症状が治まっても水虫は治っていない?水虫を治すためには症状が治まってから3ヶ月は薬を使い続ける必要性がある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水虫
夏の蒸し暑い季節になると、水虫が再発するという人は多く、水虫は治っていると思っていても再発する病気と思っている人も多いのではないでしょうか?

水虫は、夏になると活発になり、冬になると治まることが多いですが、冬は症状が治まっているだけで治っているわけではないかもしれませんよ。

毎年のように足の痒みに悩まされている人は、水虫の治療法が間違っている可能性があります。

水虫を発生させないためには、最後まできちんと治療する必要性がありますよ。

○水虫の原因となる白癬菌は冬が苦手なので症状が出ないだけ?

水虫の原因の白癬菌は、高温多湿を好むカビの一種で、夏になると活発に活動します。

しかし、乾燥している寒い冬は、白癬菌にとって、過ごしにくい環境なので、活動が低下します。

だから、水虫の原因である白癬菌が居ても冬は症状がでない場合があるのです。

白癬菌は冬の間、角質の中で、じっと夏になるのを待ち続けており、夏になると再び活性化して痒みなどの症状が現われます。

これが、水虫が夏になると毎年発生する理由であり、水虫は人間の治癒力では完全に撃退することができないので、確実に治すためには薬に頼らなければなりません。

一度、水虫になると自力では治せないとされていますが、薬を使ってきちんと治療をすれば、ほぼ確実に治るといわれており、水虫を治したいという人は、薬を使って治す必要性があります。

水虫が治ったと思って、水虫の治療を途中でやめてしまった人はいないですか?

○症状が治まっても水虫が治ったとは限らない?

薬を使って、症状が治まると水虫が治ったと思ってしまいますが、水虫は角質の奥に隠れているので、症状だけで判断してはいけません。

実際に、冬になると水虫の症状は治まりますが、白癬菌は角質内で生きているため、夏になると再発して、症状が治まっても白癬菌が少しでも住んでいれば、再び症状がでることはわかっています。

水虫を確実に治すためには、水虫が治まってから3か月間、薬を使い続ける必要があるといわれ、軽い水虫であれば、症状が治まるまで1カ月かかるので、最低4カ月で水虫を完全に治すことができます。

しかし、水虫は症状が進行するほど、症状が治りにくくなるので、爪水虫などになると半年~数年薬を塗り続ける必要がある場合もあります。

水虫は治らないものではありませんが、放置するほど治療にかかる時間が伸びますので、水虫になったら、早い段階で水虫を治療することをおすすめします。

そして40代以上になると、皮膚のサイクルが遅くなるので、少し長めに薬を塗ることをお勧めします。

また、爪水虫も治りにくいので、症状が治まった後も少し長めに薬を塗るようにしましょう。

水虫の治療を途中であきらめて、再発されるとまた、1から薬を塗りなおさないといけなくなります。

○爪水虫やしつこい水虫は病院に行きましょう!

水虫は、市販薬でも治る時代になっていますが、爪水虫やしつこい水虫は自分だけで治すのが難しいこともありますので、皮膚科に受診することをおすすめします。

市販薬は、塗り薬が一般的になりますが、皮膚科を受診すれば、水虫の飲み薬を貰うことができます。

爪水虫などの場合は、薬が菌まで届きににくいこともあり、治療が遅れるので、体の中から治すのが有効な手段となっています。

また、水虫だと思っていても、他の病気だった場合は、市販薬で水虫の治療をしても一生治りません。

水虫以外の病気を早く見つけるために、しつこくて一向に治らない場合は皮膚科に受診することをおすすめします。

足が痒くなる病気は水虫以外にもありますので、気になる方は皮膚科に足を運びましょう!

○水虫の治療後は再感染させないことが大切

水虫になっている人は、非常に多いといわれ、白癬菌はいろいろなところで貰ってきてしまいます。

だから、根気よく治療を続けて、水虫を治しても再び水虫になることはあります。

そのため、水虫を治した人は、再感染しないように注意する必要性があり、足を洗うことが重要になります。

白癬菌はいろいろな所に存在していますが、感染力は、そこまで高くないので水で足をキレイに洗えば、白癬菌の感染を予防することができます。

その際、キレイなタオルで水をしっかりとふき取りましょう。

白癬菌は、湿気のある場所で約1日かけて感染しますので、キレイに洗って湿気をふきとれば感染する可能性は低くなります。

ちなみに、足から落ちた白癬菌は1週間も生きるといわれるので、すべての白癬菌を避けきるのは至難の業になります。

水虫になったら早めの治療で完全に治して、水虫にならないように足を洗って予防ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク