皆さんは新薬にどんなイメージを持っていますか?新薬は安心して飲める薬なの?それとも・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新薬
「新薬を処方してみましょうか?」といわれたことはあるでしょうか?

私は未だにそんなことを言われたことがないですが、新薬という言葉を聞いて皆さんはどう思うでしょうか?

新しい薬だから、性能が良くて風邪に良く聞くと思う人もいるでしょうし、新薬は危険性が高く怖い薬だと思う人もいるでしょう。

新薬という言葉を理解しても、新薬のことを意外に知らない人は多いと思います。

新薬とは、一体どんな薬なのかきちんと理解しましょう。

○新薬ができるまでの軌跡?!

新薬が販売されるまでには、いろいろな研究や試験をする必要性があります。

基礎研究で見つかった成分を試しに人間に投与して見ようなんてことは絶対ありませんし、そんなことをすれば死人がでてもおかしくありません。

基礎研究で薬として使用できそうな成分が見つかれば、まずはマウスなどの動物を使う非臨床試験を行うことになります。

その実験で安全性と効果が確認されることで、協力者に服用してもらうことになります。

動物で安全だったからといって、すぐに一般の人の販売されることはないのです。

そんなことをすれば、重大な副作用が見つかって、大きな問題になります。

薬の服用は万が一に備えて、入院して行うので、副作用が起きても協力者が死ぬようなことはほぼありませんし、元々死ぬような危険な薬は人に服用させません。

そして、やっと承認申請を行うことができ、認められれば薬を販売することが可能となりますが、一般的に新薬が販売されるまでに、10年~20年かかるといわれ、人に使用するものですから、開発が始まってから販売されるまでには、とても時間がかかるのです。

さらに、製造販売後も調査して、日常生活で副作用などが発生していないか見ることになります。

○新薬は信頼して飲んでも良い薬なの?

新薬で最も恐ろしい所は、新薬であるため、市場に出回った期間が短いことになります。

新薬と聞けば、未知の副作用があり危険なのではないかと思いそうですが、検査が繰り返し販売までには、10年かかっているので、新しくても製造期間のことを考えると新しいとはいえないのです。

10年もかけて、いろいろな実験をして安全性が確認されている薬であることを考えるとそれなりに安心と言えるでしょう。

ただし、新薬は製造販売後の副作用は確認できていないこともありますので、安全性に関していえば、どちらかというと古くから存在する薬の方が高くなります。

私の個人的な評価は、試験をしている薬なので、信頼して良いと思いますが、人それぞれ価値観は違う物なので、製造販売後に安全性が確認されてから使用したい人は、販売後1年は待って新薬を使うとよいでしょう。

新薬をすすめられても、他の適応する薬や治療方法があり、新薬に不安がある場合は、わざわざ新薬を使用する必要はないでしょう。

新薬の方がすべてにおいて優れているわけではありません。

○新薬の方が強い効果があるとは限らない?!

新薬は、今までの薬よりも良い効果が期待できる薬と思っているかもしれませんが、必ずしも新薬の方が古い薬よりも効果があるというわけではありません。

例えば、効果は強いけど眠気が強い薬は重度の症状の人に使い、効果は小さいけど、眠気を感じない薬は軽度の症状に使うなど使い分けができます。

どちらが先に開発されるかわかりませんので、効果については新薬の方が劣るということは良くあります。

そのため、新薬の方が必ず優れていることはなく、その人の症状や目的によって、古い薬の方が良い場合もあるのです。

ただ、新薬は昔の薬を改善するために作られることも多いので、新薬の方が優れているということもあります。

また、ほぼ同じ効果でも、相性がありますので、人によって薬を変更することもあります。

○新薬なら効果がでることもあります

今まで使用していた薬は相性が悪く、効果が薄いと感じている場合も、新薬とは相性がよくて、効果があったという人も多くいます。

慢性的な症状に悩まされて、薬の効果があまり感じられないという人がいる場合は、新薬に挑戦してみるのも、病気を改善するための方法の一つです。

ただ、新薬の方がより体に合わないということもありますので、そういった場合は元の薬に戻してもらいましょう。

また、一般的に薬が自分の体にあっていないと感じる時は、主治医に相談して薬を変えてもらった方が、病気を早く改善することに繋がります。

薬の種類によっては、服用して1週間かかって効果が表れることもありますので、主治医にもう少し続けましょうといわれたら、素直に同じ薬を使うのがおすすめです。

新薬は、基本、安全であり、時と場合によって新薬と既存の薬を使い分けることが大切だということではないでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク