人間の免疫機能を知ろう!免疫機能は多く種類の免疫細胞によって成り立っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫細胞
私たちはウイルスや細菌などが体に侵入すると病気になりますが、病気になっても免疫機能が働いて、多くの場合は数日後には症状が改善することになります。

また、一度侵入してきたウイルスは、再度侵入してきてもすぐに撃退して、発症することがなく終わることもあります。

人間に備わっている免疫機能はどのように働いてくれているか知っているでしょうか?

スポンサーリンク

☆免疫細胞の種類と能力!

人間の体に存在している免疫細胞は一つ一つ機能に違いがあります。

人間の免疫は、いろいろな種類の細胞によって成り立っていることを知っておきましょう!

○おかしいと感じたら勝手に破壊を始めるナチュラルキラー細胞(NK細胞)

NK細胞は、異常のある細胞やウイルス、細菌を早期に発見し、すぐに破壊を始める細胞であり、一番初めにウイルスを攻撃してくれる細胞の一つになります。

また、異常のある細胞を見つけて攻撃する性質をもっているため、がん細胞を主に攻撃するのもNK細胞になります。

他のキラーT細胞やB細胞はウイルスが体に侵入したことを知らされるまでは、ウイルスや細菌が近くにいても攻撃をしませんし、がん細胞であれば細胞の性質が情報と違えば攻撃しません。

NK細胞は、細胞自体がウイルスか正常な細胞か独自に判断して攻撃できるところが特徴があり、常に働いてくれている免疫細胞になります。

○ウイルスを食べて侵入されたことを知らせるマクロファージ

マクロファージもNK細胞と同じようにウイルスを早期に発見する力を持っていますが、マクロファージの場合は、NK細胞とは違いウイルスや細菌を破壊するのでなく、捕食して消化します。

マクロファージは、体内の掃除屋としての役割があり、ウイルスや細菌、死んだ細胞などの体に不必要な物をどんどん食べていきます、この時ウイルスや細菌を発見した場合には、病原菌の抗原をヘルパーT細胞に知らせる役割があります。

特に外傷や炎症が起こった場合に活発に働いて、体内にウイルスや細菌が入るのを防ぐ役割があります。

また、マクロファージに良く似た性質の樹状細胞も存在し、こちらもウイルスなどを食べてヘルパーT細胞に病原菌の抗原を知らせる役割があります。

○補助と抗体を作る司令を出すヘルパーT細胞

マクロファージや樹状細胞から抗原の情報が届くと、ヘルパーT細胞は抗原に合った抗体を産出するようにB細胞に指令を出すことになります。

B細胞が指令を受け取ることによって、ウイルスに合った抗体を自分から排出し間接的にウイルスを攻撃することになります。

また、キラーT細胞にも働きかけることによって、キラーT細胞がウイルスや細菌などを攻撃するようになります。

キラーT細胞もNK細胞と同じようにウイルスを直接攻撃しますが、反応がNK細胞よりも遅いことが知られています。

さらに、ヘルパーT細胞は、マクロファージとNK細胞を活性化される力を持っており、ヘルパーT細胞は名前の通り、補助を行うことがメインになる細胞になります。

これらの免疫細胞が動くことによって、ウイルスや細菌から体を守っているのです。

○抗体を出したら記憶しておくB細胞

B細胞は、ウイルスが侵入して来ればヘルパーT細胞から指令を受けて抗体を出します。

ウイルスを撃退すると、B細胞の一部は一度侵入してきたウイルスや細菌を記憶しておき再度侵入してきた時にすぐに対処ができるようにしておきます。

この、B細胞が侵入者を記録することを「免疫がつく」といい、予防接種はこれを利用して毒性のない(毒性が弱い)ウイルスを体に注射してB細胞にウイルスのことを記憶させることになります。

私たちが一度かかった病気にかからないのは、B細胞が抗体を記憶してくれているためになります。

ただ、ウイルスの種類によってはB細胞の記憶があまり長く続かない場合もあるため、数十年後に再度同じ病気に感染する場合や子どもの頃に予防接種を受けたのに大人になってから感染することもあります。

このため、大人になってから2度目の予防接種を受けた方が良いといわれることもあります。

ちなみに、インフルエンザの予防接種を受けたのに、インフルエンザに感染してしまうのはB細胞の記憶が弱いからではなく、インフルエンザが変異を起こして抗体の能力が下がってしまうからになります。

B細胞は変異が早いウイルスに対しては弱いので、何度も感染してしまうウイルスも存在し、有名なのがインフルエンザA型になります。

☆免疫細胞を活性化させるためには、健康的な生活を!

体を病気から守るためにはこれらの免疫細胞を活性させる必要があります。

免疫細胞を活性化させるのに有効な手段は、運動や食事を気を付けて体の健康を維持することになります。

また、森林浴などをして自然に触れることでもNK細胞が活性化して、ガンや病気を予防するとしています。

さらに、腸内環境が良いと免疫力が上がるといわれているので、発酵食品を食べて腸内細菌を整えることも免疫力の強化につながります。

健康的な生活し免疫細胞をフル活用して健康な毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク