甘酒はアルコール飲料?甘酒の健康効果と美容効果とは?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

07401
誰でも飲むことができるお酒と言えばなんだろうか?

そうです。甘酒です。

とはいったものの正確にいうと甘酒はお酒ではないのかもしれません。

僕は酒という字がついているので酒にしちゃってます。

甘酒が好きな人も多いのではないでしょうか?

甘酒には2種類あることを知っていますか?

一つ目が、米や米こうじから作ったもの二つ目が酒粕からつくったものです。

両方含まれるものもありますね。

この二つには大きな違いがあります。

それはアルコールが含まれるか含まれないかです。

酒粕で作った甘酒には、アルコールが含まれているんです。

ここで疑問に思ったひともいるかもしれない。

アルコールが入った飲み物は子どもが飲んではいけないのではないか?

なんと、アルコール度数1%以上の物から、アルコール飲料に該当するという事実がここにあります。

ということはアルコール度数0.9%であればアルコールではなく清涼飲料水であるということなのです。

つまり、甘酒にアルコールが含まれていたとしても、1%以上でなければアルコール飲料ではないということです。

ちなみにアルコールが含まれているのは酒粕から作られたほうです。

どちらも清涼飲料水なので、子供が飲んだところで違法ではありません。

しかし アルコールが含まれている酒粕で作った甘酒は、子供には飲ませない方が無難だと思いますよ。

酒粕で作った甘酒はアルコール含まれてるけど酔わないの?

結論から言うと、酔います

アルコールが含まれているのだから、酔うことはできるわけです。

アルコール度数は少ないため酔うためには相当な量を飲まないといけないわけです。

お酒が強い人は酔う前に飲めなくなるでしょう。

お酒が弱い人なら、1L以上飲めば酔えるかもしれません。

一本程度で酔うことはないでしょう。

何本飲んだところで清涼飲料水ですから、飲酒ではありません。

つまり、子どもに酔うまで飲ませたところで法律違反にはならないということです。

でも、そんなことはしないでください。

1、2本でやめるようにしましょう。

飲酒じゃないといっても

お正月に配られたりする甘酒はおいしいですよね。

そこで甘酒が好きだからといって飲み過ぎは注意が必要です。

何杯飲んでも飲酒じゃないです。

でも何杯も飲んだあとに車を運転して、警察にとめられて呼気を検査されたら飲酒運転かもしれません。

甘酒はアルコール飲料じゃないので、飲んでも飲酒ではないかもしれませんが、飲酒はしていなくても、呼気中にアルコールが0.15mg/l以上含まれていれば飲酒運転ではあるのです。

甘酒を190cc飲んだときに呼気中のアルコールが0.08mg/lになると言われています。

つまり、甘酒を二本飲んですぐに警察に見つかったら、飲酒運転になる可能性があります。

甘酒を飲む時には、もしかたら飲酒運転になるとおもって控えた方が良いかもしれません。

僕も車を運転する前の甘酒は控えようとおもいます。

たぶん一杯なら問題ないとおもいます。

でも一杯も飲まない方が安全です。

スポンサーリンク

甘酒には健康効果や美容効果がある!

甘酒の健康の効果とは

甘酒のアルコール分について話をしてきましたが、甘酒には健康成分が多く含まれているのです。

甘酒は健康が良いものが多く入っています。

甘酒に含まれる成分はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維やアミノ酸類や糖分などのいろいろな栄養成分が含まれている。

甘酒の栄養成分は点滴の栄養成分に似ているため、飲む点滴とも言われているのです。

こう言うと甘酒は栄養豊富なんだな~と思う人が多いかもしれないのであえてつけ加えさせてもらう。

点滴は栄養成分が高いと一般に思われがちですが、皆さんが思っているほど栄養価は高くない。

栄養価がないと言っているわけではありません。

皆さんは点滴というと、食事ができない人や栄養が足りない人が点滴を打つものと思われているようですが、実際の点滴は水分補給がメインなのです。

つまり、食事ができていない人などに対してはそれほど効果がないです。

脱水症状などを起こしている人に効果があると言われています。

つまり、何が言いたいかというと、甘酒は脱水症状にも効果的であるということです。

甘酒は脱水症状に良いだけじゃない。

甘酒には美容効果が豊富なのです。

甘酒には美肌効果があると言われています。

酒粕パックという言葉を聞いたことはないだろうか?

酒粕には非常に美容に効果があるとされパックとしても使用される。

飲むことによって、中から美肌になろうということです。

塗っても効果があります。

ビタミン類が豊富です。

甘酒にはビタミンが豊富に含まれています。

ビタミン類を取ることによって現代社会のビタミン不足改善してくれ、皮膚を活性化してくれる作用があるようです。

アミノ酸が豊富に含まれている。

甘酒にはアミノ酸が多く含まれています。

アミノ酸は人間のからだに必要な3大栄養素のタンパク質が分解されたものです。

タンパク質は肌やなどにも含まれていて、美容にいいとされています。

また、疲労回復効果も期待できます。

アンチエイジング効果

甘酒の原料は酒粕か米こうじです。

どちらも発酵食品ということで、どちらも素晴らしい酵素が含まれています。

→ 発酵食品は万能薬?発酵食品を食べた方が良い理由を教えちゃいます。

酵素のおかげでアンチエイジング効果があるのです。

甘酒は脱水症状に良くて、健康効果もあり、美容に効果的ですので是非一度飲んでもみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク