平均寿命を延ばすよりも健康寿命を延ばすことが大切!健康的で楽しい長寿を目指してみる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康寿命
日本人の平均寿命は、男女ともに80歳を越え、世界的な長寿大国となっており、健康寿命とは10年ほどの開きがあるとことを指摘されています。

健康寿命は、日常的な生活が介護なしで生活できる期間のことで、平均寿命と健康寿命の差が介護をしている期間になります。

健康寿命を延ばしてできるだけ、介護を必要せず楽しく生活できるよう努力をはじめませんか?

できるだけ、健康寿命を長くするためには、早くから体を鍛えて備えておくことが大切になります。

○楽しい生活をおくるためには健康寿命を延ばすことが大切!

健康寿命は、日常生活が介護なく行える期間のことで、平均寿命よりも健康寿命を延ばすことが大切といわれることがあります。

日本では健康寿命と平均寿命には10年ほど開きがありますが、この差は自立した生活ができずに車いすや寝たきりで過ごす期間や、認知症を発症し支援や介護が必要になっている期間です。

せっかく長生きできても、寝たきりや車いすの生活で外には思うように出られなかったり、認知症で自分の名前がわからなかったりしては、楽しく有意義な生活をおくれていないのではないでしょうか?

そして、そんな状態であれば、家族も大変になります。

80歳まで長生きするなら、最後まで自分の足で散歩ができて、自分にできることは自分でやるのが一番です。

そのためには、寝たきりや車椅子生活になる前に予防する必要性があります。

皆さんは健康寿命を延ばせるような生活ができているでしょうか?

○健康寿命を延ばすために必要なのは運動すること!

健康寿命を延ばす上で最も重要なのは、運動することで日常的に運動が健康寿命を延ばすことに繋がり、病気になりにくい体を作る効果があります。

運動が不足すると筋肉が衰えて歩けなくなったり、転んで骨折したりと寝たきりや車いす生活になる原因を作ります。

また、運動は脳を刺激して、認知症を予防する効果もありますので、認知症による介護を予防する効果もあります。

運動は激しい運動でなくても良く、日々散歩をするだけでも十分に健康寿命を延ばす効果があります。

散歩の際はできれば、大きく足を開いて少し早歩きをするぐらいで歩けると、なお健康に良いでしょう。

歩く速度は、健康寿命と平均寿命に関係があり、歩く速度が速いほど健康寿命が長くなる傾向にあるので、速く歩けるように訓練しましょう。

しかし、躓いて転けてしまうようであれば意味がないので、こけない程度に速く歩くようにしましょう。

○家族で会話して認知症を予防することも大切です。

認知症になる人は、歯が無くてしゃべられない人が多く、会話が少ない人ほど認知症の症状が早く進むといわれています。

認知症を予防するためには、家族で会話をしてあげることが大切で、日常的に会話を楽しんでいれば、認知症を予防することに繋がります。

おじちゃんやおばあちゃんに、日常の出来事を伝えるだけでも認知症を予防する効果が期待できますよ。

家族で楽しい生活をおくることが、認知症予防になりますので、家族の団らんがある楽しい家庭を築くようにしましょう。

健康寿命を延ばすためには、家族の協力が必要となってきます。

もし、一人暮らしであれば、散歩に出かけて近所の人と話す習慣をつけることで認知症を予防できます。

人との会話が健康寿命を延ばすことに繋がることも覚えておきましょう。

亡くなり方は、ピンピンコロリが良いとされ、健康的な状態である日突然亡くなるのが患者や家族の負担が最も少ないとされます。

健康寿命を延ばして、平均寿命に近づけることが、ピンピンコロリに繋がります。

健康寿命と寿命がほぼ同じようになるように、健康的な体を前もって作っておきましょう。

寿命と健康寿命を近づけてピンピンコロリを目指しましょう!健康的な老後を送るためにやることとは。
私たちの暮らす日本は世界一の長寿大国だと言われています。長寿大国日本で健康に長生きする方法を紹介していこうとおもいます。 私たち日...

○家族であっても介護疲れになりますよ。

家族であれば、誰かが介護が必要になれば助けてあげたいと思うのは当然のことですが、家族であっても介護をするのは大変です。

家事に追われながら、介護をして休憩時間がほとんどなく、寝る時間も減少すれば必ず介護疲れはやってきます。

家族のためだと思っても、ストレスからイライラしてしまうことはあります。

簡単な介護ならまだしも、寝たきりになるとかなり大変で介護者の負担が大きくなります。

家族の負担を小さくするためには、介護を必要としない体を作ること大切になってきます。

また、運動を前もってしておけば、もし介護が必要になっても、すべてではなく部分的な介護に抑えることも可能となってきます。

介護が少なくなれば、家族の負担も少なくなり、介護疲れが発生しにくい環境になります。

長生きするなら、健康寿命を延ばすことが大切なのですね。

自分のため、家族のためにも、運動や家族との会話を楽しんで健康寿命を延ばしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク