熱中症になっているのに気づかない高齢者が多い!?特に高齢者は喉が渇いていなくても水分補給!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者熱中症
夏になると多くなるのが熱中症ですが、熱中症は水分をとることで予防することができ、喉が渇いてから水分を飲むという人も多いでしょう。

若い人であれば、喉が渇いてから水分を補給しても熱中症にならずに済みますが、高齢者は喉が渇く前に熱中症になって倒れてしまうことがあります。

高齢者の熱中症を予防するためには、喉が渇く前からのこまめな水分補給が必要なのです。

暑ければ室内でも発生する可能性が十分にある熱中症について知っておきましょう。

○高齢者は喉の渇きに気付きづらい?

成人の体の約60%は水で、できているのですが、高齢者の場合は約50%と水分量が約10%も減少します。

水分量が減少している高齢者は、水分を少しでも失うと危険な状態になりやすいとされ、喉が渇く前に、脱水症状を起こしている場合があります。

また、高齢者は若い時に比べて感覚が鈍くなっているため、喉の渇きがあっても感知することができず、そのまま脱水症状になってしまうことがあります。

水分が不足しているのに、喉が渇かないため水分が不足して、汗をかかなくて熱中症を発症してしまうことになります。

室内であればすぐに水分補給できるので、熱中症は起きにくいのですが、高齢者の場合は、喉の渇きに気付いていないので室内でも熱中症を発症する場合が多いです。

そのため、高齢者は喉が渇いていなくても夏には水分補給が大切になります。

○高齢者は汗をかきにくいので体温が上昇する?!

高齢者は、喉の渇きも気付きにくいですが、温度の変化にも気付きにくく、汗腺の機能が低下しているため、汗をかきにくい状態となっています。

熱中症は、水分が不足することによって発症することが知られていますが、水分が不足して発症するのは、汗をかかなくて体温が下がらなくなるためです。

高齢者の場合は、最初から汗をかきにくい状態なので、水分が不足していなくても汗をかかず体温が上昇して、熱中症になってしまうこともあります。

高齢者の場合は、水分を補給して熱中症を予防することも大切ですが、熱中症になりにくい環境を作ることも大切です。

どんなに水分を補給していても、蒸し暑ければ熱中症になってしまう可能性があります。
暑いと感じる場合は、涼しいところに移動するか、エアコンをつけるなどして、熱中症にならない環境を作りましょう。

○エアコンをつけて快適な生活を送るのが大切

最近、節約という言葉をよく聞くようになり、暑くてもエアコンをつけるのは我慢するという人が増えてきたようです。

私もある程度の暑さなら節約のため、我慢してエアコンをつけませんが、パソコンを使う部屋はパソコンが壊れると嫌なのでつけます。

節約をすることは非常にいいのことではありますが、倒れるような節約をする必要性なく、暑い夏の場合はエアコンをつけた方が良いのです。

ちなみに、熱中症で病院にいった場合、軽症なら1万前後のお金がかかり、入院するとなると5~10万円ほどのお金がかかるため、全く節約にならないことがあります。

さらにひどい場合は、腎不全を発症して、もっとお金が必要になりますから、節約どころではありません命にかかわります。

高齢者や子どもがいる家庭では、ある程度の暑さになったらエアコンをつけるようにしましょう。

30度以上の温度になると、扇風機が熱風になってくるので、30度を過ぎれば扇風機で我慢せずにエアコンを使うようにしましょう。

扇風機で我慢しようとして、扇風機の熱風で熱中症になることも少なからずあります。

死んでしまってはどうにもならないので、暑い日には積極的にエアコンを使い快適な夏を過ごしましょう。

○高齢者は特に暑い日は室内運動をして外での散歩はやめよう

高齢者の中には、散歩が日課という人もいるでしょうが、暑い日には熱中症の危険性がありますので、散歩はまた別の日に行うようにしましょう。

また、散歩は体の筋肉や骨を刺激するのに役立っているため、散歩をやめて何もしないと体が弱くなってしまいます。

そこで、散歩をやめた場合は、室内で軽い運動をすることをおすすめします。

私のおすすめはラジオ体操で、簡単かつ全身運動になります。

他にも、体の筋肉や骨を刺激する運動を行うと良いですが、危険な運動は避けるようにしましょう。

運動のために階段の登りおりして、こけて骨折したという人もおり、ケガをすると運動どころではなくなってしまいます。

エアコンをつけて、暑くない状態で自分ができる無理のない運動をするようにしましょう。

高齢者は皮膚感覚などが鈍ってくるので、熱中症に気付きづらくなります。

だから、暑い夏は、こまめに水分補給を行い予防しましょう。

また、家族に高齢者がいる場合は、水分をとるようにすすめて熱中症にならないように気にかけてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク