フルミストは全く痛くないインフルエンザ生ワクチン!子どもには注射による予防接種よりも効果があるかも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルミスト
インフルエンザの予防接種といえば、腕に注射するのが一般的で大人でも結構な痛さを感じます。

そんな痛いという印象があるインフルエンザワクチンですが、鼻にシュッとするだけのフルミストと呼ばれるインフルエンザワクチが存在しているのです。

フルミストは、現在の日本では未承認となっていますが、アメリカなどではすでに使用されていて痛みを感じずに非常に簡単な予防接種となっています。

今までとは全く違うインフルエンザワクチンのフルミストについて紹介しますね。

スポンサーリンク

○フルミストは子どもに向いている予防接種?

フルミストの良い点は、注射による予防接種ではないので、痛くなくて子どもでも嫌がらずに簡単に受けることができる点です。

針を使わないことも子どもに向いている予防接種である理由の一つではありますが、フルミストはインフルエンザに対する予防効果にも利点が存在しています。

フルミストは、インフルエンザが鼻から感染することに目をつけて自然に近い状態でワクチンを摂取するために考えて作られたものになります。

通常のインフルエンザワクチンは、株(種類)が合わないとインフルエンザを予防する効果が薄くなってしまい、あまり効果が出ない場合も多くありました。

対して、フルミストは鼻の粘膜に免疫力をつけることによって、株が違っていてもウイルスの侵入を阻止してくれる可能性が高いのです。

ウイルスに対抗する効果は、大人であれば通常のワクチンの方が高いとされていますが、子どもの場合は、元の免疫力が低いので、株が違うインフルエンザでも予防ができるワクチンが良いのでフルミストが推奨されています。

そのため、フルミストが最も効果を発揮する年齢は、2歳から小学生低学年といわれており、子どもに対しての効果が期待されているワクチンなのです。

○生ワクチンなので軽い症状が出る可能性がある?!

一般的に使用されているインフルエンザワクチンは、不活性化ワクチンであり、ウイルスを殺して必要な成分を抽出した物を注射します。

対して、フルミストは、生ワクチンなので弱毒化させた生きたウイルスを体内に入れることになります。

そのため、フルミストは稀に発熱、咳などのインフルエンザの症状が出ることがあります。

何らかの症状が出るリスクは普通のインフルエンザワクチンよりも高い可能性が高いのです。

しかし、フルミストはウイルスを弱毒化しているので危険性はそこまで高くなく、軽い熱と咳で終わると考えられます。

また、健康状態によっては生のウイルスなので予防接種を受けることができない場合があります。

○フルミストを摂取することができるのは?

フルミストは摂取することができる年齢は、2歳から49歳までとされており、特に2歳から小学生低学年に効果があり、年齢が低いほど強い効果が期待できます。

2歳未満と50歳以上は生ワクチンなので、安全性の問題から接種することはできません。

フルミストは成人も打つことはできますが、流行するウイルスの種類によってはフルミストよりも通常の予防接種の効果が強いため、良く考えて接種すると良いでしょう。

また年齢以外の条件でフルミストが受けられない人は、妊婦、喘息持ち、一部の慢性疾患を持っている人、重度の卵白アレルギーなどの症状がある人です。

フルミストが受けられない場合でも、通常のワクチンは受けることができる場合も多いので通常のワクチンを受けるようにしましょう。

ワクチンは感染予防と症状の緩和効果が期待できます。

○フルミストは日本で接種できるのか?

フルミストは、未承認ワクチンで日本では使用されていないワクチンになります。

そのため、日本の多く病院では使用していませんが、有用性が高いため一部の医療機関では海外から輸入して使用することがあります。

だから海外から輸入して使用している病院を探せば、フルミストを使用することは日本でも可能となっています。

また、未承認ワクチンは心配と思う人も多いと思いますが、アメリカでは、すでに認められているワクチンなので、安全性は問題ないとされており、未承認だから質が悪いということではありません。

ただし、日本では未承認であるため、接種する場合は自己責任であり、何らかの症状が出たからといって日本の補償を受けることはできず、保険も使えない場合があります。

危険性はほとんどないと考えられていますが、やはり日本では未承認の薬なので万が一のことも考える必要性があります。

料金は病院によって違いはありますが、通常の予防接種をより少し割高で5000円から1万円程度になります。

通常のワクチンは、子どもの場合は2回摂取するのでほとんど変わらない場合もあります。

子どもにフルミストを使用する場合は、良く考えてから行うことをおすすめします。

子どものインフルエンザの予防法の一つとしてフルミストを考えてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク