病的依存症を克服するためにはどうすればいいの?依存症を乗り越えるために必要なこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

依存症
皆さんは自分が何らかの依存症になっているのではないかと感じたことはありませんか?

依存症の中には、タバコ、ギャンブル、アルコール、スマホ、買い物など、いろいろな物があり、やめられなくて困っている人もいるでしょう。

私はスマホ依存症にならないように、スマホにはゲームアプリを極力入れないようにしています。

依存症は、場合によって生活に支障をきたしてしまうこともある心の病気なのです。

そんな病的な依存症はどうやって乗り越えればいいのでしょうか?

○依存症になっている人は多い?!

依存症といえば、タバコやアルコールが有名ではありますが、依存症の種類は非常に多く、なんでも依存症になってしまうのです。

私が知っている特殊な依存症には、ポイントカード依存症や日焼け依存症があり、そのほかにも、名前も聞いたことがない依存症が多く存在していると思います。

多くの依存症があるように、多くの人が依存症になっているといわれています。

皆さんには、これをやらないと気が済まないということはありませんか?

もしかしたら、それが依存症かもしれませんよ。

日常生活に全く問題がない依存症であれば良いですが、健康問題や、やめたいけどやめられな

いという人は、依存症について考えてみましょう。

○依存症を克服するためには家族の協力が大切!

依存症は、個人の意志だけでは治せない可能性が高く、周りの家族が協力することで、治しやすくなります。

だから、本人が依存症を治そうと考えた場合には、周りの家族も一緒に協力して治すことを誓いあいましょう。

本人だけでなく、家族が協力すれば、途中で逃げだしにくくなりますし、家族が監視するので、自制することができる場合もあります。

依存症を克服するためには、やめやすい状況を作ることが大切になります。

一度、依存症になると本人だけでは克服するのは難しいので、周りが最大限に協力して、依存症を阻止しましょう。

また、家族だけではやめらない場合は、病院に行くのも依存症をやめるためには有効な方法となります。

病院に通うことで、より依存症であることを自覚してやめられる場合もあります

さらに環境を変えることも重要で、依存するものが近くにあると、どうしても思い出してしまうので、依存する物ができるだけ近くにないようにすることで依存症が治る場合もあります。

できる限り、依存しにくい環境にすることが、依存症を阻止することになるのですね。

○自分が依存症であることを認識するのが大切!

依存症を治すために重要なのは、自分が依存症であることを認識することです。

自分が依存症であることをきちんと認識していなければ、やめようという意思が弱いのでやめられないでしょう。

誰かに、依存症ではないかといわれたら、自分のことを客観的にみて、自分が依存症であることを認識することが大切です。

軽症の依存症では、周りと比較して自分は、まだ大丈夫だと思う人がいますが、軽症であるほど、依存症から抜けやすく、依存が強くなれば、よりやめられなくなるので、あまり他人と比べるのはよくありません。

他人と比べて、まだ大丈夫だなと思うぐらいの時が、やめ時なのかもしれません。

やばいかもと思った時には、依存しすぎてやめられないことが多いのですよ。

依存症になると、周りが見えなくなって生活に支障をきたしてしまうこともあります。

依存症の人には、早い段階で、依存症であることを自覚させることが有効であり、家族が依存

症の場合には、日常生活にどのような影響が与えているのか示してあげましょう。

○危険性がない物に乗り換えよう!

依存症は、やめようと思ってもすぐに辞められるものではなく、意志だけで依存症を予防できるなら、多くの人が依存症から抜け出すことができます。

多くの場合、依存症をやめさせようとすると、イライラして、つい手が出てしまう物です。
しかし、依存症の人であっても、他の何かに集中している時には、依存の症状がでません。

だから依存症の人には、代償行為をさせて阻止すればいいのです。

もちろん代償行為は、危険な依存がない物に限られます。

スマホ依存症をやめるためにギャンブルを始めたら、ギャンブル依存症になってしまったら大変ですからね。

代償行為は危険な物でない限り、どんな物でもよく、タバコであれば、ガムを噛むことが多いようです。

他にも、スポーツや将棋、読書、コーヒーを飲むなどいろいろな物があります。

言い方は悪いかもしれませんが、安全な物に依存すれば、今までの危険な依存症から脱却できる可能性があります。

また、一つのもので依存症から脱却できない場合は、複数のものに挑戦し、気持ちを分散させることで、症状が少なくなって依存症から脱却できる場合もあります。

だから依存症から脱却するためには、いろいろなことに挑戦してみるのが良いでしょう。

依存症は誰でもなる可能性がありますので、依存症かもと思ったら早めに対処した方がいいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク