大人だからこそ受けた方が良い任意の予防接種!大人になって感染すると重症化しやすい病気はたくさんある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人も予防接種
予防接種といえば、子どもの時に受けるイメージが強く、大人になってからは、インフルエンザの予防接種ぐらいしか受けない人が多いのではないでしょうか?

子ども時に予防接種がされるのは、リスク高い病気から子どもを守るために行われますが、大人になったら危険性が下がるというわけではありません。

大人もリスクの高いウイルス感染症にかかる可能性は十分にあります。

大人だからこそ予防接種を受けた方が良い場合もあるのです。

病気にならないためにも予防接種を受けることは大切!?定期接種は無料の予防接種!

○変化していく予防接種!?

子どもたちが受けている予防接種は、少しずつ変化しており、予防接種の回数が増えていていたり、ワクチンの種類が変わっていたりします。

これは、昔の予防接種では回数が足りない、効果が薄い、免疫の獲得できないなどの問題がわかったためです。

予防接種は年を重ねるごとに、少しずつ改善されていくものなのですね。

年を重ねて改善されているということは、改善される前に予防接種を受けた人は、予防接種の効果が薄い、免疫力が弱い、回数が足りていないということになります。

つまり、大人は十分な免疫力を持っていないままになっている可能性があり、リスクの高い病気にかかりやすい可能性があるというわけです。

そのため、大人も予防接種を受けた方が良いといわれているのです。

○大人の方が重症化しやすい病気もある?!

大人は子どもより免疫力が高く重症化しにくいと思っている人も多いでしょうが、すべての病気で、大人の方が重症化しにくいというわけではありません。

予防接種が推奨されているウイルスの中には、大人になってからの方が重症化しやすい病気は多くあります。

例えば、おたふく風邪や風疹、水疱瘡などは、大人になってから感染する方が重症化しやすく危険とされます。

また、麻疹や風疹は妊婦が感染すると胎児に悪影響を及ぼす危険性がある病気です。

このように、大人でも安心できないウイルスは多く存在しているのです。

○子ども時に予防接種を受けた記憶があっても安心できない

予防接種の回数や種類は、少しずつ変化しているので、子どもの頃に予防接種をした記憶があってもウイルスに感染しないと安心はできません。

麻疹を例に挙げると、平成2年4月以降に生まれた子どもは2回摂取していますが、それ以前に生まれた子どもは接種回数が1回の可能性があり、摂取回数が足りていないかもしれません。

つまり、麻疹の予防接種をした記憶があっても回数が足りておらず、免疫力が不十分で感染する可能性があるのです。

さらに、免疫力は予防接種をしてから常に高い状態というわけではなく、年齢を重ねると免疫力が下がるのが普通です。

そのため、風疹の予防接種を受けた人の中にも、大人になってから、風疹に感染した例はあり、予防接種を受けたからといって安心できないのですね。

そのため、打ったことが無い人、足りない人、リスクが高いウイルスは、追加して予防接種を受けた方がいいのです。

免疫が獲得できていても、追加でワクチンを接種すると、再び活性化されるので、気になる人は回数が足りていても再度、予防接種を受けても良いでしょう。

ただし、変異が大きいウイルスではありませんので、インフルエンザのように毎年予防接種をする必要性はなく、目的に合わせて接種することが重要です。

○感染したことがあるなら予防接種を受ける必要性は無い!

予防接種の免疫獲得は、本当にウイルスに感染した時に比べて弱いといわれています。

これは、予防接種に使用されるウイルスが、弱毒性や不活性と呼ばれる状態で、人間が病気にならないように作ってあり、免疫機能は強く働かないためです。

対して、おたふく風邪や風疹、水疱瘡などは予防接種ではなく、本当にウイルス感染した場合は、強い免疫がつきやすいため、基本的に二度と同じウイルスに感染することはないとされます。

そのため、予防接種の回数が不足している場合や予防接種を受けていない場合であっても、改めて予防接種を受ける必要性はありません。

ただし、血液検査などをせずに症状だけで、感染したと思っている場合は、他のウイルスである場合もあり、抗体が獲得できていないこともあります。

多分、感染したことがあるという場合には、予防接種を受けておくと安心でしょう。

ちなみに、任意での予防接種なので、子ども時のように無料ではありません。

しかし、感染した時の危険性を考えると有効なので、任意で予防接種を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク