速に炎症が起きてしまうこともあります。

失明細菌と言われることもある、アカウトアメーバに感染すれば、視力の急激な低下や失明が起きてもおかしくありません。

また、カラーコンタクトには、目の粘膜を刺激する物質が含まれていることがあり、一時的に視力低下や、軽い眼病になってしまうことがあります。

一時的な視力低下なら良い方で、乱視になって、メガネやコンタクトレンズで矯正が必要になることもあります。

軽度の目の障害が残り、目に障害が残ったまま生活することになるかもしれません。

カラーコンタクトは誤った使用すると大変な危険な物になります。

○カラーコンタクトは粗悪品が存在する

カラーコントは目に入れる商品だから、丁寧に作っていると考える人もいるかもしれませんが、カラーコンタクトは、質が悪い粗悪品も存在しています。

視力補正を目的としている、普通のコンタクトレンズは、安全性が優れていますが、カラーコントンタクトは、安全性が緩いとされています。

そのため、安い粗悪品のカラーコンタクトを購入してしまうと、眼病の原因になってしまう可能性があります。

安いからといって、粗悪品であるとは限りませんが、眼病の原因になりそうなカラーコンタクトを購入しないように注意しましょう。

カラーコンタクトを購入する際には、品質基準を満たしている商品であることを確かめるとともに、信頼できるショップで購入するようにしましょう。

見た目や安さで選んで、失明するよりも、高くても安全性が高いカラーコンタクトを購入することをおすすめします。

カラーコンタクトの中には、違法で販売されている品質の低い物も存在しており、トラブルが起きても対処しづらい物もあります。

カラーコンタクトを購入する際には、病気にならないように、安全性の高い物を購入しましょう。

○コンタクトの使用方法が間違っていることも

カラーコンタクトの安全性は高くなってきているとされていますが、コンタクトレンズの使用方法が間違っている人もおり、誤った使用方法が眼病の原因になっています。

カラーコンタクトには使用期限がありますが、節約のために使用期限よりも長く使用することがあるでしょう。

使用期限よりも長く使用すると、コンタクト傷ついて細菌が繁殖し、細菌性角膜炎の原因になります。

また、使用法を見ずに水洗いをして、細菌が増殖することもあります、間違った使用方法は、コンタクトレンズに、細菌やカビを発生させ、眼病の原因になることが指摘されています。

カラーコントレンズを使用する時には、まず使用方法をしっかり読んでから使い始めるようにしましょう。

手をしっかり洗ってから、カラーコンタクトレンズを持つようにして、使用方法はしっかり守るようにしてください。

視力が落ちてから後悔しても遅いですよ。

○おかしいと思ったら使用は止めましょう!

カラーコンタクトを使用中に目の調子がおかしいと感じた時には、すぐにカラーコンタクトの使用を中止してください。

無理に使用すると、眼病の原因になるため、手を洗ってからカラーコンタクトを取り外すようにしましょう。

また、カラーコンタクトをとった後に、目の違和感を感じる場合には、カラーコンタクトの使用を控えた方が良いでしょう。

目の違和感が治らない場合は、眼科に受診して目を見てもらいましょう、細菌感染症や、角膜が傷ついていることもあります。

細菌感染症であれば、症状が進むほど治療が難しくなるので、症状が軽くても不快感が続く場合は病院に行くことをおすすめします。

カラーコンタクトは使用方法を間違えると、失明の原因にもなりますので、正しく使えるようにしておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク