乗り物酔いは三半規管が揺れるだけが原因じゃない!?視覚と嗅覚も乗り物酔いの原因になる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乗り物酔い
車に乗った時に酔う原因となるのが、揺れることによる三半規管の刺激といわれますが、三半規管の刺激だけでなく、酔いは視覚と嗅覚も関係しているといわれています。

また、乗り物酔いは二つ以上の原因が重なって乗り物酔いを発症することもあり、私の場合は普通の車では良いませんが、新車の臭いがダメなので、新車に乗ると酔ってしまいます。

乗り物酔いをおこしやすい人は、いろいろな原因が重なって乗り物酔いが発生しているのかもしれませんよ。

○大人の三半規管は子どもよりも刺激に対して強い!

乗り物に乗って揺られると、三半規管が刺激されて平衡感覚に異常をきたして、吐き気や頭痛、不快感などの症状が出ることがあります。

この乗り物によって、吐き気などの症状が出ることを乗り物酔いといい、いろいろな人が悩まされている症状でもあります。

乗り物酔いが発生する原因の一つに、三半規管の刺激がありますが、子ども場合は三半規管の発達が未熟なので大人に比べて、乗り物酔いを起こしやすいとされています。

対して大人は、三半規管が発達しているので少々の揺れでは酔いをおこすことはありません。

もちろん、絶対に起こさないというわけではありませんし、激しい揺れが起きると酔ってしまいますが、小さい揺れで酔いが起きる可能性は少ないといえるでしょう。

しかし、大人でも乗り物酔いをおこす人も多くいるとおもいますが、それは三半規管の刺激以外のものが乗り物酔いを起こしやすくしていると考えられています。

もしかすると、乗り物酔いを起こしやすくする原因をしれば、乗り物酔いを克服できるかもしれませんよ。

○乗り物酔いを起こしやすいと思っていませんか?

大人になると乗り物酔いをしにくいとされていますが、子どもの時から乗り物酔いを起こしていると、自分は乗り物酔いをすると思い込んでしまうことがあります。

思い込むことによって、三半規管から脳に送られる伝達に対して鋭敏になったり、イメージから乗り物に酔っていると勘違いしたりすることがあります。

人間のイメージはすごい物で、ビタミン剤を痛み止めとして処方されると、痛みを止める効果が無いのに、痛みが和らぐという実例があります。

乗り物酔いでもこれに近い現象が起きており、子どものときに酔ったイメージから乗り物に乗れば酔うというイメージが定着し、大人なっても酔い続けている可能性があります。

もしかすると、乗り物に酔っているのは思い込みによる物かもしれません。

ただ、子どもの時についたイメージというのは取り除きにくいので難しいかもしれませんが・・・。そんな時には酔い止めを服用しましょう。

酔い止めを服用することで、三半規管からの伝達が緩くなって、酔いを感じにくくしてくれ、薬を飲んだ安心から不安が減少し、酔いを感じにくくなるとされています。

酔い止めは持っておくだけで、安心から酔いを減少してくれますので、飲まなくても持っておくと良いかもしれませんね。

○視覚と三半規管のずれから起こる乗り物酔い

乗り物酔いを起こしやすくする原因の一つに視覚的な影響があります。

普通に車に乗っていれば酔わない人も読書やゲームなどをすると酔うことがあります。

そのため、乗り物に酔いやすい人は読書やゲームは避けた方が良く、視覚はゲームに集中し画面の前で静止していますが、体は揺れている感覚があるので、視覚と感覚のずれから酔いを発症することがあります。

また、進行方向を常に向いていると酔いは少ないですが、横や後ろを向くと酔いやすくなることがあります。

乗り物酔いが激しいと感じる人は、正面を向いて横を向いたりしないことが大切になりますので、乗り物に乗ったら視点を動かさないようにしましょう。

正面しか見ないと疲れてくるので、目を閉じて寝てしまっても良いでしょう。

眠りにつけば酔う心配はありません。

フェリーに乗った時など、海を見たいのはわかりますが、外の海を眺めると酔いやすいので、中に入って進行方向にむいて座ることをおすすめします。

進行方向の海で遠くの海を見ると比較的酔いは少ないです。

近いと視覚に入ってくる波の揺れと、船から伝わる波の揺れで、酔いますので近くの波は見ないことをおすすめします。

○臭いが原因で酔いを発症することもある

好きな臭いなら気になりませんが、嫌な臭いを嗅ぐと気分が悪くなりますよね。

乗り物の中がクサイと気分が優れなくなりますが、それに加えて三半規管から刺激が与えられるので、二つの影響で酔いを起こしやすくなります。

自分の車であれば、対策はたやすいですが、他人の車の臭いとなると難しくなってくるでしょう。

そういった自分では防ぐことが難しい臭いの場合は、良い香りを吹き付けたマスクなどをつけることによって、嫌な臭いを軽減し酔いの防止に繋がります。

臭いによる酔いがある人は、出かける際に良い香りを吹き付けたマスクを準備しておくと良いかもしれませんね。

稀に香りがきつすぎて、マスクで酔うこともありますので、きちんと香りを調節しておきましょう。

乗り物酔いの原因を知って、乗り物酔いにならないようにしちゃいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク