靴擦れ火傷によって起こる水ぶくれは破ってもいいの?水ぶくれの正しい対処法を知りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水ぶくれ
靴擦れ、火傷、凍傷などによって、薄皮に液体が入って膨れる水ぶくれを発生することがあります。

もっとも経験することが多いのは、すれることによって起こる水ぶくれではないでしょうか?

水ぶくれは「水泡」とも呼ばれ、邪魔になるので破ってしまう人も多いと思いますが、本当に破ってしまっていいのでしょうか?

水ぶくれの適切な対処法を学んでおきましょう。

○破っても問題ないのは擦れることによって起こる水ぶくれだけ?!

薄皮に液体が入って膨れる水ぶくれは、すべて同じように見えますが、症状によって対処法には違いがあるため、水ぶくれはすべて破っても良いというわけでありません。

水ぶくれの中で破っても良い水ぶくれとされているのは、擦れることによって発生する水ぶくれで、サイズの合わない靴を履くことによって起こることが多いです。

靴の擦れなどによって発生する水ぶくれは、破らずにそのままにしても擦れて多くの場合は破れてしまいます。

自分で破るのではなく、靴を履いて破れたりすると靴の中に組織液が漏れだし、細菌などが繁殖して患部が化膿する危険性あります。

そのため、どうせ破れるなら清潔にして自分で破り保護した方が足にとって良い場合が多いのです。

水ぶくれを破らずに治しても良いですが、組織液の劣化や液内で菌が繁殖することもありますので注意が必要です。

適切な処置としては、キレイな爪楊枝(消毒すると良い)などで、穴をあけて組織液を出して、患部を絆創膏などで保護するとよく、余った皮は無理にはがすと傷が広がるので放置します。

この時に使う、細菌の繁殖を防ぐため絆創膏は、毎日変えて湿潤療法の効果のある絆創膏を選ぶと傷の治りが早いとされています。

また、より患部を痛めないように水ぶくれになった原因の靴を履かない、または水ぶくれの原因になった行動をしないことをおすすめします

自分だけで治すこともできますが、擦れによる水ぶくれで病院に行く場合は、皮膚科に行くと良いでしょう。

○凍傷・火傷の水ぶくれはどちらも深度Ⅱ

凍傷・火傷には、症状の深刻さによって深度Ⅰ~深度Ⅲまで存在し、数字が大きくなるほど深刻な症状になります。

病院に行かなくても傷跡もあまりなく治るとされる軽傷は深度Ⅰで、深度Ⅱ以上の中程度の場合は病院に行って治すべきとされています。

そして、深度Ⅱになった凍傷・火傷に起こる特徴的な症状が水ぶくれであり、水ぶくれは病院に行った方が良いということになります。

また、凍傷、火傷によって起きる水ぶくれの場合は、自分で手当てすることが難しくなってくるので、どちらも水ぶくれも潰さずにそのまま病院に行くのがよいとされ、自分では応急処置のみ行います。

火傷の場合は、火傷おった後にそのまま流水につけて患部を冷やし、水ぶくれが発生した場合はそのまま病院に向かいます。

凍傷の場合は、温かい水(40度)につけるなどして冷えた患部を温めながら病院に向かいます。

どちらも、水ぶくれを破らずに病院に向かいますが、破れた場合はそのままにしておきましょう。

火傷の場合に患部に薬を塗ることがありますが、水ぶくれができるほどの火傷は深度Ⅱなので病院に行くことが一般的です。

だから診察の邪魔になる薬は塗らずに病院いくのが良く、薬を塗ると誤診に繋がる可能性があります。

凍傷・火傷によって水ぶくれが発生した場合は、すぐに応急処置を行って皮膚科に向かうようにしましょう。

○感染症の水ぶくれも破くのはやめておいた方がよい

水ぶくれは、擦れや凍傷、火傷以外にウイルスに感染することによって発症することがあります。

この場合には、水ぶくれを起こした場所が痒みをともなったり、見に覚えない場所が水ぶくれを起こしたりします。

感染症による水ぶくれの液体の中には、病気の原因となるウイルスが多く詰まっており、破れて他人が触れると感染させてしまうことになります。

そのため、ウイルス性の水ぶくれが疑われる場合は触らせない、破らない、病院に行くことが大切になります。

もし、液体に他人が触れてしまった場合は、すぐに石鹸で洗って、感染予防するようにしましょう。

ウイルス性の水ぶくれは大人であれば、皮膚科もしくは内科に受診し、子どもであれば小児科に受診すると良いでしょう。

擦れて発生した水ぶくれ以外は、基本的に潰さずに応急処置をして病院に行くことをおすすめします。

水ぶくれは原因によって性質が違うことを理解して適切な対処を行うようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク