現代人は太陽光を浴びる量が少ないかも?健康のために太陽光を浴びてビタミンDを補給しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光ビタミンD
太陽光といえば、紫外線のイメージが強く、しわやシミの原因になるため、あまり浴びたくないというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

私は太陽光のことを全く気にせずに外に出ますが、街中では日傘などをしている人を見かけることがあります。

太陽光には、悪いイメージが多いですが、太陽光にはビタミンDを生成するという重要な役割があるため、太陽光を浴びる量が少ないとビタミンD欠乏になってしまいます。

太陽光が嫌いな人は、ビタミンD欠乏の可能性があるかもしれませんよ!

○太陽光とビタミンDの関係はどんなもの?

ビタミンDは、腸からカルシウムを吸収する作用や骨を丈夫にする作用があり、ビタミンDが欠乏するとカルシウムの吸収量が減少し、骨粗鬆症などをおこすことが知られています。

ビタミンDは、食事からの吸収と太陽光に浴びることによって体内で生成されており、太陽光を浴びることが重要になります。

もし、食事からすべてのビタミンDをとろうと考えると、ビタミンDのサプリメントを摂取しないと難しいので、太陽光は必ず必要になってきます。

太陽光によってビタミンDが体内で作られる理由は、体内にあるプロビタミンDが太陽光を浴びることによってビタミンDに変わるためで、プロビタミンDは皮膚内に非常に多く含まれているので、基本的に不足することはありません。

プロビタミンDをビタミンDに変えるためには太陽光を必ず浴びる必要性があるのです。

○日本人女性の多くがビタミンD欠乏になり始めている?!

日本人の女性は、日焼けをしていないキレイな白色の肌を好みますが、白い肌を作るために太陽光を避けるようになるとビタミンDが欠乏することになります。

男性の場合は、太陽光をあまり気にしませんから、女性に比べてビタミンDが欠乏することは少ないですが、日光を避けるとビタミンDが不足することもあります。

現在の日本人の成人女性の2人に1人がビタミンD欠乏になっているといわれており、気づいていない間に体に悪影響をもたらしている可能性があります。

骨への影響が最も心配されますが、筋肉などの衰えてくるため、美貌のために日焼け予防をしたのに、逆に体が老人のようにボロボロになる可能性もあります。

さらに、ビタミンDの不足は筋肉や骨を衰えることで、認知機能を低下させるといわれており、日光を浴びない生活が認知症になる年齢を早めるといわれています。

その他にも、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの影響にもなり、日光を浴びないことによって、いろいろな病気の原因になる可能性があります。

○太陽光は顔に浴びる必要性はありませんよ。

太陽光を浴びようといわれたら、全身に太陽光を浴びないといけないような気がしますが、体全身で太陽光を浴びる必要性はありません。

皮膚であれば、プロビタミンDは、すべての場所に存在していますので、手でも足でも太陽光を浴びればビタミンDを生成することは可能となっています。

顔のシミは比較的に目立ちやすく、気にしやすい場所なので、顔は日光を浴びなくて良いでしょう。

シミが出来にくい場所は、手の平や足の平といわれており、もしできてもそこまで気にならない場所なので、太陽光は手の平でたくさん浴びると良いでしょう。

また、足だけ日向に出して、足でビタミンDを生成するのも良いので、顔を太陽光に当てなくて、体のどこかを日光に当てるようにしましょう。

○どのぐらい太陽光に浴びると良いのか?

私たちが1日に浴びた方が良い太陽光は15分~30分といわれており、長時間浴びる必要性はありませんが、ある程度は浴びておかないとビタミンDが欠乏することになります。

私がおすすめする時間は朝で、朝に太陽光を浴びると、目が覚める効果がありますので、朝に太陽光を十分に浴びて、目覚ましとビタミンDの補給を行えばよいのではないでしょうか?

一気に太陽光を浴びる必要性はないので、小分けにして洗濯物を取り込んでいる間や、換気中など小分けにして太陽光を浴びるのも良いでしょう。

合計で15分から30分の太陽光に浴びれば、ビタミンDはきちんと合成させることになります。

また、どうしても太陽光を浴びる量が少なくなる人は、サプリメントでビタミンDを補充するようにするとよいでしょう。

ただし、サプリメントを使用すると過剰症になる可能性もありますので、用法用量には十分に注意して服用するようにしましょう!

太陽光はある程度は浴びた方が良い物ですので、太陽光はあるていどは浴びるようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク