ポテトチップスやフライドポテトを食べ続けるとガンになる?!ポテチやフライドポテトは健康に良くない?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポテチ
お菓子の定番といえばポテトチップス(ポテチ)ですが、ポテチは健康のことを考えるとおすすめできないお菓子となっています。

ポテチの原料であるジャガイモは、野菜の一つとされ健康に良いと思っている人がいるかもしれませんが、葉物野菜などとは違うので一緒に考えない方が良いでしょう。

また、ポテチとほぼ同じような調理が行われるフライドポテトもあまり健康に良くない食品とされています。

一体、ポテチとフライドポテトのどこに問題があるのでしょうか?

○ジャガイモは食品として野菜から除外される!

ジャガイモは植物の根の大きくなった部分で、広い意味では野菜に分類されており、私たちもジャガイモを野菜として認識していることが多いです。

しかし、食品として食べる場合には、ジャガイモは野菜ではなく「イモ類」に分類されることになります。

そのため、1日の野菜の摂取目安である350gにジャガイモは全く関係なくポテトサラダを食べても野菜の摂取に換算されません。

ジャガイモの栄養素を見るとジャガイモは炭水化物が多く含まれており、お米に近いかもしれません。

そのため、ジャガイモを野菜と思って食べると炭水化物の摂り過ぎに繋がり、健康状態を悪くしてしまう可能性があります。

また、ポテチやフライドポテトは油で揚げていますので、さらに健康的ではない食品となっています。

○ポテチとフライドポテトはカロリーが非常に高い!

ジャガイモは、炭水化物を多く含んでおり、通常の野菜よりもカロリーが少し高いですが、エネルギーにならない水分も多く含んでいるため、カロリーは高すぎるというほどではありません。

生のジャガイモのカロリーは、100gあたり80kcalとなっており、あまり気にしなくてもいいのです。

しかし、ジャガイモがポテチやフライドポテトに加工されると急激にカロリーが高くなることが知られています。

理由は揚げることで水分が飛んでポテト自体が軽くなり、グラムあたりのカロリーが高くなってしまうためです。

さらに、炭水化物よりもグラム当たりのカロリーが高い油がポテト内に侵入してくるのでもっとカロリーが高くなります。

ちなみに、同じ量であれば、中に水分が残っているフライドポテトはポテチよりもカロリーが低くいです。
ポテチは100gあたり500kcalでフライドポテトは100gあたり250kcalになります。

どちらかといえば、フライドポテトの方がポテチよりも健康に悪くないのですね。

ジャガイモは揚げるよりも茹でるとカロリーが低いので茹でて食べることを推奨します。

○ジャガイモを揚げることによって発がん性物質が発生する?!

ポテチとフライドポテトが健康に良くない理由の一つとして、ポテトを上げると発がん性物質が発生してしまうためになります。

ポテトに含まれている炭水化物は、揚げることによって変質をおこして、アクリルアミドが発生することがわかっています。

このアクリルアミドは動物実験を行って、発がん性があることがわかっており、人間にも発がん性があるとされています。

しかし、ポテチとフライドポテトは、すでに多の国で食べられているので、規制するのは難しくこれからも規制されることはないでしょう。

さらに、油であげるだけなので作ろうと思えば家でも作ることができ、規制しても手軽に手に入ってしまいます。

ポテチとフライドポテトに含まれる発がん性物質を摂らないようにするためには、自分でポテチとフライドポテトを食べないようにするしかありません。

また、ポテチ以外のスナック菓子もアクリアミドが含まれていることも多いため、ポテチだけでなくスナック菓子も毎日食べるのをやめておいた方が良いです。

全く食べてはいけないというわけではありませんので、どうしても食べたい人は週に1度に収めるか、一袋を少しずつ食べてできるだけ減らすと良いでしょう。

私はポテチを2か月に1度ぐらいしか食べないようにしています。

ポテチとフライドポテトは、カロリーが非常に高く、発がん性物質も含んでいますので、できるだけ自制して食べ過ぎに注意しましょう!

食べる量を減らすことによって、生活習慣病を減らして健康的な生活をすごすことができると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク