糖尿病はβ細胞が復活すれば治る!弱くなったβ細胞はインスリン注射で回復する可能性がある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病
生活習慣病の一つである糖尿病は、膵臓の中にあるβ細胞が弱ったり、減少したりすることで、血糖値を下げる効果があるインスリンの分泌量が少なくなることによって発症します。

そして糖尿病には、先天的に膵臓の機能が悪い1型糖尿病と後天的に発症する2型糖尿病が存在します。

糖尿病の患者は、インスリン注射で症状を抑えることになりますが、2型糖尿病の初期であればインスリン注射で膵臓が回復する可能性があるといわれています。

スポンサーリンク

○インスリンとはどんな物質?

糖尿病を治療する際に使用されるインスリンは、血糖値を低下させる作用があり、正常な人の体内では常に生成されています。

糖尿病患者は、インスリンが分泌されなくなることにより、血糖値を正常な範囲に保てなくなることにより糖尿病を発症します。

そのため、糖尿病の患者にインスリンを足してあげることで糖尿病の症状を抑えることができます。

○糖尿病はどのように発症するか知っておこう

糖尿病の9割を占める2型糖尿病は、生活習慣が悪い人に多く発症し、膵臓内にβ細胞が弱くなって減少することにより発症します。

普通であれば、食事をして血液中の糖分が高くなるとβ細胞からインスリンが分泌されて血糖値を下げてくれます。

しかし、β細胞は無限にインスリンを出せるわけではありませんので、暴飲暴食によって酷使されれば機能が低下してしまいます。

β細胞の機能が弱くなっても、そのまま酷使を続ければ、最終的にβ細胞が死滅して復活することはないとされています。

また、遺伝やストレス、運動不足による影響でもβ細胞の機能が弱くなると考えられており、糖尿病は複合的な原因により発症します。

一度、β細胞が死滅するとβ細胞は元に戻らないので、糖尿病を一度発症すると治らないといわれています。

○2型糖尿病初期ではまだβ細胞が死んでいない!?

2型糖尿病の初期段階では、β細胞は死滅しておらず、β細胞が弱っている場合が多いのです。

β細胞は、一度死滅すると復活することはありませんが、弱っている状態なら元に戻る可能性があるとされています。

そのため2型糖尿病は、初期段階であれば改善できる可能性があり、その時に使用される薬がインスリン注射になります。

糖尿病を発症させないような食生活を送ることも大切ですが、発症した際にすぐに気づいて治療を開始することも大切になります。

β細胞が弱ってきている人は、死滅する前に細胞を元気な状態にして糖尿病を克服しましょう。

○インスリンでβ細胞が復活する理由

β細胞が弱る原因は、インスリンを過剰に分泌することであり、インスリンの分泌量が少なくなれば再び、β細胞が元の状態に戻ります。

現在、インスリン注射は、インスリンが不足した場合に使用されるのが一般的ですが、不足しすぎる前にインスリン注射を行えば、β細胞の活動を低下させて休憩をさせることができます。

β細胞は、休憩することで元の健康なβ細胞に戻り、きちんとインスリンを放出してくれるようになります。

膵臓の機能の復活には個人差があり、β細胞が多く死滅していれば細胞を復活させることはできません。

また、弱ったβ細胞がインスリン注射で絶対に回復するというわけでもありません。

ただ、2型糖尿病の初期であれば、糖尿病の進行を抑えることもできますので、早期発見は大切になります。

○治っても生活習慣が悪いと再度発症する可能性がある

インスリン注射を行い、β細胞の状態が元に戻れば糖尿病ではなくなりますが、糖尿病を発症しなくなったわけではありませんので、暴飲暴食などをすれば、再び糖尿病を発症します。

また、一度糖尿病になったということは、普通の人よりも糖尿病になりやすいと考えられるので、治っても安心はできず生活習慣を改善する必要性があります。

二度目もインスリンで治すと良いと考えるかもしれませんが、インスリン注射では弱ったβ細胞だけを復活させるだけなので、2度目も正常値に戻るかわかりません。。

軽度の糖尿病と診察された人は、生活を改善するようにしましょう。

糖尿病を発症しないようにするためには、暴飲暴食を控えて、運動不足を改善し肥満を解消することが大切です。

また、睡眠不足によるストレスが糖尿病を誘発するので、睡眠もしっかりとるようにしましょう。

糖尿病を発症させない生活をおくり、糖尿病を発症した場合は早期に治療を行い、糖尿病を改善できるように心がけましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク