アレルギーの薬として知られている抗ヒスタミン薬はどんな薬?抗ヒスタミンの効果はいかに?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗ヒスタミン薬
最近では、アレルギーの薬として使用され認知度も高まってきた抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状を起こす原因となるヒスタミンの活動を阻害することによって症状を抑える薬になります。

そんな抗ヒスタミン薬ですが、いろいろな種類がありますし、効果も少し違いがあるので、抗ヒスタミンのことを理解しておけば、より有効的な使い方ができるようになるかもしれませんよ。

○抗ヒスタミン薬に期待される効果

抗ヒスタミン薬に期待される効果は、アレルギー症状の緩和、睡眠薬、酔い止めとしての効果が知られています。

特にアレルギー症状の緩和の薬として知られていますが、睡眠作用や酔い止め作用も期待できるのですね。

ただし、薬によって作用に差異があるため、処方された目的や薬に明記された目的以外に使用しない方が良いでしょう。

また、アレルギー症状を緩和する効果として、鼻水、くしゃみ、痒みなどを改善する効果は期待できますが、鼻がつまった場合は、抗ヒスタミン薬で症状を緩和させることが難しいので、鼻づまりには他の薬を用いて治すのが適切と考えられます。

薬の目的を理解して、症状に合った抗ヒスタミン薬を選ぶようにしましょう。

○免疫機能とヒスタミンの関係

抗ヒスタミン薬が良く効くとされているⅠ型アレルギーは、肥満細胞と呼ばれる免疫に関係する細胞が関係しており、アレルギー症状はこの肥満細胞にとりついている免疫グロブリンEと呼ばれる抗体に抗原(アレルギーの原因)が接触することによっておきます。

肥満細胞についている抗体と抗原が接触するとヒスタミンを放出するということです。

このヒスタミンが多く放出されると体の中で、アレルギー症状が出始めて体が炎症などを起こし、痒み、くしゃみ、鼻水などの症状が起きることが知られています。

抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンの分泌を阻害する働きがあるため、抗原と抗体が接触してもヒスタミンが放出されずに症状が抑制されます。

アレルギー症状は、ヒスタミンが放出されることによって起きている物なのでヒスタミンが阻害されさえすればアレルギー症状は緩和されることになります。

このヒスタミンの阻害効果が出るまでには1ヶ月程度かかることもあるため、基本的に抗ヒスタミン薬は1ヶ月程度の期間は飲み続ける必要性があります。

そのため、症状が出ている時だけ飲んで、あとは気にしないのであれば抗ヒスタミン薬を飲んでも効果がないということもあるのです。

抗ヒスタミン薬を飲む場合は、使用期間や用法用量をきちんと確認して飲み続けるようにしましょう。

途中で辞めるとヒスタミン阻害効果が減少して、アレルギー症状が出やすくなりますよ。

○抗ヒスタミン薬は酔い止めと睡眠薬として作用もある?!

抗ヒスタミン薬のもう一つと作用として知られているのが酔い止めと睡眠薬になります。

抗ヒスタミン薬の副作用には、抗コリン作用が存在し、抗コリン作用は脳の伝達を阻害して脳の活動を低下される能力が知られています。

この脳の活動を阻害することで、脳が鈍感になって乗り物酔いの発生を抑える効果と脳の活動が低下してそのまま睡眠に導く効果が期待できるのです。

この脳の活動を低下させてしまう効果は、アレルギーの対処薬としてはあまりうれしくない効果ではありますが、酔い止めと睡眠薬としては使い勝手がよいので現在でも酔い止めなどの薬として使用されています。

また、抗コリン作用は、口の乾きや便秘などを起こすため、水分が減少しやすく水分の補給が必要になりますので、水をしっかり飲みましょう。

○第一世代と第二世代では効果に違いがある!

抗ヒスタミン薬には、第一世代薬と第二世代薬が存在しており、第一世代薬に比べて第二世代薬の方が副作用の抗コリン作用が出にくい傾向があります。

そのため、第一世代と第二世代では目的などに若干の差異が出てくるとされています。

まず、第一世代薬は酔い止めや睡眠薬として使用されると良い効果を発揮する可能性が高く、脳の稼働を低下させたくない人の使用は向きません。

第二世代薬はアレルギーの薬として使用に向いており、脳の稼働低下の症状が少なく、仕事をする人の使用に向いている薬で、第一世代に比べて睡魔に襲われる可能性が低くなります。

その反面、酔い止めや睡眠薬としての効果は低く、代用品としては使用しにくいですが、多少は眠たくなる効果がありますので、運転などには十分に注意しましょう。

抗ヒスタミン薬は、副作用に差異がでるので、患者の症状によって第一世代と第二世代を使い分けることがあり、注意して使用しなければ思わぬ副作用におそわれたり、効果が出ない場合があったりします。

基本的は処方された目的以外では使用しないことで、簡単に回避することができます。

抗ヒスタミン薬の特性を理解して、症状にあった薬をきちんと飲むようしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク