北海道で年間20人が感染するエキノコックス感染症!発症すると死亡する可能性もある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エキノコックス感染症
北海道には、多くの自然が残っておりキタキツネが生息していますが、キツネは恐ろしい寄生虫のエキノコックスに感染している可能性が多いとされます。

エキノコックスは、キツネに感染しても、無症状で終わりますが、人に感染すると肝機能障害を発症させ、死ぬこともあります。

だから、キタキツネは、かわいいですが、エキノコックスに感染しないように十分に注意しないといけません。

○人がエキノコックスに感染するとどうなる?

エキノコックスは、キツネを宿主にしていることが多い寄生虫で、キツネの糞便に虫卵が含まれることが多いとされています。

このエキノコックスが含まれる糞便に近づき、体内に侵入されると、エキノコックス感染症になるとされ、北海道では年間10人~20人が新規感染者になっているとされています。

エキノコックスは、人に感染すると、ほぼ肝臓に病巣を作り5~20年ほどかけて、大きくなり肝機能障害を発症させます。

大きくなるまでは、無症状で検査などをしなければ見つけかることはなく、CTなどを取ると肝臓がんと間違われることもあるようです。

一般的に、若い人ほど進行が早く、子どもであれば5年で症状が出始めるといわれています。

自覚症状が出る前であれば、外科手術をすれば回復し、自覚症状がでた後は亡くなる可能性が高いとされます。

症状は、だるさ、肝機能障害、黄疸などで、治療が遅くなればなるほど、治療が難しくなるので注意しましょう。

毎年、エキノコックス症により、数名の方が亡くなっているのですよ。

○エキノコックスに感染している動物たち

エキノコックスに感染している動物といえば、キツネが有名ですが、キツネ以外にも、犬や猫、ネズミなどにもエキノコックスが感染するとされています。

キツネ、犬、猫は、エキノコックスに感染したネズミを捕獲して食べることによって寄生されるとされ、ペットが感染している例も少なからずあります。

ペットの糞便に虫卵が排出され、掃除などの際に体に付着し、口から体内に入って感染するとされています。

猫は、犬に比べてネズミを捕獲する可能性が高いので、感染する可能性は高いですが、虫卵を排出しにくいとされ、猫が感染源になる可能性は低いとされます。

ただし、可能性は少なからずあるので、エキノコックスに猫が感染した場合は、早急に対処する必要性があるでしょう。

キツネ、犬、猫ともに、エキノコックスに感染しても、無症状の場合がほとんどのため、感染していることに気づかない場合が多いとされます。

外に出して、ネズミを捕獲したなどで、感染している可能性がある場合は、獣医に糞便を検査してもらえば良いでしょう。

感染している場合は、駆虫薬で対処することが可能とされます。

○エキノコックスの主な感染経路

エキノコックスの主な感染経路は、動物の糞便、汚染された食品、川や井戸の生水とされます。

特にキツネと犬の糞には注意する必要があり、北海道内の犬の1%ほどがエキノコックスに感染しているといわれています。

道内飼育で放し飼いにしている犬は、糞便を適切に処理し、犬と触れ合った後は、手洗いをしっかりすることが大切になります。

また、外で育てられた野菜にもエキノコックスが付着している可能性は十分にありますので、こちらもそのまま食べるのはやめて、キレイに洗ってから食べるようにしてください。

熱に弱いので、加熱調理することで、エキノコックスを死滅させることが可能とされます。

さらに、道内の井戸や川の水にもエキノコックスがいる可能性はありますので、むやみに生水は飲まず、一度沸騰させて飲むのが適切とされています。

そして、エキノコックスは、人から人やネズミから人へ感染することはありません。

適切に処置することができていれば、寄生されている動物に触れても、感染しない場合もあります。

寄生している可能性がある動物に触れ合わないことも大切ですが、動物に触れあった後はしっかりと手洗いをしてから、物を食べるようにしましょう。

もし、エキノコックスに感染しているのではと、気になった場合には、エキノコックスに感染していないか検査してみることをお勧めします。

北海道に住んで5年以上経っている人や、キツネに触れた人や、ネズミを食べた犬を飼っている人は、一度検査を受けてみた方が良いとされています。

○北海道以外にも広がる可能性もある?!

エキノコックスは、基本的に北海道で起きる病気で、本州ではあまり確認されていませんが、北海道からきた動物に感染して、本州にエキノコックスが広がる可能性は0ではありません。

実際、北海道にいた動物がエキノコックスを持って本州に来た例もあります。

むやみに、エキノコックスを恐れる必要性はありませんが、北海道に旅行に行く際には、エキノコックスに感染しないように注意しましょう。

また、本州にもキツネが生息していますが、本州に生息するキツネはエキノコックスに感染していないといわれています。

特に北海道に行く場合や住んでいる人は、エキノコックスに感染しないように注意しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク