おならがクサイのは腸内環境が悪い証?!ほとんど臭わないおならなら腸内環境が良く健康的なのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おなら
自分のおならがクサイと感じたことはありませんか?

おならの臭いは、人によって若干ことなり、体質によっては強烈な臭いのおならをする人もいます。

おならの臭いの違いは一体どこからきているのでしょうか?

おならがクサイのは、腸内環境が悪いからかもしれませんよ。

自分のおならがクサイと感じる人は腸内環境を治すように努力してみてはいかがでしょう。

○悪玉菌と善玉菌の量でおならの臭いは決まる?!

おならの臭いは、腸内細菌が食べ物を分解する時に発生するガスで、食事をしていれば必ず発生するものなので、おならが出ること自体はあまり気にする必要性はありません。

ただし、人前でおならをすることはマナー違反なので、たまたま出てしまった時以外は、できるだけ人前でおならをしないようにしましょう。

おならが出そうだなと感じる時は、トイレでおならをすると良いといわれています。

腸内細菌によって、おならの臭いの元になるガスが発生するのですが、善玉菌は無味無臭の場合が多く、悪玉菌の量が多いと発生するガスの臭いが強烈になります。

つまり、おならの臭いが日常的にクサイ場合は、腸内に悪玉菌が多く、臭いの元になるガスが大量に発生している可能性があり、腸内環境を改善する必要性があります。

臭いがきつい場合は、生活習慣を改善する必要性があります。

○食品によっておならの臭いは変わってくる?

腸内環境が良くても、おならの臭いは常に一定ではなく、食事によって臭いが変化します。

食物繊維が多い食材を食べれば、善玉菌に良い影響を与えて、臭いは無臭に近くなります。

対して、お肉は消化に悪いので、体に悪影響を与えやすく、悪玉菌の餌となるとされています。

つまり、悪玉菌を活発にさせるので、比較的臭いの強いおならが出るとされています。

悪玉菌の餌になる物を食べ続ければ、おならの臭いも強くなります。

お肉を全く食べてはいけないというわけではありませんが、腸内環境を考えるとあまり食べ過ぎはよくありません。

逆に善玉菌の餌となり、腸内環境を良くする食品もあります。

ゴボウやサツマイモに含まれる、食物繊維は腸内環境をキレイにして善玉菌の働きを助ける効果がありますので、腸内の掃除するために、まずは食物繊維の多いものを食べると良いでしょう。

サツマイモは一般的に、おならの原因になる悪いものと捉えられますが、おならは出やすくなります。(おならが出やすくなるまで6時間前後かかるといわれる)、

サツマイモのおならは無味無臭だといわれており、サツマイモのおならは体にとって良いことです。

また、食物繊維でキレイにした腸内にヨーグルトなどの乳酸菌などが多く含まれる物を食べると善玉菌が増加して、悪臭を抑える効果が期待できます。

おならの臭いの原因は、便秘でもありますので、便秘を治しておならの臭いを減少させましょう。

食物繊維とヨーグルトは、便秘を治す効果も期待できるので積極的に摂取しましょう。

体調によって、一時的におならの臭いが強くなることがありますが、気にする必要性はありません。

○気を使っているつもりだけど悪臭がする場合は?

体調を気にかけて、野菜を多くとって、お肉をあまり食べてないようにしているのに、臭いの強いおならが出ることがあります。

生活習慣を改善したばかりで、悪玉菌の量が多い可能性もありますが、常に臭いが強い場合は生活習慣ではなく、体の病気という可能性も否定できません。

生活習慣に気を付けているのに、おならの臭いが強い場合は、肝臓、すい臓、腎臓などの病気を疑うことができますので病院に受診すると良いかもしれません。

おならの臭いが気になった場合は、消化器科に診てもらえば、わかりやすいといわれています。

どの臓器とおならが、関係があるかわかりませんが、まずは、専門医に診てもらって、臓器の異常が発見されないか確認してみてください。

内科で診てもらうことも可能ですが、専門的には、消化器科や胃腸科などの臓器に詳しい方が適切です。

○食生活と運動によって臭いが少なる可能性がある

腸内の細菌のバランスは、ヨーグルトを食べてもそう簡単には変わらず、日常的に腸内環境を整えるために食事をする必要性があります。

また、運動することも、腸内の環境を整え生活習慣坊を減らすので、腸内環境の悪化と臓器の異常になるおならの臭いと止めることができます。

できるだけ、健康のために無味無臭のおならを目指すようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク