悪玉コレステロールは悪じゃない?きちんと知ろう!悪玉コレステロールの事。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

05801
コレステロールを気にしていますか?

コレステロールは体に悪いと思っている人は多いかもしれませんが、具体的にコレステロールの予防をしているとイメージはありません。

僕も実際コレステロールのことについてはなにも気にしていないのが現状です。

コレステロールには悪玉と善玉があります。

こういうと悪玉は悪いコレステロール、善玉は良いコレステロールと言う印象を受けてしまいます。

テレビなどでも悪玉は悪い、善玉は良いと言っているのを目にするようなきがします。

確かに悪玉が減って、善玉が増えたほうが良いこともありますが、悪玉はない方が良いかと言われたら、なくてはならない存在なのです。

リポタンパク質と呼ばれる、タンパク質で膜を作ることによって、血液中に溶け込むことができるように脂質を運ぶ働きがあるのが、悪玉コレステロールです。

悪玉コレステロールは、私たちの体になくてはならない三大栄養素の一つ脂質を運んでくれているわけなのです。

もし、私たちの体に悪玉コレステロールが一つもなくなると、私たちは脂質が体に回ることがなく死んでしまうかもしれません。

悪玉コレステロールが少なくなり過ぎるとどうなるのでしょうか?

悪玉コレステロールが基準値より低いとなると私たちの体は低栄養だといえるのです。

動物性食品、脂質が足りていない状態です。

悪玉コレステロールが低い状態になったときは、肉や、タマゴ、バターを食べなければいけない状態なのです。

また、悪玉コレステロールが低い状態は免疫能力が低くなると言われています。

そのため、悪玉コレステロールが低すぎる人は癌や心筋梗塞などの生活習慣病にかかって死ぬ死亡率がアップするとまで言われているのです。

悪玉コレステロールの大切をわかっていただけただろうか。

このように私たちの体に必要な悪玉コレステロールが、なぜ さも悪ものであるかのように言われるのでしょうか?

それは悪玉コレステロールのもう一つの働きに問題がるからなのです。

悪玉コレステロールが体のなかに多くなってくると悪玉コレステロールは血管の壁に吸収されてしまいます。

吸収された悪玉コレステロールによって、動脈硬化が進み、血栓などができやすい体になっていくと言われています。

動脈硬化が進むと血管の破裂、心筋梗塞、脳梗塞などの弊害が起きてくるために悪玉は悪い奴だと言われてきているのです。

では 善玉はどんな働きをしているのでしょうか?

善玉コレステロールは肝臓・小腸・血液内でつくられます。

善玉コレステロールは血液内を周り、血管の壁や組織に入った悪玉コレステロールを回収して、肝臓にもって帰る働きがあります。

結果、悪玉コレステロールが血管などの壁にたまることがなく、悪玉コレステロールによっておこされる動脈硬化を予防してくれているため、善玉コレステロールと呼ばれているのです。

よって、善玉コレステロールが体内でおおくなると悪玉コレステロールを回収する量がおおくなり、より動脈硬化を予防してくれるというありがたいものになります。

善玉コレステロールが高くなると

善玉コレステロールは高くなればなるほど良いとおもっていませんか?

それは違います。

善玉コレステロール多くなりすぎると高HDL血症と呼ばれる状態になります。

この状態になった人は、心臓の血液を送っている冠動脈に疾患が出てしまうことがあります。

善玉コレステロールも多くなりすぎると病気なる可能性があるのです。

悪玉も多くなりすぎてはいけませんが、善玉も多くなりすぎてはいけないみたいですね。

僕が言いたいのは善玉コレステロールも多くなり過ぎてはダメですし、悪玉コレステロールも少なくなり過ぎてはダメだということです。

結果はどちらにも上限と下限があるわけなのです。

ただ、悪玉コレステロールの方が、増える量が多くて、人体に害を出しやすいから悪だと言われているだけなのです。

なんだか 悪玉と善玉って 世の中の縮図のような感じに思ってしまうのは僕だけでしょうか?

世の中 悪があるから善もあり、善があるから悪がある!陰陽って感じですよね。

ちょっと 話がずれましたが そろそろ元に戻りま~~~す。

善玉コレステロールは減りやすくて、悪玉コレステロールが増えやすいから、悪玉コレステロールは悪くて、善玉コレステロールが良いと言われている印象をうけます。

これがもし、悪玉コレステロールは増えにくくて、善玉コレステロールが増えやすかったとしたら、たぶん、善玉コレステロールは冠動脈に異常が起きるから、悪だといわれ、悪玉コレステロールは脂質を運んでくれる働きがあるから増やさなくてはならない、悪玉コレステロールは増えることは良いこと善だと言われていたでしょう。

結局は悪玉コレステロールも善玉コレステロールもバランスが大切なのです。

今現在の状況では悪玉は増えすぎだと言われているので、悪玉が多いと診断された方は改善するようにしましょう。

悪玉コレステロールであって 悪ではないって事です。

コレステロール値をバランスを良くして健康を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク