使用されることが多くなってきている人工甘味料は健康に悪い!?人工甘味料が体に与える悪影響がある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工甘味料
人工甘味料とは、天然には存在していない人工的に合成された甘み成分のことをいい、甘いけどカロリーがほとんどないものが多いです。

また、人口甘味料は砂糖などに比べて甘みが強いものが多く、人口甘味料にカロリーがあっても少ない量なので低カロリーになるのです。

そして、人工甘味料は、お菓子や飲み物に使用されていますが、あまり体に良い物ものではないとされています。

人工甘味料が体に与えてしまう悪影響について考えてみましょう!

☆人口甘味料が低カロリーになっている理由

人工甘味料の多くは、人間の消化器の構造上うまく分解できない物が使用されている場合が多く、食べても消化されずに便の中に混じってそのまま排出されてしまうものが多いです。

吸収されずに便として出てしまえば、エネルギーとなっていないのでカロリーは0になります。

このように、消化吸収できないためにカロリーが無い人工甘味料も存在します。

さらに、人口甘味料の多くは、砂糖の数十倍~数百倍という甘みを持っていることが多く、少ない量でも強い甘みを感じることができます。

甘みは舌の上にある味蕾と呼ばれる部分で感じるとることができ、味蕾が反応すればカロリーとは関係なく甘いと感じることができます。

人工甘味料は砂糖以上に味蕾を強く反応させる効果があるので低カロリーで済むのです。

人工甘味料の定義は、カロリーの低さではありませんので、砂糖と同じカロリーであっても人工的に作られた甘み成分であれば人工甘味料になります。

☆人工甘味料が体に悪いとされている理由は?

人工甘味料は、カロリーがあまりないのに、甘みを感じることができて良いとされることもありますが、人口甘味料は体に悪影響を与えて健康に悪いとされることもあります。

人工甘味料のどんなところが健康に悪いとされているのでしょうか?

○消化吸収ができないため腸内環境を悪化させる危険性がある!

人工甘味料の良い所の一つは、消化吸収がうまくできずに体外にそのまま排出されてしまうところですが腸にとってはうれしい状況ではありません。

人工甘味料が消化されずに腸内にいることで、腸の環境を整える腸内細菌の邪魔になっている可能性があります。

腸内細菌の活動を邪魔することで腸内環境が悪くなって、下痢や便秘を起こす可能性も少なくありません。

人工甘味料以外にも食物繊維やオリゴ糖なども消化しにくいものになりますが、きちんとした働きがあり、オリゴ糖は腸内細菌の餌になり、食物繊維は便の量を増やして腸内環境をキレイにする性質があります。

しかし、人工甘味料には、腸内環境を改善する効果はないと考えられ悪化させるとされます。

また、腸内は免疫とも関係があるため、腸内環境が悪くなりすぎれば病気に感染しやすくなります。

さらに、腸内細菌の状態が糖尿病と関係があると注目を集めており、人工甘味料の摂取が糖尿病を発症しやすい体にしている可能性もあるとされています。

なので、糖分の摂り過ぎも良くありませんが、人工甘味料の摂り過ぎもおすすめできません。

○人工甘味料はガンやアレルギーと関係あるかも?!

人工甘味料を摂取することで、ガンを発症したり、アレルギー症状が酷くなったりするのではないかとされています。

人工甘味料は甘みをつけるものですが、私たちの体にとって必要性な成分ではありません。そのため、人体に吸収されたものが細胞に悪影響を与えてガンを発症する可能性もあると考えられています。

また、人口甘味料を人体にとって有害であると免疫が反応する可能性も否定できず、免疫機能に悪影響を受けてアレルギー症状が強くなったり、アレルギーが出るようになったりする可能性もあります。

ただし、販売されている人工甘味料は、日本できちんと認可されている比較的安全な物を使用していますので、がんやアレルギーを危険視しすぎるのも良くないかもしれません。

基本的に摂り過ぎないように注意すれば問題ないでしょう。

☆人工甘味料はほどほどですよ

日本には多くの人工甘味料を含んでいる商品があります。

だから、それをすべて排除することは難しいので、あまり摂り過ぎないように注意することが大切だと思います。

基本的になんでも摂り過ぎは健康に良くないと考えてよく、適度にとれば問題ないと考えられます。

健康的な生活をおくるためには、栄養バランスを考えて食べる必要性があるということですね。

人工甘味料の注意点は、カロリーが少ないために必要以上にお菓子やジュースを摂り過ぎるところにあります。

人工甘味料のお菓子は0カロリーでも安心して食べ過ぎないように注意しましょう。

人工甘味料の摂り過ぎは、腸内環境を悪くする可能性がありますし、様々な悪影響の可能性があるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク