成長ホルモンは身長を伸ばすだけじゃない。若さと健康を保つために成長ホルモンが大切なのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成長ホルモン
子どもの成長を促すホルモンとして知られる成長ホルモンは、大人になっても分泌され続けていることを知っているでしょうか?

成長ホルモンは、子どもの時に多く分泌されるホルモンで、身長を伸ばす効果があります。

大人になると身長が伸びなくなるため、成長ホルモンは必要ないように感じるかもしれませんが、成長ホルモンは身長を伸ばす以外にも効果があるため、成長ホルモンは一生分泌され続けます。

スポンサーリンク

○成長ホルモンにはどんな役割が存在するの?

成長ホルモンの役割として最も知られている身長を伸ばす効果は、一部の効果でしかなく、それ以外の効果も成長ホルモンにはあります。

成長ホルモンは、骨を丈夫にする働きもあり、子どもの時は骨を伸ばし大人になると骨の密度をあげて折れにくい強い骨にしてくれます。

そして筋肉を増強するためにも成長ホルモンは大切であり、しっかりとした体作りに成長ホルモンはかかせません。

また、代謝を促進させる働きがあり成長ホルモンが多く分泌されると痩せることができ、美容にも良いとされ若さと健康的な体を保つ効果があります。

さらに、成長ホルモンは、免疫を強化する働きがあるため、成長ホルモンが多く分泌されているほど病気にかかりにくく、病気にかかっても軽症で済む可能性が高くなります。

どの効果も大人にも子どもにも必要な効果になります。

○成長ホルモンが不足すると健康状態が悪くなる!

成長ホルモンは、子ども・大人どちら共に重要なホルモンであるため、不足すると体に悪影響をきたすことになります。

まず、筋力の低下や骨の状態が悪くなることによって疲労を起こしやすくなり、運動機能の低下や骨折を起こしやすい体になってしまいます。

また、成長ホルモンは、代謝機能にも関係があるので、脂肪燃焼がうまくいかずに太る原因にもなってしまいます。

さらに、心理的な影響もあるとされており、成長ホルモンの分泌が低下することで情緒が不安定になって気分が落ち込みやすくなります。

成長ホルモンの不足によってうつ状態を起こすことも知られており、成長ホルモンが不足しすぎた場合には、体のいろいろなところに悪影響が出ることになります。

基本、成長ホルモンが不足しすぎることはありませんが、成長ホルモンが多めだとダイエット効果や骨粗鬆症の予防、筋肉がつくなどの効果が期待できますので、成長ホルモンが多く分泌できる状態にしたほうが良いのです。

○大人も子どももしっかり眠った方が良い!

成長ホルモンを分泌させるためには、たっぷり寝ることが良いとされているので、子どもは早く寝かせる人も多いでしょう。

成長ホルモンを多く分泌させるために子どもを寝かせるのも大切ですが、大人も成長ホルモンが分泌されていますので、大人も子どもと同じように寝た方が良いとされています。

成長ホルモンを夜にたっぷり分泌させることで、体の老化を抑制することができるとされています。

そのため、夜にたっぷり寝た人はお肌の状態が良くなりやすく、美容効果も期待できるのです。

逆に睡眠時間が少ないと成長ホルモンの分泌量が少なくなるので老けやすくなります。

○運動して筋肉と骨を鍛えなおそう!

成長ホルモンは、運動をすることによっても分泌されることが知られており、成長ホルモンを増やそうとする場合には適度な運動が必要になってきます。

特に無酸素運動が成長ホルモンを分泌させるには良いとされており、筋トレや短距離走を行うと多くのより成長ホルモンが分泌されます。

運動をしすぎると関節を痛めることがありますので注意しましょう。

運動は成長ホルモンを分泌させるだけでなく、筋肉と骨を外から刺激することになりますので筋肉量を増強や骨粗鬆症の予防として強い力を発揮することになります。

運動は健康的な生活をおくるためには必要なものになります。

また、食生活を整えることも成長ホルモンを分泌させるためには重要で、特にタンパク質をしっかりとることで成長ホルモンが作りやすくなります。

○個人輸入薬で成長ホルモンを投与できる?!

あまりおすすめできる方法ではありませんが、アンチエイジング、筋肉増強、骨密度維持のために個人輸入薬を購入して成長ホルモンを投与する方法があります。

日本では成長ホルモンの薬は、購入する際に処方箋が必要で、健康目的に処方されることはなく低身長の子どもに処方されます。

そのため、成長ホルモンを増やす薬は海外から輸入してくるしか方法はありません。

ただし、成長ホルモンを増やす薬は、分量を間違えるとホルモン過剰によって病気になりますので処方量は非常に注意が必要になります。

また、個人輸入薬の購入はあくまで自己責任であるため、処方量を間違えても薬害補償などは受けられません。

有効な手段ではありませんが、ある程度のリスクもありますので理解して輸入することをおすすめします。

だから運動と睡眠で成長ホルモンを増やして若々しい体を手に入れた方がいいと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク