大きな病院へは直接行ってはいけない!?初診料に5000円以上かかって長時間待たされるだけかも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大規模病院
病気になった際には、大きな病院に行った方が、きちんと診察してもらえるというイメージを持っている人も多くいるかもしれませんが勘違いです。

適切な診察を受けたいと考える人は、まずは小さな病院を受診してもらい、対処ができない場合は紹介状を貰ってから大きな病院へ行くようにしましょう。

大きな病院は、2016年の4月から、飛びこみで診察すると5000円以上のお金が取られるようになりました。

病院のシステムを理解しておかないと、お金を無駄にするだけで、良い診察が受けられないかもしれませんよ。

○どこから大規模病院になるの?

大規模な病院は、病床が200床以上あるところとされ、200床、未満であれば中小規模の病院になります。

現在、日本では直接、大規模病院に通院する人も多いのですが、大規模病院の多くは中小規模の病院に行ってから来てほしいと思っています。

そのため、政策として大規模病院では初診時に、5000円以上という大金を取る制度を作ることになりました。

この初診時の5000円は、良い診察してもらうためのお金ではありませんので、5000円払っても中小規模の同じ診察になります。

また、病院としては、一度来院された患者を正当な理由が無い限り断ることはできませんから、大規模病院に来てほしくないからといって、拒否することはできません。

理由がなくて断れないので、初診の料金を高くして対応することになったのです。

○大規模病院は手術などの高度の医療を行うところ!

大規模病院は、中小規模の病院に比べて、多くの診療科目があり、医師も多くいます。

また、お金もあるので、手術に使用する器具もそろえることができており、設備が非常に充実しています。

一般的に大規模病院に直接いく理由は、設備が充実しているためですが、手術道具の設備が良いだけで、通常の診察であれば、使用する設備は中小と大差がありません。

大規模病院の良さがでるのは、手術や検査などの高度の医療が必要とされる時であるため、大規模病院の主な目的は、診察ではなく手術や検査だと思っても良いぐらいなのです。

そのため、軽い怪我や風邪などで、大規模病院で診察する必要性はないのですね。

大規模病院は、高度医療と入院が必要な患者のための病院なのです。

○大規模病院を圧迫する通常診察!?

大規模病院の存在する理由は、高度な医療の提供になりますが、手術などをする場合には、担当の医師は、数時間は手術室に拘束されることになります。

手術には、執刀医だけでなく、麻酔科医や助手などもいますので、手術を一件行うと長時間、多くの人が必要になります。

その他の診察も、高度な医療器具を使用すれば、いろいろと時間がかかる物なのです。

つまり、飛び込みできた患者を診られるような時間は、大規模病院の医師には少ないのです。

それよりも、大きな病気にかかっている入院患者を診察する方が、大規模病院の医師にとっては大切になります。

逆に、通常の診察が医師の時間を奪い、問題にもなっていると言われているのです。

飛び込みの診察のために、1日の手術件数を調節したりするのは、病院側や入院している患者にとっては良い状況といえません。

また、手術が終わったのに飛び込みで来る患者のために、診察すると休憩が少なくって、疲労がたまり、手術のミスに繋がる可能性もあるのです。

だから大規模病院に直接行くことの意味を、私たちはきちんと理解する必要性があるのです。

○大規模病院の医師は診察が下手かもしれない?

大規模病院の医師は、通常の診察に向いているわけではありませんので、診察に関してはいろいろな診察を行ってきた、中小規模の病院の方が上手いこともあります。

時間に追われているので、診察や説明が少しいい加減になることもあり、高いお金を払っているわりに、中小規模の病院以下の診察精度である可能性も十分にあります。

しかも、医師は日々手術に追われているので、行くたびに医師が違って、方針が毎回変わる可能性もあります。

すべての病院で、このようなことが起こるわけではありませんが、軽い症状での診察の場合は、規模の小さい病院の方が大規模病院よりも、丁寧に診察してくれるのです。

さらに、体調が悪いのにも関わらず、飛び込みは優先順位が低いため、数時間待たされるということもあります。

どう考えても、最初は中小規模の病院に行って診察をしてもらった方がお得です。

中小規模の病院で、大規模病院で高度な診察などが必要な場合は、紹介状(診療情報提供書)が渡されるので、それを持って大規模病院に行けばよいのです。

しかも、紹介状があれば、初診に必要な5000円が必要無くなるので、2回病院に行ったのに、直接、大規模病院に行くよりも安いのですよ。

皆さんも大規模病院の特性を理解して、直接、大規模病院に行かないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク