虫刺されかも?!虫刺されってどんな虫がいるの?痒い・痛い・腫れるなどの虫刺されの原因となる虫達。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫さされ
私たちが、最も刺されることが多い虫といえば蚊だと思いますが、蚊以外にも私たちを刺す可能性がある虫は多く存在しています。

私たちを刺してくる虫は、意外と多いので、代表的な虫とその特徴について覚えておきましょう。

対処方法を間違うとより痒みや痛みが増してしまうこともありますよ。

○伝染病の原因になることもある蚊

私たちが最も刺される可能性がある虫といえば蚊であり、刺されると痒みを伴います。

痒みが出るのは、蚊の唾液にアレルギー反応を示すため、蚊の唾液は人間の血液をかたまりにくくして、人間の血液を吸うのに役立っています。

蚊は、だ液を始めに体内に注入してから、血液と一緒に吸い込むため、吸う途中で蚊を叩くと唾液が残る量が多くなり、痒みが強く広くなる可能性があります。

刺された段階で痒みがでますので、痒みを弱くしたい場合は、吸わせた後に飛び立った蚊を叩くのがおすすめです。

刺した後の蚊は、スピードが非常に遅いので、叩きやすいですし、吸っている最中の蚊を叩くと蚊の口が体内に残ることもあるので、刺される前か、刺された場合は、吸い終わった後に叩くのが良いのですね。

また、柱などの高い所や、水辺の近くで多量の蚊のような虫が大量に発生していることがありますが、ほぼユスリカと呼ばれる刺さない虫なので、放置して良いでしょう。

さらに、蚊は世界で一番人間を殺している虫といわれ、伝染病をばらまいて、人を殺していますが、日本ではあまり耳にすることはありません。

日本でも、日本脳炎と呼ばれるウイルスを持った蚊が存在しているとされますが、予防接種をしているはずなので、感染者は滅多にいません。

日本脳炎よりも、海外からくるマラリア、テング熱、ジカ熱などの方が危険視されています。

日本の蚊は、危険性が少ないので、刺された程度で病院にいく必要性はなく、塗り薬を塗っておけば大丈夫ですが、なんらかの体調の変化がある場合は病院を受診しましょう。

○飛んで襲ってくれる危険な蜂

蜂は、非常に危険な昆虫で素早く飛んで襲いかかってくるため、逃げ切れずに刺される人も多くいます。

蜂が人間を刺すのは、自分や巣を守ろうとする防衛反応であり、騒いだり、巣や蜂に近づいたりしなければ刺してきませんが、気づかずに近づいて刺される可能性もあります。

蜂といえば、スズメバチが危険な印象がありますが、毒の強さはミツバチの方が強いのです。

ただし、一度に注入する毒と、凶暴性に違いがありますので、スズメバチの方が危険となっています。

スズメバチに刺された場合は、危険なのですぐに病院に行った方が良く、2度目はアナフィラキシーショックを起こしやすくなるので、1度目よりも危険性が高くなります。

ミツバチであっても、アナフィラキシーショックを起こす可能性は十分にありますので、蜂にさされて体調の異変を感じた場合は、ミツバチであっても皮膚科に受診した方が良いでしょう。

もう知っている方も多いと思いますが、蜂に刺された場所に小便をかけても意味がないので、絶対に小便をかけないでください。

衛生的に考えても問題があるとされます。

また、口で毒を抜くのも良くないので、手か専用の道具で絞りだし、流水で洗い流してから冷やして病院に行きましょう。

○地を這って襲ってくるムカデ

ジメジメしたところが好きで、見えないところに隠れていることもあるムカデも刺してきます。

私は刺されたことは無いですが、山間部だと、室内にムカデが侵入し、夜中に人を刺してくるということもあるそうです。

ムカデに刺されると、強い痛みが出ますが、ムカデの毒はタンパク質であるため、熱に弱く、熱を食えると変質してしまうという特徴があります。

虫刺されは、冷やすと良いと勘違いされやすいですが、ムカデは逆なので覚えておきましょう。

そのため、ムカデに刺された場合は、43度以上の熱めのお湯で患部を温めれば、痛みが消えます。

ただし、40度が最も毒が活性化し、熱すぎると火傷をしますので、熱いけど火傷はしない程度にしないと痛みが強くなり、最悪、火傷で皮膚科に行くことにもなります。

また、弱酸性ではない、石鹸やシャンプーで患部も洗うのも効果的なので、風呂場で洗い流して、患部を温めるのが良いでしょう。

○毛虫に刺されたらピンセットとセロテープ

毛虫は、あまり見る機会が無いかもしれませんが、子どもが木登りをして誤って触り刺されるというケースが多いようです。

毛虫は、体の周りに多くの毒棘を持っているので、刺されるのは、一か所ではありません。

種類よって、棘の形状に違いがあり、ピンセットで取れるサイズの物から、見えずにセロテープで取ることが推奨される物もあります。

素手で触ると棘が奥まで刺さることもあるので素手では取らないでください。

その後、患部を水で洗い流し、氷などで患部を冷やして、皮膚科へ受診するようにしましょう。

軽症であれば、ステロイド軟膏などを塗って治すことができますが、痛みが強い場合は病院に行ったほうが良いでしょう。

○以外にもカメムシが刺してくることもある?

臭い害虫としてのイメージが強い、カメムシですが、カメムシは触ると刺してくることもある虫になります。

死ぬほどの毒性はないのですが、刺されるとビックリするほど痛く、蜂よりも痛いといわれています。

洗濯物についたカメムシに刺されたという話しを時々聞きますので、十分に注意してください。

カメムシは臭いですし、刺されるとかなり痛いので、触らずに撃退しましょう。

アレルギー反応を示すこともありますが、基本的に激痛だけなので虫刺されの薬を塗っておけば大丈夫とされますが、心配なら病院に行くと良いでしょう。

間違ってもカメムシを触って遊んだりしないでください。

このほかにも、多くの虫が人を刺す可能性がありますので、虫に刺されないように注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク