日本には存在していないウイルスが海外には存在する!海外旅行による輸入感染症の危険性を知ってる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行感染
世界の交通網が整備されて、いろいろ国に簡単に行くことができるようになり、国際交流が盛んになってきました。

海外から人や物が日本にやって来たり、日本から海外に人や物がいったりするようになり便利になりましたが、あまり歓迎することができないウイルスや細菌なども海外から日本に輸入されるようになってきました。

海外からやってくる輸入感染症の危険性を理解することで、感染対策や予防をすることができます。

だから輸入感染症の危険性についてしっかりと理解するようにしましょう!

スポンサーリンク

○海外のウイルスは人に感染して運ばれる可能性が高い!

海外のウイルスや細菌が日本に入っている経路は、主に3つ存在し、病気の感染者が日本に入ってくる、食品・物にウイルスがついて入ってくる、生き物が感染症を持った状態で輸入されるになります。

中でも最も危険視されているのが、日本への感染者の入国・帰国によるウイルスや細菌の侵入になります。

食品、物、生き物にウイルスや細菌がついて侵入してくる場合、現地で感染症が確認されれば輸入を止めることが可能となっていますので、早期に侵入を防ぎやすいとされています。

対して、人間の場合は、危険な感染症が現地で発生していても入国拒否をするのは非常に難しいとされており、対策は入国の際に体調不良がないかを確認することしかできない状況となっています。

また、感染症には潜伏期間というものが存在しているので、体調不良も訴えずに入国・帰国して日本国内で発症してウイルスや細菌をばらまくことも考えられます。

だから人に感染して侵入するウイルスをどのように防ぐのかが大切になってくるのですね。

○輸入感染症には日本人は弱い!?

日本は島国であるために隣接する国が存在しておらず、他国からウイルスや細菌が侵入することが少ない国であったと考えられます。

そのため、日本人は海外ですでに流行しているウイルスの免疫を全く持っていない人も多く、ウイルスに対抗する力が他国の人に比べて弱い可能性があります。

海外でも新種とされているウイルスなどに関しては、日本人も海外の人も免疫を持っていないのでほとんどの変わらない状況だといえます。

しかし、すでに流行しているウイルスなどでも日本で感染者が少なければ感染する可能性は高くなるのです。

だから日本人は、海外でウイルスなどに感染しやすいと考えられますので、旅行などで出かける際は感染症に注意することをおすすめします。

○日本には致死率が高いウイルスはそんなに存在しない?

日本は先進国の一つとであるとされ、町はきれいで衛生的な国だとされており、危険なウイルスはあまり存在していないのです。

そして危険なウイルスは定期接種によってすでに感染しないようにしてあることがほとんどになります。

そのため、日本ではウイルス感染症や細菌感染症に対しての知識が少なくても大丈夫なのです。

対して、一部の海外では日本のように感染症に対する対策があまり行われていない衛生的ではない国も存在し、危険なウイルスが街中に存在している可能性が少なからずあります。

そのような国に日本人が行って自分の国と同じように生活を始めると感染症に簡単に感染して死亡する可能性もあるのです。

日本と海外では、環境や感染症も違うということを理解して自分で対策する必要性があります。

また、感染症に感染し潜伏期間に帰国し発症すると、危険なウイルスを日本にばらまくことに繋がります。

日本で危険なウイルスをばらまかないためには、海外の感染症の知識を見つけて感染しないことが重要となります。

○海外に出向く際は感染症の知識を見つけておこう!

海外旅行に行くときには、旅行先の観光スポットを調べることはあるとおもいますが、感染症の情報を調べることは少ないのではないでしょうか?

どんな国であっても、危険な感染症は存在すると思っておいた方が、感染症に感染するリスクを低下させることに繋がります

そのため、まず海外旅行に出かける際は、どんな国でも危険な感染症がないか調べてから出かけましょう。

感染症の情報を知らべて、危険性の高い感染症をピックアップして感染しないためにはどうすればいいか調べましょう。

感染症の名前を知っても感染を予防する方法を知らないとただ海外旅行が怖くなるだけですので、対策方法を知ることが大切です。

感染症には接触感染、飛沫感染、空気感染などのいろいろ感染方法があるので、病気によって予防方法が異なります。

また、蚊を媒介にする感染症の場合は、蚊が多い水辺に近づかない、就寝中に刺されないように注意するなどの対策をすれば感染を予防することができます。

だから、どんな旅行先にはどんな危険な感染症があるのかを調べてしっかりと対策を立てておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク