花粉症はどうやったら乗り切れる?!辛い花粉症を乗り切るためにも花粉症の対策を考察。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症
日本人の4人に1人が持っているといわれているアレルギー症状があります。

それは「花粉症」です。

日本には、木材のための杉が多く植えられた結果、杉が毎年春先に多くの花粉を飛ばすようになりスギ花粉症に悩まされる人が増加しました。

スギ花粉症は、今では国民病の一つとなっており、多くの人を悩ませている病気の一つになります。

そんなスギ花粉症はどのように対策すればいいのでしょうか?

○花粉症とはどのようなメカニズムで発症するのか?

花粉症は、Ⅰ型アレルギーに分類される疾患で、日本ではスギ花粉が鼻や目、口の粘膜につくことによってアレルギー反応を起こして、鼻水、涙、くしゃみなどの症状が出るようになります。

花粉症を発症する原因となるのは、免疫グロブリンEと呼ばれる抗体で、体内に花粉が多く侵入するほど、免疫グロブリンEが大量に生成されることになります。

この免疫グロブリンEが少しだけ作られても問題はないのですが、生成された免疫グロブリンEが肥満細胞と結合し、アレルギー反応を起こせる状態になると問題になります。

この肥満細胞がアレルギー反応を起こす状態になるまでには猶予があり、人によって個人差があるため花粉症を発症する時期に違いが出てきます。

そのため花粉症は突然発症したように見えますが、実は毎年少しずつアレルギーを起こす状態に肥満細胞がなっていたのです。

一度、肥満細胞がアレルギーを起こす状態になってしまえば、毎年のようにアレルギー症状が出るようになります。

逆に肥満細胞がアレルギー症状に発症する段階にならない人は、一向に花粉症を発症することはありません。

○日本では特にスギによる花粉症の患者が多い!

花粉症は、生まれた時から発症する病気ではなく、花粉を多く吸い込んで肥満細胞に免疫グロブリンEが大量につくことによって発症するので、去年まで大丈夫だったのに今年から急に発症するという人も多いアレルギー症状になります。

日本では、スギ花粉症が多いのですが、これは日本の山にスギが大量に植えられているためで海外ではスギ花粉症はあまりないとされています。

他の国では、スギ以外の植物による花粉症を発症することが多いとされており、スギ花粉症が最も多いのは日本とされています。

また北海道ではスギがあまりないため、スギによる花粉症はあまり存在していませんが、シカラバ花粉症を発症することが多いとされています。

花粉症は、その地域で最も多い植物の花粉で起こることが多く、花粉量が多いほど発症しますが、大気汚染も関係しているといわれており、同じ量の花粉なら都会ほど花粉症を発症する可能性が高いとされています。

○花粉はマスクで防げるの?

花粉の大きさは、およそ0.02ミリメートルといわれるといわれるほど非常に小さな大きさなのですが、ウイルスやPM2.5に比べると大きいことがわかっています。

つまりウイルス対策用のマスクであれば普通に花粉を防ぐことが可能ですし、ほとんどの普通のマスクでも花粉の侵入を防ぐことができるため、基本マスクは花粉症対策になるということになります。

口や鼻から花粉の侵入を防ぐ方法として、マスクは非常に有効な手段であるので花粉症の方はマスクですね。

マスクがきちんとフィットしていることで横から侵入する花粉を防ぎますので、きちんとつけるようにしましょう。

そして、一度使用したマスクは再度装着せずに、そのままゴミ箱に捨てることが大切です。

ポケットに入れた後に使用したり、マスクを下げて鼻を触ったりすると花粉が侵入する可能性がありますので十分に注意しましょう。

○花粉症対策メガネをすればより侵入を防げる!

花粉症の侵入経路は、基本として、口、鼻、目なので、3つさえ守り抜けばかなり花粉症の侵入を防ぐことができます。

口と鼻は、マスクでの侵入を防ぐことができますが、目はメガネを使用して侵入を防ぐことをおすすめします。

近年では花粉症対策メガネを販売しているお店もありますので、花粉症に悩んでいると人は花粉症の対策メガネを購入すると良いでしょう。

メガネとマスクを併用することで、より花粉症予防する効果が期待できますので、花粉症が気になる人はマスクとメガネを療法使用することをおすすめします。

また、室内に入る時は、コロコロなどを使用して花粉を払い落として入ることで室内での花粉症に悩まされる可能性が減少します。

花粉症の対策には室内に花粉を持って入らないことも大切になります。

○花粉症をより抑えたい人は病院にいけばいい!

花粉症がなぜ起こるのかメカニズムはわかっていれるため、薬を投与して阻害することで

花粉症の発症を抑制することは可能です。

会社などでマスクをつけることができないという人もいますが、そういった方には病院の通院がおすすめでステロイド注射を打てば1シーズンマスクも必要なく快適に過ごせたという人もいます。

また、注射を打たなくても花粉症の予防薬を飲むことで症状を軽減されることも可能であるため、花粉症で病院に通院するのは非常に有効な手段の一つとなっています。

花粉症の症状を抑えたいと感じる人は病院に行ってもいいかもしれませんね。

花粉症で悩んでいる方は、対策をしっかりして花粉症の症状を抑えちゃいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク