睡眠不足で起きる体の異変に気を付けて!?睡眠の重要性を知って健康のためにもきちんと睡眠を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠不足
ついつい夜更かしをして睡眠不足ということがあると思いますが、睡眠が不足すると体に悪影響がでてきます。

睡眠不足によって仕事の効率が低下、頭痛などの体への症状が出ることもあり、できるだけ睡眠不足は避けることが大切です。

睡眠不足が原因で起きる体の異変を知って、睡眠の重要性を理解してみてはいかが。

○睡眠不足は頭痛や嘔吐の原因になる!

睡眠が不足すると頭痛や吐き気、だるいなどの身体的な症状が現れるようになってきます。

睡眠不足による頭痛は、睡眠不足が解消するまで続くことがあり、朝から晩までずっと頭が痛いこともあります。

頭痛薬で一時的に抑えることができますが、原因は解消されていないので、薬が切れると頭痛が再発します。

だから、睡眠不足による頭痛は、しっかり寝て改善するしかありません。

また、朝起きた時の吐き気が、睡眠不足による可能性もあり、原因不明の吐き気がする場合は睡眠不足が原因かもしれません。

吐き気は吐くことによって症状が楽になりますが、あまり吐きすぎると吐き癖がついて、日常的に吐くようになるので、できれば吐かないようにした方が良いです。

さらに、ずっと吐いていると、逆流性食道炎や胃潰瘍になることもあり、吐き気は深刻な問題になる場合もあります。

放置するとさらに深刻な症状になるので、睡眠不足による頭痛や吐き気を感じた場合は、ゆっくり睡眠できる時間を確保しましょう。

○日常的な睡眠不足は徹夜と同じ?!

睡眠不足になると脳の活動が鈍くなり作業効率が低下することが知られています。

日常的に睡眠が不足している場合、徐々に作業効率がさがりますが、6時間以下の睡眠を2週間ほど続けると、2日間徹夜しているのと同じぐらいの作業効率になると言われています。

つまり、日常的に睡眠が不足すると、徹夜して働いているのと同じぐらいの力しかだすことができません。

また、睡眠時間は少なくても睡眠をとっているので、徐々に効率が低下しており、本人は作業効率が低下しているのに気づいていないことが多いです。

日常的に睡眠時間が少ないと感じている人は、しっかり睡眠をとりましょう。気付いていない間に大きく作業効率が低下しているかもしれませんよ。

そして、睡眠不足で車の運転をした場合は、飲酒して運転しているときと同様に事故率が上がるといわれており、とても危険な状態なので、たかが睡眠不足と思って車の運転をすると人生を台無しにしてしまう可能性が高くなります。

○睡眠不足が原因でうつ病になることもある?!

睡眠不足は、身体的症状や作業効率が下がるだけでなく、精神的にも影響があるとされており、睡眠不足が続くと気分が下がり、やる気が出なくなります。

睡眠不足は、大きなストレスにもなり、最悪の場合は、うつ病になることもあり、長期間の睡眠不足は、身体的にも精神的にも良くありません。

また、睡眠不足はホルモンバランスが崩れる原因でもあり、ホルモンバランスの乱れから精神的な影響が出ることがあります。

そして、ホルモンは精神だけなく、代謝などにも影響があり、睡眠不足によって体温が低下したり、代謝が落ちて急に太ったりすることもあります。

最近、気分が乗らないと感じる人は、睡眠不足が原因になっている可能性がありますよ。

○睡眠不足の人は生活習慣病になりやすい!

睡眠不足が長期間続くと、ストレスに長時間さらされることになり、免疫力の低下や代謝低下、細胞の劣化が進みます。

結果、がん、胃潰瘍、メタボリックシンドローム、動脈硬化などの生活習慣病にかかりやすくなります。

また、大きなストレスは脳にも影響を与えるので、認知症を発症しやすくして、場合によっては若年性アルツハイマーなどを起こします。

生活習慣病を予防するためには、食事、運動、睡眠の3つが大切とされています。

睡眠時間を削ってしまうことは、寿命を削ってしまうことになるので、睡眠時間はできるだけとるようにしましょう。

○睡眠時間は一般的に8時間?

一般的に1日8時間の睡眠をとると体に良いといわれており、1日8時間の睡眠がとれる時間に寝るようにしましょう。

特に子どもは大人よりも睡眠時間を長くとる必要性があるので、子どもの睡眠時間はしっかり確保してあげましょう。

また、寝すぎは体に悪影響を与えてしまうので、7時間~9時間程度の睡眠時間にした方がいいのです。

ただし、人によって最適な睡眠時間には違いがあり、ショートスリパーと呼ばれる人は6時間寝ただけで十分な人もいます。

ロングスリパーだと8時間睡眠では寝不足になることがありますので、どの程度睡眠時間が最も頭がすっきりしているかで、睡眠時間を判断してください。

寝すぎると頭痛がしますので、頭痛にならない程度に睡眠をとるようにしましょう。

睡眠不足は心身共に大きな影響をあたえます。睡眠をしっかりとって睡眠不足にならないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク