有酸素運動と無酸素運動で健康生活?!健康的な体を手に入れるためにも有酸素運動と無酸素運動を交互にしてみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有酸素運動・無酸素運動
健康的な体を目指すためにはどうしても運動をする必要性が出てきます。

運動をすることによって、脂肪を燃焼させると共に筋肉や骨を鍛えることができ、健康的な体にすることができるとされています。

運動は大きく分けて、有酸素運動と無酸素運動の二つが存在しており交互に行うことでより健康的になれるといわれます。

健康的になれる運動方法を学んで始めてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

○有酸素運動と無酸素運動の違い

有酸素運動と無酸素運動の違いは、名前の通り運動中に酸素を使用するかしないかによって変わります。

人間は活動する際は、基本的に酸素が必要になるので、多くの運動が有酸素運動になりますが、強度の高い運動をする時は、酸素を使用せずに運動することもあり、その場合は無酸素運動を行うことになります。

無酸素運動は、長時間できるものではなく、エネルギーの使い方によって非乳酸系と乳酸系の二つに分けることができます。

乳酸系の運動は、グリコーゲンを乳酸に分解することによって、エネルギーを出して行う運動で最大で30秒程度の運動ができます。

対して、非乳酸系の運動は、無酸素状態でATPが作成されて、ATPをエネルギーにして瞬発的に運動をする方法で、最大で10秒も満たない程度しか運動することができせん。

このように、無酸素運動は非常に短い間の運動しかできません。

運動をの負荷を下げることによって、有酸素運動と無酸素運動を併用して運動することも可能です。

プロのマラソン選手は、有酸素と無酸素を織り交ぜて運動していることが知られています。

○運動によって使う筋肉が違う!

筋肉には、瞬発的な運動が得意な速筋と長時間の運動が得意な遅筋があります。

遅筋と速筋のバランスは遺伝的な物もあるため、比率に関しては個人差もりますが、鍛えるならどちらか一方ではなく両方鍛えたいものです。

速筋を鍛える場合に有効なのが無酸素運動であり、瞬発的に強い力を出すのに有効です。

対して、遅筋を鍛える場合は、有酸素運動の方が良く長時間一定の筋力を保ち続けるのに優れています。

どちらも鍛えるためには、無酸素運動と有酸素運動のどちらの運動もする必要性があり、交互に運動をするのがおすすめになります。

バランス良く鍛えることで、疲れにくく瞬発力のある筋肉に鍛えることができ、筋肉が発達しすぎるのを防ぎ、力強いシャープな筋肉を作ります。

筋肉のバランスが良く健康的な体になりたいと感じている人は、運動方法を考えてみましょう。

○有酸素運動と無酸素運動を混ぜることでダイエット効果が上がる!

有酸素運動は、長時間の運動に適していますが、エネルギーの消費量に関しては無酸素運動よりも少ないことがわかっています。

対して、無酸素運動はエネルギーの消費量が高い代わりに長時間行うことができない運動になっています。

そこで、最も燃焼効率が良いのが、有酸素運動と無酸素運動を混ぜ合わせることだといわれています。

無酸素運動は連続で行うことができない運動ですが、有酸素運動をいれることによって回復する時間が与えられて何度も無酸素運動に取り組むことができます。

さらに、無酸素運動の休憩中に有酸素運動を持ってくることによって、常に脂肪を燃焼させることができ、普通に無酸素運動や有酸素運動をするよりも効率が良くなっています。

また、筋肉をバランス良く鍛えることができるので、日常生活でも役立つ筋肉を作り上げることができます。

筋肉を発達させることは、基礎代謝を上げることにも繋がり、免疫力の向上や冷え性、太りにくい体作りにも影響があり、健康を手に入れるためには運動が大切になります。

○バランスの良い運動の仕方を知ろう!

無酸素運動と有酸素運動を30秒交互にくりかえる方法があり、30秒走って30秒早歩きを繰り返し行うと良いといわています。

ただ、30秒間を走るのは厳しいと思いますので、20秒40秒で繰り返しても良く自分の体力に合わせた感覚で無酸素運動と有酸素運動を行うと良いでしょう。

きつすぎて倒れたり、心臓に負担がかかったりしてはいけませんので、バランス配分は気を付けましょう。

屋外なら走ると歩くを交互に行うことが可能ですが、屋内では難しいと思いますので有酸素運動と無酸素運動の繰り返しなら何でも良いでしょう。

縄跳びをするなら2重跳びと普通を繰り返し、何もなければ腿上げと足踏みを行うと良いでしょう。

どんな、運動でも良いのでバランス良く鍛えることが大切になります。

健康的な体を手に入れるために、有酸素運動と無酸素運動をバランスよく取り入れて鍛えてみてはいかが?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク