強い電磁波を浴び続けるとがんになる?!電磁波が与える体への悪影響を知っていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電磁波
もう当たり前になってしまっているので、私はパソコンやスマートフォンなどが無い生活を想像すると恐ろしいものがあります。

皆さんは、パソコンやスマートフォンなどの電子機器がない生活に耐えられるでしょうか?
一部の人は耐えられると言うかもしれませんが、いろいろな場所で活躍しているので、ずっと電子機器に触れないという生活の方がありえないものとなってきています。

そんな、日常生活とも関係が深い電子機器ですが、電子機器から発せられる電磁波が体に影響を与えているのではないかと心配されています。

身近な存在である電子機器の電磁波の健康問題について考えてみましょう。

○見えないけれど電磁波は影響を与える?!

飛行機に乗ると携帯電話は電源を切るか、機内モードにしてくださいといわれますが、これは携帯から出る電波によって飛行機が誤作動を起こさないようにするためです。

私たちは、電磁波を見たり、感じたりすることはないと思いますが、飛行機と同じように電磁波の影響を受けるとされています。

少こしなら、電磁波を浴びても問題はありませんが、長時間浴びたり、強い電磁波を浴びたりすると体調不調が出てきます。

また、電磁波を発している物は、携帯やパソコンなどのイメージがありますが、日常的に使用する家電製品も微量の電磁波を出しているといわれており、家電製品の近くにいると電磁波を長時間受けることになり、体への影響が懸念されます。

目に見ることができない、電磁波は私たちにどのような影響を与えているのでしょうか?

○電磁波による体への影響

電磁波を浴び続けるのは、体によくないことですが、電磁波を浴び続けるとどうなるか知らない人は多いでしょう。

私も、1年ほど前までは電磁波のことなんて気にせずに、枕元にスマートフォンを置いて寝ていましたが、悪い影響があったと思います。

電磁派を浴び続けることによって起こる可能性のある症状を覚えておきましょう。

電磁波は浴びると、頭痛、耳鳴り、めまい、集中力・記憶力の低下、睡眠障害、肩こり、疲労感などの症状があるとされていますし、がんに影響もあるとされています。

スマートフォンで通話をする際には、ほとんど耳につけて使うと思いますが、近づけると電磁波の影響を受けているはずです。

また、睡眠中に頭の近くに目覚ましとして、携帯を置くことがあると思いますが、睡眠中に常に、微弱の電波を受けることになり、寝つきが悪くなるかもしれません。

健康のためには、できる限り、電磁波を浴びないように心がけるようにしましょう。

○どれほどの影響があるかわかっていない?

人間は長時間電磁波を浴び続けると、体に不調が出るといわれていますが、どのぐらいの影響がでるかは、今はわかっていません。

電磁を浴びなくてもがんになることはありますし、電磁波を浴び続けてもがんにならない人も中にはいるでしょう。

ただ、電磁波は体に良さそうな物ではありませんから、電磁波を長時間浴びないようすることは良いのは確かでしょう。

また、徐々に影響を与えていく場合、電磁波と関連づけることが難しくなるため、気付いていないけど、電磁波で日常的に頭痛になっている人もいるかもしれません。

どの程度の影響があるかわかっていない部分もありますが、健康のことを考えて電磁波を浴びる量を少なくする努力をしましょう。

○電磁波は常に浴びないようするのが大切

これだけ電子機器があふれている現代社会で、電磁波を完全に浴びないように生活をすることは不可能です。

私は、今現在もパソコンの前に座っているので、絶対に電磁波を浴びてしまっています。
そこで、重要になってくるのが、電磁波を浴びない時間を作ることになります。

起きている時間に電磁を浴びないのは難しいですから、寝ている時に電磁波を浴びないようにしましょう。

まず、寝室には家電を置かないようすることが大切で、寝る部屋に家電を置くと電磁波の影響を睡眠中も受けてしまいます。

また、寝室にテレビを置く人もいますが、テレビはブルーライトがでて睡眠を妨げ、電磁波を発するので、できればテレビは、おかない方が健康に良いです。

それでも家電などがある人は、頭部の近くに家電がないようにしましょう。

携帯電話も電磁波を発するので、枕もとにはおかないでくださいね。

さらに、布団よりもベッドの方がコンセントや配線から出る電磁波を軽減させてくれるとされています。

最近では、電磁波を計測する機械が販売されていますので、気になる人は家の電磁波が場場所を探して、電磁波が強い場所で休まないようにしましょう。

私たちは、常に電磁波を浴び続けています。

できるだけ電磁波を浴びる量を軽減して、体への影響を減らすようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク