日本人の500万人以上が陥っているギャンブル依存症!?どうしたらギャンブル依存症から抜け出すことができるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギャンブル依存症
私は知り合いにギャンブルに誘われるとたまに行くことがありますが、上限以上はお金を使わないように決めて行っています。

ギャンブルは、お金を賭ける大衆の娯楽の一つで、日本ではパチンコやパチスロを行っている人を多く見かけます。

その他にも、競艇や競馬などのギャンブルが存在し、多くの日本人が楽しんでいる娯楽になります。

度が過ぎないギャンブルは娯楽ですが、ギャンブルのために借金したり家族に迷惑をかけるようになったりすればギャンブル依存症になります。

日本人の500万人以上がギャンブル依存症になっているといわれていますが、あなたはギャンブル依存症ではありませんか?

ギャンブル依存症になった場合は、どうやってギャンブルから抜け出せばいいのでしょう。

○ギャンブル依存症は病気だと思った方良い!

ギャンブル依存症を単なるギャンブル好きな人と思う人もいると思いますが、ギャンブル依存症はギャンブル好きではなく、病気だと思った方が良いかもしれません。

普通の人は、やりたいことがあっても生活が苦しくなるようであれば、そこで理性が働いてしっかり抑制することができます。

ギャンブル依存症の場合は、借金をしないといけないからやめた方が良いと思う理性にギャンブルをしたいという気持ちが勝ってしまう状態になります。

これは、ギャンブルを行ったことによる高揚感を脳が何度も味わうことによって、脳が日常的にギャンブルを求めるようなるためです。

ギャンブル依存症になった人は、自分の意志だけで、ギャンブル依存症を止めることは難しいとされ、やめようと思ってもやめられない人も多いです。

そして、ギャンブル依存症の人は後悔していることが多く、やめたいという人も多くいるのです。

○どこからギャンブル依存症に該当するの?

日本では多くの人がギャンブルを行っていますが、どこからギャンブル依存症なのか線引きが難しいところです。

下記のような感じになるとギャンブル依存荘かも?!

・日常的にギャンブルのことを考えてしまう
・お金が無くなるまでギャンブルをする、借金をしてでもする。
・ギャンブルを止めようと思っているがやめられない。
・ギャンブルをすることで、他人に迷惑をかけている。
・決めたルールを守らずにギャンブルを行ってしまう。

などが該当する人は、ギャンブル依存症である可能性が高いとされています。特に借金をしている人は依存症と考えてほぼ間違えありません。

また、まだギャンブル依存症というほどではないが、ギャンブル依存傾向である人もいるので、依存傾向がある人はギャンブル依存症にならないように注意しましょう。

日本人の500万人以上がギャンブル依存症であるといわれており、軽度の依存症であまり気づいていない場合もありますので、少しでも依存傾向が強いと感じる人は、早いうちにギャンブルを辞めることをおすすめします。

性格によってギャンブル依存症になりやすい人も存在しているので、ギャンブルに依存しないためにも、きちんとルールを決めて行いましょう。

○ギャンブル依存症になった場合の対処法

ギャンブル依存症は、本人の意思では止めにくい物であり、意志だけでギャンブル依存症が治せる人はそんなに多くありません。

そのため、治療が必要になってくるといわれますが、精神科などに受診して薬を処方してもらっても治らないことも多いようです。

ギャンブル依存症を阻止するために必要なのは、ギャンブルをする時間を無くすことが重要です。

いつもギャンブルしている時間にスポーツを行えば、ギャンブルをする時間がなくなりますし、スポーツ中はスポーツに集中するので、ギャンブルのことに頭が回らなくなることが多いです。

人は暇な時間になるとギャンブルを行ってしまうので、暇な時間を発生させず、ギャンブルの時間を存在させないようすればギャンブルができなくなります。

スポーツなどの趣味はギャンブルと同様に脳に高揚感を与えてくれる性質があります。

そのため、ギャンブルを失ってもスポーツなどの他の趣味を見つけることができれば依存症を阻止することが可能です。

自分の意志だけで、ギャンブルを阻止すると100日などの節目の時に集中が切れてギャンブルを再度行うこともあります。

ある程度の意志も必要ではありますが、他に没頭できるものがあれば、より良いでしょう。

他の趣味を見つけてもどうしても、やめられないという人は、自助グループやギャンブル依存症専門の病院に行きましょう!

専門家に診てもらうことで治ることもあり、入院治療でギャンブルに行けないようにして治療することもできます。

ギャンブル依存症の人は、治せるようにいろいろな方法を学び考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク