顔が赤くなる赤ら顔は血行不良になっている証拠?赤ら顔の原因と対処方法を知りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ら顔
運動後やビールを飲んだ後、緊張した時などに、顔が赤くなりますが、これらを総称で赤ら顔といいます。

赤ら顔が良く起きるという人はいますが、危険性はない場合が多いので、無視されることも多いようですが、顔は人に良く見られる部分なので、悩んでいる人も多くいます。

私も運動した後に、顔が赤くなっていることがあり、昔は気になっていました。

顔が赤くなるというのは、一体どのような変化が起きているのでしょうか?

○顔が赤くなるというのは一体どんな原理なの?

お酒を飲んだ時や緊張した時、寒い時など一時的に赤ら顔になるのは、顔の血行が良くなっている証拠だとされ、温かい血液が顔に送られるので、顔が赤くなり顔が熱くなることも多いようです。

顔の血管が拡張することによって、顔に血液の色が出るようになるためで、健康面的には基本的に問題が無いとされています。

特に、寒さやお酒を飲んだ時に発生する物は、生理現象であるため、気にしない方が良いでしょう。

寒いのに、顔が赤くならないというのは、逆に危険な状態かもしれません。

緊張によって、顔が赤くなることも多いですが、体質による物なので、緊張によって赤面することは基本的に気にする必要性はありません。

それよりも、赤面を気にしすぎることによって、赤面恐怖症になる方が問題といえるでしょう。

人前で顔が赤くなるのが気になるという人もいるかもしれませんが、あまり気にしないことをおすすめします。

一時的に起こる赤ら顔は、体質によるものであることを理解して、あまり気にしないようにすればいいのです。

皮膚が薄い人や、肌が白い人は、赤ら顔になりやすいですが、健康的には問題ありませんので、無視して生活をしましょう。

○赤面恐怖症になってしまった場合には?

人前で赤面した場合は、気にしないことが一番であり、気にすればするほど、精神的な影響で赤面することもあります。

赤面は精神的な物もあるため、気にするとより顔が赤くなりやすくなりますので、気にしないことが大切です。

顔が赤くなりやすい人は、普通にいるので周りは基本的に気にしていないことを理解しましょう。

また、マスクやサングラスなどで、赤面症状を回避しようとすると、その場はいいですが、対人関係が苦手になって、マスクなどを付けていない時は、よりひどくなる場合もありますので、顔を隠すような対処方法はおすすめできません。

赤面が気になる人は、気にしないことと、人と対面することになれることが重要になってくるでしょう。

○慢性的な赤ら顔は鬱血によるものかも?

一時的に顔が赤くなるのは、血管が拡張して多くの血液が流れるためですが、慢性的な赤ら顔は、血流が滞り鬱血している状態かもしれません。

鬱血とは、静脈の血が上手く流れずに滞っている状態のことを指しますが、顔が鬱血をすれば、多くの血が顔にとどまるので顔の色が赤くなります。

つまり、慢性的に顔が赤くなっている人は、血行が悪くて血液が滞っている可能性があります。

血流が滞る原因として、最も考えられるのは、運動不足によるもので、家で動かない人が

慢性的な赤ら顔に悩まされることになります。

運動は一時的に顔を赤くする可能性がありますが、慢性的な赤ら顔には有効な手段となっています。

運動していないのに、顔が赤くなると思っている人は、運動することによって改善されますので、運動をして赤ら顔を治すようにしましょう。

運動して鬱血が改善されれば、赤ら顔を治すことも可能となります。

○慢性的な赤ら顔は、他の疾患も関係する?

慢性的な赤ら顔は、血行不良が起きている状態になりますが、血行不良は、冷え性や、新陳代謝の減少、肥満などの原因にもなります。

肌のこと健康のことを考えると、早く血行不良を改善した方がよいので、赤ら顔が慢性化している時は、すぐに運動を始まるようにしましょう。

運動をすれば、赤ら顔だけでなく、生活習慣病の予防にも役立ちます。

また、年齢が上がるほど、血行が悪くなるものなので、気づき始めに対処しないと、治すのに時間がかかることもあります。

慢性的な赤ら顔を治そうという人は、早めの対処が大切なので、先伸ばしにしてはいけませんよ。

○赤ら顔で病院へ行く必要性はあるの?

赤ら顔は、すぐに危険な状態になるという病気ではありますので、病院に行く必要性なく、運動不足を改善してやれば良いでしょう。

ただし、赤面恐怖症などになっている場合は、精神科に行ったり、カウンセリングを受けたりした方が良いという場合もあります。

赤ら顔は誰でも起こる症状なので、気にしないことも大切ですし、慢性的な赤ら顔は運動で解消できることを理解しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク