健康的な体はBMIによって判断できる?!日本人はBMI22が最も死亡しにくい値?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMI
日本人の健康意識が高まってきており、健康のために肥満のことが気になる人も多くいると思います。

人間の肥満度を表す指標で最も簡単なのは、ボディマス指数(BMI)です。

BMIは、身長と体重の関係から算出される体格指数であり、体脂肪率と相関関係があるとされています。

肥満は、生活習慣病などと関係しているので、BMIによって、ある程度は自分が健康的な体であるかわかるということなのです。

○BMIの測り方と日本の基準

BMIは、身長と体重を知らないと何もできないので、まずは身長と体重の測定を行いましょう。

計算式は非常に簡単で、体重÷(身長×身長)になります。

身長170cm体重が60kgの人であれば、60÷(1.7×1.7)ですからBMIは20.8で小数点第二位は四捨五入します。

日本での標準体型は、22.0とされ、この値に近い人ほど健康的な体をしているとされています。

また、18.5未満は低体重であり、25以上は肥満体型とされていますので、18.5以上25未満の体重が理想とされています。

○BMIと肥満は相関関係がある!

BMIの数値が高い人は、体脂肪率が高い傾向にあることが知られており、BMIと肥満には相関関係があるとされています。

そのため、BMIが高い人は、メタボリックシンドロームである可能性が高く、生活習慣病を患って死亡する可能性が高いとされているのです。

しかし、BMIは、体脂肪率を考慮した計算方法ではないため、ボディービルダーやアスリートなどの筋肉質な人を肥満と判断してしまうことがあります。

さらに、運動を全くせずに筋肉が無く脂肪がある人も痩せと判断することもあり、BMIで判断できない人もいます。

このように欠点もあるのですが、多くの人はBMIの判断基準に当てはまるので、BMIの信憑性はそれなりにあるということです。

○統計的に見てBMI22が最も死亡しにくい数値!

BMIが18.5以上25未満の方が普通体型で、この中に入っていれば、健康的な体をしている可能性が高いとされています。

BMIの標準体型である22は、統計的な判断によって示されたものであり、最も死亡率が少ない体型だといわれています。

普通体型よりもBMIが高い数値である場合は、糖尿病、高血圧、心臓病、脳血管障害などの発症する可能性が高まります。

また、普通体型よりもBMIの数値が低い場合は、栄養不良による体調不良によって死亡する可能性が高まります。

BMIの普通体型から外れている場合は、死亡率が高まるので、BMIを18.5以上25未満に納まるように努力しましょう。

○日本人は痩せ型を目指しすぎている節がある?!

日本人は、痩せているほど健康に良いと思ってダイエットを始めている人がいますが、痩せすぎは健康悪く、免疫力が低下して病気になりやすくなります。

脂肪は、健康を維持するために良くないものという印象が強くあると思いますが、ある程度は体に脂肪がついている方が健康で長生きすることがわかっており、標準体型であれば無理にダイエットする必要性はありません。

ただし、筋肉が足りない場合は、運動して筋肉をつけた方がよいと思いますが・・。

また、体脂肪率は、男性の場合は15%前後で女性は25%前後が標準的な体脂肪率になります。

この体脂肪率になると、少しお腹などに脂肪があるかなと感じることもありますが、健康のためには脂肪はある程度あった方がよいのです。

BMI22は、標準的な脂肪量と筋肉量を持っている人が多いので健康であるとされているのです。

モデルでは、BMIが18.5未満の人が活躍しますが、不健康な状態であると考えて良くモデル体型は目指さない方がよい健康にはいいといえます。

また、男性では筋肉質を目指す人がいるかもしれませんが、筋肉質な人は体脂肪率が低いため脂肪が足りずに、健康状態が悪化しやすいので、十分に注意して適度な筋肉をつけることをおすすめします。

○BMIと体脂肪率から標準体型を判断すると良い!

健康的な体になろうと考えている人は、BMIと体脂肪率の両方を測って健康的な体型を目指すと良いでしょう。

BMIは18.5以上25未満を目指し、体脂肪率は男性10%以上20%未満、女性は20%以上30%未満が丁度良い体型になります。

だから、健康のためには体脂脂肪率もBMIも両方基準値内を目指した方がいいのですね。

健康が気になる人はBMIを測定してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク