ヨーグルトを食べるとメタボリックシンドロームの予防になる!太っている人はガセリ菌を摂取してみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガゼリ菌SP株
お腹を見るとプヨプヨしていて脂肪が気になるという人がいると思いますが、ヨーグルトを食べることで、改善するかもしれませんよ。

ヨーグルトに含まれるガセリ菌(乳酸菌の一種)がダイエット効果とメタボリックシンドロームの予防効果があるといわれています。

お腹の周りのお肉が気になり始めたという人は、ガセリ菌を摂取して、腸内からダイエットを始めてみましょう。

○太っている人の腸内環境は悪い可能性が高い!?

太っている人は、多めの食事をとり、油物やお肉、スイーツなどを多くとっていると思います。

油物やお肉などは消化が悪く、腸内の悪玉菌を増やし、善玉菌を減少させるといわれ、腸内環境を悪化させる原因になります。

そのため、太っている人は、腸内環境が悪い人が多いと考えられ、便の臭いも強いものになるとされます。

腸内環境は、便秘や下痢、免疫機能、肌荒れ、肥満、生活習慣病にも密接な関係があるといわれており、腸内環境が悪いことで、いろいろな病気にかかる可能性が上昇します。

肥満も腸内環境によって悪化する物の一つで、腸内にはデブ菌と呼ばれる不要な物の吸収を促進する菌がありますが、腸内環境が悪化するほど活動が活発するといわれています。

だから腸内環境を整えることは、肥満を防止することに繋がるのです。

○ガセリ菌SP株で内臓脂肪が減少する!

ガゼリ菌SP株の入ったヨーグルトを毎日2回食べることで、内臓脂肪が減少することが臨床試験で確認され、日本乳酸菌学会が発表しています。

他の乳酸菌でも内臓脂肪が減少する可能性はありますが、ガセリ菌は試験でも確認されているので、内臓脂肪を減少させたいと考える場合は、ガセリ菌SP株がおすすめになります。

そしてガセリ菌は、皮下脂肪よりも内臓脂肪を優先的に燃焼してくれるため、メタボリックシンドロームの予防により有効であるとされています。

人間の脂肪はどちらかというと、内臓脂肪の方が健康に悪いため、できれば内臓脂肪を優先的に燃焼したいので、ガセリ菌はおすすめです。

人によってはガセリ菌SP株が体に合わず、軟便や下痢を起こしてしまうことがあるかもしれません。

ガセリ菌SP株が体に合わない場合は、他のヨーグルトを摂取すると良いでしょう!

ガセリ菌SP株以外のヨーグルトでもメタボリックシンドローム予防になる可能性があります。

○ダイエット目的でヨーグルトを食べるときはタイミングが大切?

ヨーグルトといえば、朝食に取るイメージがあるかもしれませんが、ダイエットを目的にしている場合は、朝よりも夜にヨーグルトを摂取することがおすすめです。

腸のゴールデンタイムは、22時~2時といわれており、この時間帯に腸にヨーグルトを到着させれば腸内環境を改善しやすいとされています。

ダイエットは、腸の改善が大切になりますので、腸が最も働きやすい時間に合わせるのが有効です。

ただし、ヨーグルトを朝食にしてはいけないというわけではないので、寝る前にヨーグルトを摂取したくないという人は、朝食や昼の食後などにしてもさほど問題ありません。

ヨーグルトを食べる上で最も大事なのは、継続して食べることで、自由に時間を決めていいので、日常的にヨーグルトを摂取するようにしましょう。

3日坊主では、ヨーグルトの効果を感じることはできません。

ヨーグルトは、種類によって効果に差が出るとされているので、目的にあったヨーグルトを食べることが必要とされます。

内臓脂肪が燃焼され、他の効果を得たいという人は、ヨーグルトの種類を変えてもいいでしょう。

まずは、健康のためにも腸内環境を良くする努力を始めましょう!

○食物繊維を使って腸内のキレイにすることも大切

腸内の環境を良くしてくれるのは、乳酸菌だけではなく、食物繊維も腸内環境を良くします。

ヨーグルトを良く摂取する人でも、食物繊維が不足すると便通が悪くなり腸内環境が悪化することがあります。

よくヨーグルトを摂取しているけど、腸内の環境が悪いという人は、食物繊維の多い食品を食べるようにしましょう!

内臓脂肪を燃焼させて痩せたいという人は、ガセリ菌SP株を摂取して体の中から痩せる準備を始めて健康になってはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク