門前薬局から「かかりつけ薬局」へ?!病院だけでなく薬局もかかりつけを持つ時代になる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かかりつけ薬局
現在では薬をもらうのは薬局になっていますが、元々日本では診察した病院でそのまま処方してもらうことが多かったです。

それが、薬局と病院に分かれたのは、薬の専門知識を持っている薬剤師が薬を出す方が適切で、医師が必要以上に薬を出してしまうことを予防するなどのためです。

日本では急速に病院と薬局が分かれる医薬分業が進んでいますが、患者のことを考えるとできるだけ今までと変わらないようにした方がいいので病院の目の前に薬局が建っていることが多いのです。

そのため、日本では病院ごとに薬局を変える人が多く、かかりつけ薬局を持っている人は非常に少ないのです。

しかし、これからは病院の前にある門前薬局ではなく、かかりつけ薬局に通う時代になるかもしれません。

○門前薬局では院内処方とあまり変わっていない?

病院と薬局を分けることによって、薬の専門家である薬剤師に薬をもらうことができるようになりましたが、門前薬局では今までの院内処方と変わりません。

薬剤師が目を通すため少し信頼性は高くなったかもしれませんが、結局医師が書いた処方箋の通りに薬をもらっているので、医師が薬を出しても同じであると感じる人も多いですよね。

本来の薬剤師は、医師と対等の立場で意見をいうことができる薬の専門家であり、薬に関していえば医師よりも確実に深い知識をもっています。

それが、現状では医師に書いてもらった処方箋通りに薬を処方して、医師の下請け状態になっています。

そのような状態から改善するためにはかかりつけ薬局を作るしかなく、その方が患者にとっても良いといえるのです。

○医師は危険な組み合わせの薬がわからない?

医師は病気を診察してどういった治療方法が適切かを判断するのが役目で、薬は治療方法の一つでしかありまえん。

多くの医師は自分の専門分野である薬についてはある程度の知識を持っていますが、他の科の薬についてはわからないことも多いのです。

そして他の病院で診察された薬を患者から聞いても、わからないで危険な組み合わせで処方する例があります。

医師は薬の専門家ではありませんので、危険な組み合わせを知らなかったとしても不思議ではありません。

しかし、患者にとっては問題で処方薬の組み合わせによって、他の疾患を患うこともあるのです。

だから、門前薬局での処方の場合に適切ではない薬の組み合わせが発生する危険性が高いのです。

これが、かかりつけ薬局になると薬を一括管理することができますの、で薬剤師がすぐに気づくことができます。

特に多くの薬を飲むことが多い高齢者は、かかりつけ薬局を持つと良いでしょう。

○かかりつけ薬局を持つことで気軽な相談ができるようになる!

現在の門前薬局では、病院に行くたびに薬局が変わるので薬剤師との間に信頼関係が築きにくいため薬の情報を上手く聞けないことも多いです。

かかりつけ薬局であれば、薬剤師との間に信頼関係が築きやすく、薬の聞きたい情報を手に入れやすいです。

また、現在の薬局制度では、薬剤師はほとんど同じ薬を処方することになり知識を持て余している状態が続きます。

薬剤師の力を最大限に発揮するためにも、かかりつけ薬局が重要になってくるのです。

現状ではかかりつけ薬局を持っている人の方が少ないですが、信頼性や安全性を考えて一つの薬局に絞ってみるとよいかもしれません。

かかりつけ薬局を作ると、余分な処方薬が出されていることに気づくかもしれません。

そして、わからないことがあればすぐに相談できるのもかかりつけ薬局の特徴になります。

○薬局の対応が間に合っていないこともある?

日本の薬局の多くは、門前薬局となっており、使わない商品を置いて期限を切らして捨てると勿体ないので、基本的に近くの病院に対応した薬を置くようになっています。

そのため、かかりつけ薬局には、処方箋に書かれた薬が存在していないということもあります。

患者がかかりつけ薬局を作りたくても、薬局がかかりつけになれる体勢ではない場合もあるのです。

現在の状況でかかりつけ薬局を作ると困ることもあるかもしれませんが、薬の管理を考えるとかかりつけ薬局を持ちたいところです。

そして、日本は少しずつかかりつけ薬局を増やそうとしていますので、これから薬局の体勢に変化が起きるかもしれません。

薬局によっては、近くの薬局に薬があるか確認して取り寄せたりして対応してくれます。

かかりつけ薬局が情報と安全を与えてくれるはずですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク