人前にでるのに強い不安感を感じ吐き気や動悸を感じる場合は社交不安障害の可能性がある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社交不安障害
人前に出て会話をするのに不安を感じることは誰しもあることで、正常な反応といえます。

しかし、不安を強く感じて、吐き気や動悸、震え、汗などの症状が過剰に出てしまう場合は社交不安障害の可能性があります。

社交不安障害を発症すると社会生活がストレスとなり、うつ病やパニック障害を発症するケースもあるため、単なるあがり症とは考えずにしっかりと治す必要性があるかもしれません。

○正常な不安と社交不安障害の違いは?

人前に立つと不安を感じてしまうことは誰にもあることで、私も多くの人の前で話を始めると言葉が詰まってしまいます。

人前で多少言葉が詰まることは、正常な人でもあることなので、これは精神障害であるとは考えにくいです。

社交不安障害の場合は、声が出ない、動悸がする、吐き気がする、汗が出る、胃が痛くなるなどの身体的な症状が強くでます。

また、正常な不安であっても軽い身体症状が出る場合もありますが、場数をこなしていくうちに慣れて普通にこなせるようになります。

しかし、社交不安障害の場合は、症状が強くて不安が強いため、場に慣れないばかりか悪化してしまうこともあります。

人前で不安を強く感じ、なんらかの症状が出る場合は、社交不安障害を疑った方がよいかもしれません。

○社交不安障害の主な症状

社交不安障害を発症している人は、周りの人が気になって電話に出られない、自分に劣等感を感じて人まで話せない、人前で顔が赤面・動悸・多汗症状である、人の付き合うのが苦手でおどおどしてしまうなど様々な症状が出ます。

社交不安障害は、自分への劣等感から他人の目が気になっていろいろな症状がでます。

自分でも異常だと感じるほど不安を感じる場合は、社交不安障害の可能性が高いです。

また、社交不安障害の中には、対人恐怖症が含まれることもあり、人と話すのが怖いと感じる場合は、社交不安障害の一つとされることもあります。

社交不安障害で通院していない人もいるので正確な数字はわかっていませんが、10人に1人が発病するともいわれており、誰もがかかる可能性のある病気なのですね。

人前にでるのが苦手で困っているという人は、社交不安障害を疑うと良いかもしれません。

○社交不安障害の合併症と危険性

社交不安障害は、低年齢で発症する精神障害で15歳前後の思春期に発症することが最も多いとされています。

社交不安障害を思春期に発症して、社会に出られなくなりそのまま家にひきこもり、ニートになるということもあります。

だから未成年の場合は、ひきこもりを起こさないようにするために、周りがフォローして症状を改善する必要性があります。

また、社交不安障害から、うつ病やパニック障害を発症してしまうことがあるため、早めに気づいて他の疾患にならないように注意しないといけません。

社交不安障害を発症し、強い不安から自殺してしまう例もあるため、そのまま放置するのは危険な精神障害になります。

人前に出るのが不安で困っているという人は心療内科を受診してみましょう。

○病気に全く気付いていない人も非常に多い

近年、精神病が注目されはじめて、うつ病や適応障害などの病気は発見されやすくなり、精神科や心療内科に通う人が増えてきました。

しかし、社会不安障害は、うつ病や適応障害よりも見過ごされる可能性が多く、本人も周りも性格によるものであると判断してしまうことがあります。

そのため、社交不安障害を発症する人は、多いのですが通院して治療をしている人は非常に少ない病気になります。

この病気は、ある程度の知識がないとそのまま発見されずにストレスが溜まって他の精神病になったり、自殺をしてしまったりします。

もし、社交不安障害の疑いがある場合は、精神科や心療内科を受診しましょう。

また、家族にこのような症状がある場合は通院を進めると良いでしょう。

精神科や心療内科は、なんだか行きにくいと感じる場合は家族に付き添ってもらうと良いでしょう。

心療内科や精神科の先生は非常にやさしい先生が多いので、気軽に受診しましょう!

○社交不安障害は治すことができます。

社交不安障害は、決して治らない病気ではなく不安のとらえ方改善や精神の落ち着きを取り戻すと治ります。

現在、ニートやひきこもりと呼ばれている人の中には、社交不安障害を発症している人が多く存在し、治療して改善させれば社会復帰も見込めるとされています。

治療方法は、生活習慣を安定させて精神を落ち着かせることと薬を飲んで不安を取り除きます。

不安症状が落ち着くと、不安の原因を理解してマイナスイメージを払拭させます。

さらに、あえて不安になる状況において慣れさせ、心配することはないことを理解していきます。

不安になる状況に慣れさせることで、社会にでて同様な状況になっても落ち着いて対処することができるようになり、社交不安障害が改善していくのです。

もしかして?おかしいと感じる時には、早めに治療を始めると治療が早く終わって、ニートにならなくて済みますよ。

社交不安障害は誰がなってもおかしくない病気なので、少しでも気になる方は、早めに心療内科や精神科を受診しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク