飲み忘れた薬はどうすればいいの?一度に2倍の薬を飲むと副作用が出る可能性がある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬の飲み忘れ
風邪などになって処方してもらった薬を「あっ、飲み忘れた」という経験がある人は多いのではないだろうか?

私は、最初のうちは体調も悪いので早く治そうとしてしっかり飲んでいるが、体調がある程度よくなってくると薬のことを忘れて後で気付いてしまうことがあります。

私の友人は、飲み忘れた薬とその時に飲む薬をたして飲むらしいですが、皆さんは、薬を飲み忘れた場合にどのように対処しているだろうか?

○飲み忘れて時間が経っていたら飲まない方が良い

薬を飲み忘れてしまうことは誰にでもあることですが、飲み忘れてから何時間も経って気付くこともあるでしょう。

何時間も経って、飲み忘れたことに気付くと次の服用時間に近くなりすぎており、何時間も経ってから薬を飲んでしまうと、次の服用タイミングで一時的に血中の薬の量が高い値になります。

血中の薬の量が多くなるほど、副作用を起こしやすくなりますので、飲み忘れて何時間も経った場合は、薬は服用しない方がいいのです。

もちろん、私の友人のように、飲み忘れた次に加えて飲めばいいという考え方はありえない話なのです。

そんな飲み方をすると、一時的に血中の薬の量が2倍というかなり高濃度になってしまい、副作用がでて逆に体調が悪くなるかもしれません。

副作用の少ない薬ならまだしも、劇薬(副作用の強い薬)や毒薬(副作用のかなり強い薬)なら死ぬ可能性もあるかもしれません。

ちなみに、毒薬とは私たちがイメージする毒のことではなく、副作用が強く大量に服用すると死ぬ危険性がありますが、薬として活用できるものことです。

劇薬もほとんど同じですが、劇薬の方が毒薬よりも副作用が少ないようです。

そして、私たちがイメージする毒とは、薬に使用することができない毒物、劇物のことで毒薬や劇薬とは全く違います。

毒薬で有名なのは、がんに使用される抗がん剤です。

○食前の薬を食後に気付いたら飲むべきか?

食前に服用してくださいといわれた薬を、飲み忘れてしまった場合には、大抵の場合は食後に飲んで問題ありません。

食前の薬を食後に飲むと、胃に食品があるので、吸収が悪くなり効果は薄くなりますが、そのまま飲んでもほとんど問題ないのですね。

重要な薬である場合は、時間が空くほど体に悪く、そのまま飲まないよりも飲んだ方が体に良いです。

しかし、飲まなくても良い場合もあり、食前の薬の中には吐き気止めなど、食前に飲むからこそ効果があるものもあります。

食後に吐き気止めを飲み忘れたのに気付いた場合は、吐いていないなら薬を飲まなくても良く、飲んだ後吐いたら意味がないので、飲まなくてもよいのです。

食事に関係がある薬であっても重要な薬「糖尿病の血糖値を下げる薬など」は、飲みましょう。

一つ一つ薬によって効果や目的が違いますから、気になる薬は薬剤師に相談しましょう。

○食後の薬は1時間程度ならそのまま飲んで良い

食後1時間程度開いてしまっても、薬をそのまま飲んでも問題ありません。

なぜなら、食後の薬は食後の20分~30分後に飲む薬で、食後1時間なら本来飲む時間から30分しか過ぎていませんので、あまり良いことではありませんが、許容範囲ですので、そのまま飲んでしまいましょう。

まだ、胃の中の食べ物も消化しきれてしませんから、ほとんど問題ありません。

それでも心配なら、お菓子を少し食べて胃の中を食後の状態に近づけてて飲むと良いでしょう。

ただ、薬の目的によっては、食後1時間では効果がない場合もありますので、何の目的の薬かが重要になります。

副作用の強い薬の場合は、飲み忘れの対処を薬剤師に聞いておくと良いでしょう。

重要な薬で、今すぐ気になる場合はかかりつけ薬剤に電話で相談しましょう。

○わからないことが合ったら薬剤師に相談

薬のプロといえば薬剤師なので、薬でわからないことが合った場合は医師ではなく薬剤師に相談しましょう。

昔は病院で調合して、薬を出してしましたし、病気のプロといえば医師なので、医師に相談してしまう人も多いと思いますが、薬剤師が薬プロですので、薬でわからないことが合った場合は薬剤師に聞くべきなのですね。

薬のことに関していえば、医師よりも薬剤師の知識が豊富であり、医師よりも薬剤師の方が、薬では立場が上です。

日本では、うまく薬剤師を活用できていないと言われていますので、薬剤師を私たちがうまく活用するようにしましょう。

薬を飲み忘れた場合にどのように対処するのか覚えておくのも良いですが、最も良いのは薬を飲み忘れないようすることです。

できるだけ薬を飲み忘れてしまわないように十分に注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク