キレイ好きは肌がキレイじゃない?肌に表皮ブドウ球菌が多くついているほど潤いが保たれて肌が綺麗になる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表皮ブドウ球菌
肌をキレイにするためには、石鹸などを使って肌の汚れや菌を取り除くことが大切だと思っていますよね。

人間の肌には、100万個以上の常在菌が住んでいるといわれており、黄色ブドウ球菌などの悪い菌が増えることにより肌荒れや臭いなどが出るようになります。

しかし、肌に住んでいる菌のすべてが悪い菌というわけではなく、表皮ブドウ球菌は増えると逆に肌がキレイになるといわれているのですよ。

○表皮ブドウ球菌は一体どんな菌?

表皮には、数多くの菌が住み着いており、その中でも、肌の健康に良いといわれているのが表皮ブドウ球菌になります。

名前が黄色ブドウ球菌と似ていますが、食中毒の原因ではなく人間にとっては、基本的に無害な菌であり、逆に肌に多くついていた方が健康に良いのです。

表皮ブドウ球菌が肌に良いといわれる理由は、人体に無害で臭いもしない菌でありながら、臭いの原因や病気の原因となる黄色ブドウ球菌などの増殖を抑える力があるためになります。

また、表皮ブドウ球菌は、皮膚の潤いを保つ力があるため、余分な皮脂の分泌を抑制して潤いのある肌を作り上げるのに役立っています。

表皮ブドウ球菌が少なくなり、黄色ブドウ球菌が多い肌は悪臭を放ち、潤いが無くなり肌あれやニキビなどの症状を起こしやすくなります。

黄色ブドウ球菌は、肌に増えてほしくない菌であり、菌が多ければ毒性が強くなり傷口から侵入して炎症をおこしやすくなります。

全く菌のいない方が、肌がキレイになると思っているかもしれませんが、皮膚を保護するためには常在菌のバランスを保つことが必要になります!

表皮ブドウ球菌は、基本的に危険性が無い菌ですが傷口から侵入して化膿などをおこすこともあります。

危険性は、表皮ブドウ球菌よりも黄色ブドウ球菌の方が確実に高いので表皮ブドウ球菌を増やして撃退しましょう。

○洗いすぎは表皮ぶどう球菌を落とす!

美肌に良いといわれている表皮ブドウ球菌ですが、体をゴシゴシ洗うことによって皮膚から流れ落ちてしまうことが知られています。

毎日、何度も洗顔する人の顔の皮膚は、表皮ブドウ球菌が少なく、他の黄色ブドウ球菌などの悪い菌が繁殖しやすい環境になっており、逆に汚い可能性があるといわれています。

皮膚を洗いすぎている人は、臭いが強くなることもあります。

また、臭いが強くなると気にしてより洗顔回数を増やすことになり、肌の環境が非常に悪くなる悪循環に陥ることもあります。

肌の適切な洗い方は1日1回でゴシゴシあらず、それ以上洗顔する時はなるべくぬるま湯で汚れを落とすだけでよいでしょう。

綺麗好きほど肌はキレイではないということがあるかもしれませんね。

○表皮ブドウ球を増やすために行うこと

肌の健康には表皮ブドウ球菌が関わっていますが、表皮ブドウ球菌はその人の生活状況によって増えたり減ったりします。

美肌になるためには、表皮ブドウ球菌が住みやすい肌環境をつくり、表皮ブドウ球菌を増殖させることが大切になってきます。

まず、表皮ブドウ球菌は運動をすることによって増えるといわれており、表皮ブドウ球菌は冷えが苦手で汗が好きな菌だとされます。

そのため、運動して体温を上げて良い汗をかくことによって、表皮ブドウ球菌が増殖して皮膚環境が良くなると考えられます。

肌以外の健康にもいいですし、運動をした方が良いでしょう。

また、睡眠をしっかりとって健康的に食事を心がけることも表皮ブドウ球菌を増やすことに繋がります。

表皮ブドウ球菌が苦手のものは、お肌の乾燥や化粧(特に厚いもの)、ストレスなどになります。

健康的な生活はお肌の環境にも影響がある訳です。

○表皮ブドウ球菌はアトピーやニキビも予防する?!

アトピーはアレルギーの一種と知られていますが、アトピー患者の皮膚には黄色ブドウ球菌が多く住んでいるとことがわかってきました。

この黄色ブドウ球菌が多くなることで、アトピーの症状が悪化して、かゆみや痛みが出ていると考えられており、黄色ブドウ球菌が減少すればアトピーが改善されるのではといわれています。

表皮ブドウ球菌には、黄色ブドウ球菌を抑制する力がありますので、アトピー患者の皮膚に表皮ブドウ球菌を塗ることによって、黄色ブドウ球菌が減少して症状が落ち着く可能性があります。

また、ニキビの原因菌のアクネ菌も表皮ブドウ球菌が多いと少なくなり、ニキビも少なくとして注目を集めています。

表皮ブドウ球菌を培養して、肌に塗りこむ方法が考えられていますが、培養するには非常にお金がかかり、本人から採取した表皮ブドウ球菌でなければ定着しないので、簡単に市販できるものとはなっていません。

表皮ブドウ球菌を直接顔にぬって治療できるようになるのは、まだまだ先のようです。

それよりも、洗顔のし過ぎを避けて毎日運動し、表皮ブドウ球菌を増やす努力をした方がいいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク