現代社会にも隠れて存在する脚気(かっけ)。ジャンクフードとお酒が原因!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

06601
脚気(かっけ)という病気をご存じだろか?

一昔前までは結構な使者が出るほど大変な病気だったが最近の子ども知らないかもしれない。

脚気は昔は多かったが現在では脚気の患者を見ることは少なくってきました。

しかし、現在でも少なからず脚気になる人はいます。

もしかしたら、あたはが脚気かもしれませんよ。

スポンサーリンク

脚気(かっけ)とは

ビタミンB1の不足によって起きる病気です。

脚気の初期症状は食欲不振が言われています。

次に出てくるのがだるさです。

特に下半身、足などのだるさ、倦怠感がでると言われています。

さらに進行していくと足だけにとどまらずに手にも症状が出て、手足に力が入らなくなり、寝たきりの状態になることもあります。

そして、最後には心不全をおこして、死に至る病気です

ビタミンB1が不足すると死に至るんですね。

ビタミンB1が不足しないようにしっかり摂りましょう。

もし、脚気の初期症状が出た場合は椅子に座って、膝下くぼみをたたいてもらってください。

あしが蹴りあげられれば正常です。

足が動かないと脚気かもしれません、病院へ行きましょう。

僕は大丈夫でした。

だるいなと思ったら以外に脚気だったっということもあるかもしれません。

日本と脚気

昔は何が原因で脚気になるかよくわかっておらず、死者を多く出しました。

日本では、江戸時代に入り、玄米から、白米に変ったことによって、ビタミンB1の摂取量が減少して、江戸を中心に脚気が流行しました。

そのため、脚気の別名を江戸患いと言います。

江戸を離れると、白米から玄米になることによって、脚気の症状が改善される人もいました。

また、原因は分かっていなかったものの蕎麦や麦飯を食べると脚気に効くことは分かっていたため、脚気が発生しやすい夏に武家などでは麦飯をふるまうことがありました。

しかし、脚気に麦飯が良いとわかっていても白米の方がおいしく、麦飯はあまり食べられずに脚気になって死ぬ人も多かったようです。

現在では治療法が分かっているため、脚気になっても死ぬ人はほとんどいませんね。

大正のころはビタミンB1が脚気の原因とわかっていたが、白米をたべて副食(ご飯といっしょに食べる料理)をあまり食べなかったこともあり脚気は流行して「脚気」と「結核」を二つ合わせて二大国民病という時期もあった。

日本は昔から脚気の被害にあってきているわけです。

しかし、1950年に栄養ドリンクの登場や食の改善もあったことにより、脚気が減少して国民病ではなくなり、脚気は昔の病気になっていきました。

日本に脚気が見られなくなったのはこのころからです。

ジャンクフードの到来

これにて、脚気が日本になくなるかと思いきや、ジャンクフードの到来によって脚気がまたも増えてきてしまうのです。

栄養バランスの取れた食事をし始めた日本人だったが、海外から到来した。

ジャンクフードのおいしさに目を奪われて毎日ジャンクフードを食べる人が出現しました。

ジャンクフードは美味しいけど、栄養バランスは優れていないことは現在ではいろいろなメディアによって取り上げられています。

インスタント食品や清涼飲料水、ジャンクフードばかり食べている若年層の栄養バランスが崩れ脚気が増えたのです。

ジャンクフードも良いですが普通の食事もしましょう。

ジャンクフードは栄養バランスがあまりよくありません。

21世紀に突入した現在でも、ジャンクフードばかりを食べている若者が脚気になることはあります。

もし、この記事を読んでいるひとでジャンクフードばかり食べている人は少し気を付けた方がいいですよ。

酒による脚気

脚気の原因は昔は栄養不足によるものでした、現在でもジャンクフードが原因で栄養不足になり脚気になる人がいますが、きちんと食事をしている人でも脚気になる人がいます。

それがアルコール性です。

ビタミンB1の主な働きは糖類の分解だと言われています。

そして、お酒の中にも糖類が含まれています。

大量にお酒を飲むことによって、糖分を分解するために大量のビタミンB1が必要になってくるわけです。

お酒を飲み始めのころは蓄積されていてビタミンB1によって大丈夫かもしれませんが、慢性的に飲酒をしてビタミンB1の摂取量より多くのビタミンB1が使われて行くといつかはそこを尽きてしまいます。

ビタミンB1は体に吸収されにくい物質であるため、きちんと食事をしているつもりでもお酒を大量に飲むとビタミンB1は徐々に減っていきます。

結果、アルコールの飲み過ぎによって脚気になってしまう人がいるのです。

お酒を大量に飲む人は豆類や肉類、魚などのビタミンB1が入った食品を食べるようにしましょう。

また、ネギやニンニク類にはビタミンB1の吸収を助ける働きがあると言われています。

一緒に食べることをおすすめします。

面倒な場合であれば、サプリメントなどでビタミンB1を摂取しましょう。

脚気は現代社会にも隠れて存在していることを覚えておきましょう。

栄養バランスを考えて脚気予防しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク