明日葉の葉はとても健康にいい!明日葉の根は朝鮮人参なみの健康効果!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

07501
皆さんは明日葉を食べたことがありますか?

明日葉を食べたことがない人も多いのではないでしょうか。

明日葉は独特の苦みがあり、子どもは好んで食べないような気がします。

苦手な人も多いかもしれません。

健康食品だから美味しくなくても我慢してください。

明日葉を好きな人もいるとは思いますが、多くの人は苦手かもしれません。

それでも紹介するのは明日葉が健康にいいからです。

明日葉は健康にいいことを覚えて帰ってもらいたいです。どこの講師やねんってつっこんでもいいですよ。

僕が明日葉が好きで明日葉を推しているわけではなく、知り合いが明日葉が健康にいいと言ったから推しているだけです。

嫌いな人は食べなくても良いですが、健康パワーを知ったら必ず食べたくなるはずです!

健康効果が知りたいかもしれませんが、まずは明日葉の事を知っていただこう。

スポンサーリンク

明日葉の名前の由来を知っていますか?

それは今日、葉っぱを摘み取っても明日には生えてくるからだそうです。

実際には4~5日かかるそうですが・・・。

ちょっと言い過ぎですね。

とはいっても、なんとも発育の早い葉っぱなのでしょうか。

僕も発育が良くなりたかったところです。

もうちょっと身長がほしいということです。

なんと明日葉は日本が原産国です。

日本が発祥と言うだけで、なんとなく、食べる気になりませんか?

ならない人も多いかもしれません。

明日葉は基本的に葉を食べるのですが、根も健康に良いそうです。

明日葉の根は朝鮮人参の変わりになると言われています。

朝鮮人参の名前が出るとなんだか健康によさそうですが、あなたは朝鮮人参の効能を知っていますか?

僕はなんの効能があるか知らないけど、イメージ的に健康には相当効果があるように思っています。

もしかしたら、皆さんも朝鮮人参の効能をしらないけど健康に良さそうと思っている人がいるかもしれないので調べてみることにします。

なぜ朝鮮人参?って思われるかもしれませんが、もう少しまって下さい。

朝鮮人参の健康効果を説明したら、明日葉の説明をしますから。

朝鮮人参の効能は

朝鮮人参は、体内細胞や臓器の働きを良くし、肉体疲労の回復、滋養強壮、ストレス緩和、整腸作用、食欲回復、免疫力の向上などの効果があるとされています。

つまり、明日葉の根は朝鮮人参に近い効能です。

結果、明日葉の根は健康にいいということです。このことだけ覚えておきましょう。

やっと明日葉の健康効果を説明しちゃいます。

明日葉の葉はどんな効能?

明日葉の根について話てきましたが、実際のところ皆さんが明日葉を食べるとしたら、根ではなく、葉だと思います。

ですから、明日葉の根のことを書くより、明日葉の葉のことを書けと思っていた人もいるのではないしょうか?

すいませんでした。明日葉の葉の効能を紹介させていただきます。

その1 高血圧の予防

明日葉にはカリウムが豊富に含まれています。

カリウムはナトリウムを体外に排出してくれる働きがあります。

ナトリウム(塩分)が体に多くなると高血圧の原因になると言われているので明日葉は高血圧の予防になります。

また、内臓脂肪を減少させる効果があるため、メタボリックシンド~ロムの予防にもなり、動脈硬化や糖尿病の予防にもなるという優れものまさに、40代を過ぎた男性に食べて頂きたい食品です。

その2 女性に嬉しい効果がたっぷり

女性に嬉しい効果がたくさんありましたので一気に紹介していこうと思います。

美肌効果があります。

明日葉は緑黄食野菜に分類されます。

緑黄食野菜の定義はβカロテンが100gあたり600μg以上含まれているものということなのですが明日葉はその約9倍の5300μgも含まれているのです。

そのβカロテンの効果により、肌荒れなどを予防する効果があるとされています。

むくみの改善効果があります。

むくみの原因と言われているのが塩分の摂り過ぎによる体内の水分量の増加です。

つまり、体外に塩分と水分が放出されてほしいのですから、カリウムが豊富な明日葉が効果的です。

カリウムはナトリウムを尿によって体外に排出するちからがあります。

ナトリウムがなくなって、むくみの根本的な解決につながります。

便秘解消の効果もあります。

明日葉には豊富な食物繊維が含まれており、便秘を解消するともに自律神経を整えて腸の動きを上げる効果があります。

便秘の人は食べた方が良い食材になります。

明日葉は男性も女性も食べた方が良い食材であることをわかっていただけだろうか?

明日葉を食べて健康になりませんか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク