爪の生え際に起こるささくれが原因で起きる爪囲炎?ささくれの対処方法を覚えておこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ささくれ対処
普通に生活をしているといつの間にか発生していることがある「ささくれ」に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

私も中学の時は何度もささくれになったことがあり、部活のたびにはがれて出血して痛い思いをしたことがあります。

ささくれは、何度も発生しますが放置していれば大抵は治ります。

しかし、放置して菌が侵入すれば化膿して爪囲炎になることがあり、意外と油断できないものになります。

○ささくれが発生しやすい状態ではありませんか?

ささくれは、油分が少なくて水分が蒸発しやすい場合や空気が乾燥して水分が蒸発しやすい場合など、水分と関係があります。

私の場合は、部活で布で指をこすることによって油分と水分が奪われて良くささくれをおこしていました。

皆さんも水分が蒸発してしまうことに思い当たるところはありませんか?

また、栄養失調によってもささくれが発生することもありますので、バランスの良い食事も大切になってきます。

☆ささくれの多くの原因は家事?!

ささくれの原因となる可能性が非常に高いのは家事で、指先の油分が落ちる状況は毎日あるといえるでしょう。

特に食器洗いは、手の油分を落とす原因となり、洗剤は油汚れもしっかり落とせるように作られているので、手の油もしっかり落としてくれます。

手の油は、水分を守るために必要な物なので、落とされてしまうと乾燥しやすくなり、ささくれを発症する可能性が高くなります。

食器洗い以外にもお風呂掃除や洗濯なども、手の油を落としてしまう原因となっています。

洗剤や水に触れて油分を落とさないようにするためには、ゴム手袋して触れないようにするか、防水機能のある塗り薬や絆創膏などが有効な手段になります。

また、女性に多いネイルが、ささくれの原因になっている可能性もあります。

☆血行不良や爪を噛む癖などが原因になることも

家事がささくれの原因になることが多いですが、デスクワークなどの血流が悪くなる仕事を行うことで、水分や油分が指先に行かなくなり、ささくれの原因になるころがあります。

指先の血行不良を感じる場合は、指先をマッサージや日々の運動を心がけることで改善するでしょう。

また、爪を噛む癖を持っている人がいると思いますが、指にだ液が付着することによってささくれが発生しやすくなるので、爪は爪切りで切るようにしましょう。

ささくれを噛んで取る人が稀にいますが、これは非常に良くない行動なので、ささくれは噛んで取らないようにしましょう。

○ささくれを発見した時の対処法

ささくれを見つけたら、引っ張って取ってしまう人が多くいると思いますが、これはおすすめできません。

ささくれは引っ張ると稀により裂けて、傷が悪化することがあり、細菌感染症を発症しやすい状況にもなります。

噛んで取るのは、もっとおすすめできない方法になります。

ささくれを発見した場合は、はさみで切りとるのが適切な処理方法で、切る際にはさみを消毒すれば、なお良いとされます。

はさみを消毒することで、患部に細菌を侵入されるのを防ぎ炎症を抑えます。

また、患部に細菌が侵入しないように、清潔に保ちましょう。

○ささくれが原因で爪囲炎を発症することもある?!

ささくれに細菌が侵入すると、化膿して爪囲炎を発症し患部が腫れることがあります。

腫れるだけで済めばいいですが、膿んで深刻な状態になると稀に手術することが必要になる場合もあります

手術は切開して膿を取り出すもので、比較的簡単ではありますが、適切な処置をしていれば手術をする必要性はありません。

ささくれをおこした場合は、手術をしないためにも適切に処置をしましょう。

また、ささくれが腫れ始めた場合は、悪化しているので放置せずに、病院へ行くようにしましょう。

腫れ始めた段階であれば、塗り薬で治る場合が多いので、早期に治療することが大切になります。

○ささくれを発生させないように保護することが大切

ささくれの原因は、水分が蒸発することなので、蒸発を防ぐことが大切になります。

指先にワセリン塗ったり、防水機能の絆創膏を貼ったりすることで、油分を洗い流すのを防ぎささくれの予防になります。

どうしても、家事はしないといけない物なので、水に触れて油分が洗い流されないように注意しましょう。

また、ハンドクリームを塗ることも乾燥を防いで、ささくれの予防になります。

特に冬場は空気の乾燥によってささくれを発症しやすくなりますので、日常的にハンドクリームを塗ることをおすすめします。

ささくれをしっかり対処して、炎症をおこさないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク